輸入玩具を出品したら著作権侵害で訴えられた|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

ある卸問屋で勧められるまま、輸入玩具を仕入れました。

この商品のために、卸問屋に依頼して、新たなカタログを有料で作成した上でAmazonに出品しました。

しばらくしてAmazonから、この商品について著作権侵害の申し立てが起こされていると通知が来ました。

該当商品の真贋を証明する書類を提出せよ、適切に対応しないと、セラーアカウントが凍結される可能性があると書かれていました。

Amazonの担当部署には、商品を仕入れた経緯を何度も丁重に説明し、卸問屋の請求書を提出しました。

しかしAmazonからは、真贋を証明する書類を提出せよと、同じ回答が繰り返されるだけでした。

そこで卸問屋に真贋を証明する書類を提出するよう依頼しました。

ですが何度卸問屋に督促しても、メーカーから返事が来ないとの一点張りです。

メーカー名と所在地を尋ねても、のらりくらりと濁されます。
 

一か月近く経っても、仕入元から真贋を証明する書類を入手することはできませんでした。

以前から、真贋調査でAnzonのセラーアカウントが凍結され、売上金が引き出せなくなった出品者の話を何度も聞いていました。

そのため、アカウントの凍結に備えて、当時Amazonにプールされていた売上金の引出しを行いました。

何回か時間をかけて、ほぼ全額の売上金を回収することが出来ました。

Amazonの倉庫に納品済みの他の商品も全て返送させ、出品を停止しました。

これらの回収した商品は他のフリーマーケットで販売しましたが、Amazonよりもかなり低い価格でしか売れませんでした。

Amazonでは売れていても、フリーマーケットではほとんど売れない商品もありました。

さて、著作権侵害の申立元については、正式な会社名も担当部署もわかりません。

Amazonからの通知には申立元のメールアドレスが書かれているだけです。

実在している会社が本当に著作権侵害で訴えているのか、競合する出品者による嫌がらせなのか、判断材料がなく不信感が募りました。

弁護士の無料相談会に行ったりもしました。

今の状況ではどうしようもないので、申立元に直接問い合わるのがよいだろうという助言を受けました。

そこで、記載されたメールアドレスにメールし、会社名と担当部署、訴えの理由、何が希望なのかを尋ねました。

数日後、申立元の会社から返答が来ました。

有名なメーカーでした。

該当の商品は著作権侵害にあたるので出品を取り下げてほしいとのことでした。

ネットでこのメーカーについて調べてみると、近年、類似製品に対して著作権侵害の訴えを多々起こしていることを知りました。

仕入先からの返答がないことを鑑みて、真贋を証明する書類の提出は不可能だと判断しました。

Amazonの倉庫に納品していた在庫は全て廃棄処分し、この商品の出品登録を削除しました。

申立元に謝罪し、在庫を廃棄処分したことと、今後一切この商品の出品はしないことを伝えました。

問屋にこの顛末を伝えたところ、在庫分の仕入れ代金とカタログ作成代金を返金すると言われました。

ところが、いくら待っても返金されません。

何度問い合せても、なかなか担当者に繋がりません。

繋がっても経理に伝えておくと言うばかりで、4か月以上経っても返金がないままです。

最後に話した時、この担当者は、他の顧客でも類似した事例が発生していると言いました。

これらの顧客の事例では、結果としてアカウント凍結に至っていないことが多く、あなたのアカウントもおそらく凍結されないだろうとまで付け加えました。

事前に知っていたのなら、何故それを知らせなかったのかと思いました。

知っていたら、そもそもこの商品を仕入れなかったでしょう。

今回、真贋調査によるアカウント凍結を警戒するあまり、他の問題ない商品の販売機会まで逸してしまいました。

このことから、仕入先や商品について、事前に報収集をしっかり行わないまま仕入や出品をするのはとても危険なことだと学びました。

余剰資金がなかった為、発生した赤字は債務となりました。

なお、セラーアカウントは今も凍結されず存続しています。

関連記事

  1. ベビーゲート出品!~梱包奮闘記~|FBA出品・納品代行

  2. 簡単そうな婦人服の梱包に骨が折れる|FBA出品・納品代行

  3. ネットamazonでモニタを売った時の話です|FBA出品・納品代行

  4. 車のマフラー梱包と段ボー|FBA出品・納品代行

  5. amazonの梱包と送料の話|FBA出品・納品代行

  6. 梱包の大変さ、大切さ|FBA出品・納品代行