【奮闘】梱包・集荷について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

近年、amazonが人気です。

私もその利用者の一人です。

私は主に売る側が多いのですが、
売れた時の喜びはひとしおで、
クセになってしまい何品も何品も出品していました。

出せば出すほど売れていたので、
一番多い時で120点近くも出品していましたね。

1日5件ほどは売れていきますし、
多い時は16件ほどのこともありました。

そうなると苦労するのが、
商品の梱包と発送作業です。

私が出品していたのは、
倉庫に眠っていた大量のカメラや骨とう品。

「封筒に入れて終わり!」
とはできなっかたので、
梱包資材として

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ダンボール
・緩衝材としての新聞紙
・プチプチ
・OPPテープ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

丁寧に、壊れないようにするためには上記の
アイテムが必須でした。

何より丁寧に梱包したら購入者様に
「喜んでいただける・信用につながる」
ということが多かったのでそこはおろそかにできませんでした。

まずは売れた商品をピックアップして、
次に伝票を書いてプチプチでくるんで
ダンボールを組み立て
振っても中身が揺れない様に新聞紙を敷き詰める。

これを1日5件以上は行っていました。

10件を超えたときは3時間ぐらいかかっていたと思います。

また、誤配送があってはダメなので、
念入りに間違いがないかはチェックしてましたね。

上記のような作業や確認を行い
ようやく商品を発送できるようになります。

最初は5件の梱包でも2時間ほどかかっていましたが、
慣れれば30分ほどで完了できるようになりました。

さて、梱包”作業”の大変さはこの程度なのですが
先ほども記述した
・ダンボール
・緩衝材としての新聞紙
・プチプチ
・OPPテープ
この資材の調達がまた厄介でした。

私の場合、出品数が100件を超えていましたので、
ホームセンターでちまちま購入していては手間がかかります。

その為、ダンボールワンというサイトで
ダンボール160枚セットとプチプチ10メートルを
購入しておりました。

総額すると1万円しない程度ですが、
梱包材としてとなるとかなりの出費でしたね。

梱包材の費用を引いても
もちろん赤字にはならなかったので全然大丈夫ではあったのですが
やはり1万円近くなると気が引けてしまいますよね。

新聞紙は、amazonで2kg程度を2000円で売っていたので
そちらを購入していました。

これでだいたい梱包資材はそろうのですが、
この梱包資材の置き場所が困りました。

当時住んでいた家が1DKだったのですが
商品在庫と梱包資材だけで6畳の寝室はかなり占領されてしまいました。

2か月はその状態だったのでかなり窮屈でした。

続いて集荷についてですが、
集荷が思っていた時間帯に来ないトラブルが稀にあります。

前もってそのことを伝えてくださる方もいらっしゃいますが、
具体的に何時にドライバーの方が来るかが分かるのであれば、
その後の予定も立てやすく助かるのですが、
その日の天候や繁忙期によるため、これは何とも言えません。

また、ドライバーの方が新人の方の場合に、
荷物を慎重に扱っていただけないように感じることもありました。

商品を壁に擦り付けているような音がしたり、
ドンと勢い良く置いているところを見た際には困惑してしまいました。

大事なお客様への商品で、丁寧な梱包、対応を心がけ、
amazonを利用していますので、
ドライバーの方にも相応の対応をしていただきたいですね。

そして、中にはドアをバンッと閉めていかれるドライバーさんもいらっしゃいます。

これも比較的新人ドライバーの方が多いように思います。

マンションに住んでいるため、
大きな音はご近所さんの迷惑になる気を付けていただきたい点ではありますね。

関連記事

  1. メッセージでのやり取り|FBA出品・納品代行

  2. 自分の確認漏れで大変に|FBA出品・納品代行

  3. マニアックな車の部品を出品|FBA出品・納品代行

  4. 再配達の時の対応が大変でした|FBA出品・納品代行

  5. amazonで出品、梱包しにくいもの|FBA出品・納品代行

  6. 釣り道具をamazonに出品|FBA出品・納品代行