amazonの出品について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonでの出品についてです。

amazonでは洋服を出品し、売れたものについては梱包して発送していましたが、梱包する際に苦労したのは帽子や靴など、型崩れのしやすいものの発送です。

型崩れしやすいものは梱包の時に、詰め物を自分で準備しダンボールなどの中に詰めて型崩れしないよう梱包をする必要がありました。

詰め物などを自分で購入しにいく手間や、保管しておくスペースの確保、購入する料金がかかることなどが少し不便に感じました。

ダンボールのサイズについても、型崩れしないようすこし大きめのダンボールを使用したいですが、ダンボールが大きくなると送料が増えてしまうため、型崩れのしない程度でなるべく小さいダンボールを使用するのに苦労しました。

送料も自己負担で出品することが多いため、梱包の際にサイズを気にしながら梱包する必要があり、大変に感じています。

また、梱包するときに送る服のブランドとは別のブランドの袋に入れてしまうより、同じブランドの袋に入れた方が相手の方に喜んでもらえるため、出品する用にブランドの袋をとっておくようにしています。

しかし、ブランドごとに何個か袋をとっておく必要があるため家で場所をとってしまい少し不便に感じています。

靴などを出品するときには、購入を検討している人から靴のブランドの箱があるか質問をされるときもあるため、靴を出品するために靴の箱をとっておく必要がありました。

靴の箱をとっておくのに場所を取ることや、靴の箱のまま発送すると箱に傷がついてしまう可能性があるため、箱の上から袋に入れて発送する必要があり、袋にいれるとまた送料が増えてしまうことが少し不便に感じています。

現在はamazonでの専用のBOXがあり、送る際にそのBOXを使用する事が出来ますが、以前はヤマト運輸しか発送方法がないことや、すべて自分で梱包のBOXを用意しなくてはならなかったため、専用のBOXができる前は発送するのに大変でした。

専用のBOXができて発送が楽になったと感じます。

また、amazonのアプリを利用し、QRコードをタッチすると現在は、相手の住所などが自動的に入力され、送り状が印刷されるようになっていますが、以前は自分で相手の住所などを入力しなければいけなかったため、発送する際に今よりも時間がかかってしまっていました。

QRコードが出来てからは匿名での配送が可能になったこともあり、QRコードが出来て便利になったと思います。

購入が決まったときに、購入者へ何時ごろに受け取れるかを確認したり、購入者から発送するときに、時間指定をして欲しいなどの要望を受ける時があります。

そのやりとりをするのにアプリを介して、やりとりを行うため自分がメッセージを送ってから、相手の返事を待って、相手の希望の時間や日にちを確認し、発送するまでのやりとりに時間がかかってしまうことがありました。

発送したあとに、アプリ中で相手が受け取ったのか確認が出来るのですが、指定された日にちで送ったにもかかわらずなかなか相手が受け取り確認をしてくれないとき、きちんと相手に荷物が届いているのか不安になることがありました。

発送が終わったあとにも、アプリで色々確認することがあるため大変です。

また、自転車など大きな荷物のやりとりをするときに、送料が大きいため、購入者とやりとりを行い、家にとりに来てもらうことになりました。

しかし、自分の顔を知られることを防ぐため、家の前に置いておき、とっていってもらうようにしておきましたが、住所を伝えて時間を調整してなど、やりとりに時間がかかってしまい大変な思いをしました。

自転車など、商品の値段よりも送料の方が値段が上がってしまうものの出品は大変だと感じました。

関連記事

  1. ステッカーをamazonで売り払った|FBA出品・納品代行

  2. amazonで苦労した話|FBA出品・納品代行

  3. ここがたいへん!amazon出品|FBA出品・納品代行

  4. amazonでのセミオーダーの大変さ|FBA出品・納品代行

  5. 梱包作業に四苦八苦!|FBA出品・納品代行

  6. 買ってもらうための苦労|FBA出品・納品代行