古着のジャケットを出品した際の梱包について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

古着屋さんで購入した比較的安価なジャケットをamazonに出品しました。

そのジャケットは生地の内部に少し破れがあり、訳あり商品としての出品だったため、800円での出品となりました。

しかし、ジャケットは厚手のものだったので送料が多くかかります。

amazon側に販売手数料も差し引かれてしまうので、出来るだけコンパクトに梱包をし、少しでも多くの利益を出したいと考えていました。

私はamazonを利用して売買をしていました。

amazonにはゆうぱっく便という便利な独自サービスがあります。

商品の重さ、大きさ、厚さに応じてお得な料金で発送ができるというものです。

薄手のインナーや小物等であれば、一番安いプランでの発送が可能なのですが、今回のようなアウター類は規格から外れてしまうのでもう一つ上の規格での発送を試みました。

まず、ゆうパケットプラスという専用の段ボール箱をコンビニや、郵便局で購入します。

厚さは7センチ程度、大きさは文庫本が2冊収まる程度の箱です。

この箱自体の価格は65円、そして送料が375円で、送料分は実際の売り上げから差し引くことができます。

合計470円でかなり丈夫で正式な箱に入れて発送ができるのでなんとかこの専用ボックスにジャケットを収めようと奮闘しました。

まず、雨水や汚れが入り込まないように、自宅にあったビニール素材の袋にジャケットを入れます。

その後、なるべく薄くなるように袋の中の空気を抜きます。

袋の口をガムテープでとめ、出来るだけコンパクトな形に整えました。

それを専用ボックスのなかに無理矢理入れてみると、かなりギリギリの状況でした。

しかし、ボックスの蓋を閉める際に少し頑張れば入りそうだったので、しっかりと薄く小さな形をキープしながら蓋を閉め、ボックスの蓋をさらにガムテープで固定して閉めました。

かなり際どかったですが、なんとか蓋も閉まり、発送のコンビニ窓口でも問題なく受け取って貰うことができました。

今回はたまたまシワや型がつきにくい素材のジャケットだったこともあり、少し強く押さえつけてもなんとか元の形を崩すことなく梱包することができたのではないかと思います。

数日後には、購入者の方からサイトに「良い」の評価も頂き、無事数百円ではありますが利益を得ることができました。

仮にこのボックスに入りきらなかった場合は、定形外郵便で500円前後の送料を払い、売上金からの差し引きもできなかったと考えると、便利なamazonのサービスに感謝するとともに、少し無理矢理でも専用ボックスに詰め込んでよかったと思っています。

amazonでは、他にもアウター類や厚手の冬服、ワンピースなど、嵩張る衣類を出品することがよくあります。

定形外郵便だと利益がかなり少なくなったり、時には損になったりしてしまうこともあるので、ゆうぱっく便にはいつも助けられています。

送料が安く抑えられると、その分出品価格を安くすることもできるので、少し状態の悪い服も躊躇わず売ることができます。

個人的には、梱包の際にまず、ビニール袋などに商品を入れてから空気を抜くという部分がポイントだと思っています。

あらかじめここで整形しておくことで、布製のものであれば厚さはかなりおさえることができます。

固形のものや、割れ物ではこの手法を使えないので少し厄介ではありますが、柔らかいものを出品するときはぜひ試してみて頂きたいです。

そして、送料が上がる規定のギリギリの大きさの物の場合は、箱の蓋をガムテープなどで固定してしまうというのもおすすめです。

紙よりも布のガムテープを使うと、より粘着力が強くて蓋が閉まり易いです。

上記のような方法を使って、ひと商品につき、少しずつは利益を上乗せできています。

同じ価格のものでも自分の手元に入る価格は梱包ひとつで大きく変わるのでこれからも工夫して売買していきたいです。

関連記事

  1. 【奮闘】梱包・集荷について|FBA出品・納品代行

  2. 初心者すぎて配送に手間取ってしまった|FBA出品・納品代行

  3. amazon発送時の注意点|FBA出品・納品代行

  4. amazonで苦労した話|FBA出品・納品代行

  5. 梱包、発送作業はとても重要なポイント|FBA出品・納品代行

  6. 後から値下げ交渉はやめて|FBA出品・納品代行