予想外の事態が続いた結果|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

はじめまして。

子育て中のアラサー主婦です。

子育てをしていると次々に子供服がサイズアウトするため、まだきれいな状態のものはamazonで出品することが多いです。

多くの取引は問題なく終わるのですが、中にはすごく手間のかかってしまった取引もあります。

今回はそんな私の体験談を一つご紹介します。

あれは子供が一歳にさしかかる頃でした。

子供は大きめの体型だったため、今までつかっていたバンボのベビーチェアが一歳前にしてすでにキツくなってきていました。

そこで我が家ではハイチェアタイプのベビーチェアに買い替えることになったため、使わなくなったバンボのベビーチェアはamazonで出品することにしたのです。

平均よりかなり安めの価格設定にしたため、出品してすぐに商品は売れました。

発送までの期間は自分で決めれるのですが私は明日までとしていたため、送るのは今日でなくても間に合うなと思い、その日は何も行動しませんでした。

そして次の日、商品を梱包しようと家のダンボールを探したのですが、昨日までキッチンにあったはずのダンボールが見当たりません。

なんとその日は資源ごみの日だったため、早朝に出勤した夫がゴミをまとめて出してしまっていたのです。

やらかした!と気づいたときには時すでに遅しです。

すでにゴミは回収済みで、他の梱包材も家には見当たりませんでした。

仕方がないので、私は急いで駅前の店まで梱包資材を買いに行くことにしました。

この段階で、まだ歩けない1歳児をベビーカーにのせ店まで徒歩20分の道のりを往復するという予想外の用事が増えます。

それだけでも私にとってはかなり面倒臭い事態です。

なんとか梱包資材を購入し、家に戻って商品を梱包するところまで終わった頃にはもう昼前でした。

子供の昼の離乳食の準備もあったので、発送は午後に行くことにして私は一旦家事と育児に取り掛かります。

しかしお昼ごはんが終わるとすぐ子供は眠くなったようで、すやすやとお昼寝を始めてしまいました。

郵便局は午後5時まで空いてるし大丈夫かと思い、私は子供が起きるのを待ってから発送に向かうことにしました

午後3時頃には子供が起きてきたため、再び上着や靴下を履かせて私自身も出かける準備に取り掛かります。

子供をベビーカーにのせ、大きなベビーチェアをかかえて、いざ郵便局へ向かおうとドアを開けたときでした。

ポツポツとかすかに雨の音が聞こえます。

やばい!そう思ったのもつかの間、すぐに大雨に変わりザーと降り始めました。

最悪です。

すぐに止む様子もなく雨は無情にも振り続けます。

そして止むのを願い待っている間にも刻一刻と郵便局が閉まる時間が近づいてきます。

発送は今日までという条件で購入された商品なので、行かないわけにはいきません。

腹をくくった私は10キロ近くある子供を抱っこ紐に入れてかつぎ、片手で傘をさしもう片方の手で大きなベビーチェアをかかえて、家を出ることにしました。

郵便局までは普通に歩いて片道15分です。

子供と商品が濡れないよう必死に傘で守りながら歩くため、自分は頭も肩もびちゃびちゃです。

なんとか無事発送を終えて帰ってきたのは、家を出てから40分後でした。

私はもう精神的にも体力的にもぼろぼろの状態です。

しかし自分の予想の甘さが招いた事態だったため、誰を攻める訳にもいかず、ただただ虚しい気持ちになりました。

せっかく出品した商品が売れても、梱包や発送にそれ以上の手間がかかってしまっては本末転倒です。

それからはどんな商品を出品するときでも、発送までの期間は長めに余裕をもって設けるようにしています。

amazonは賢く便利に活用してこそ生活に役立つものだと、身を持って学んだ経験でした。

関連記事

  1. amazonでカメラレンズを出品した時の話|FBA出品・納品代行

  2. 中途半端なサイズの出品で苦労した話|FBA出品・納品代行

  3. こんなこともあるあるamazon体験談|FBA出品・納品代行

  4. 初amazonでの苦労話|FBA出品・納品代行

  5. なんでそうなるのー!!!|FBA出品・納品代行

  6. 初めてのおつかいならぬ、初めてのamazon出品|FBA出品・納品代行…