安値の冬物出品にはご用心|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

昨年の冬場に、1シーズンだけ来た裏ボア付きのスウェットパーカー(新品定価5,980円)を、amazonで販売した時の事です。

最初、3,000円からamazonに出品していましたが、徐々に200円ずつ値段を下げ、2,600円になった時に、商品にコメントが入りました。

「はじめまして。
購入希望ですがお値下げは可能でしょうか?」
とのコメントに、
「コメント頂きありがとうございます。
2,400円では如何でしょうか?」
「2,200ではお願い出来ませんでしょうか?」
「そうですね、では、その金額でお願いいたします。

「ありがとうございます。
購入させて頂きます!」
と、amazonならではの値下げ交渉もトントン拍子で進み、買い取ってもらえる事になりました。

スウェットパーカーでも、値段の割には記事もぶ厚く、ボリュームのあるボアが裏地全体についており、とても温かい一品、もう少し着ても良かったな~…と思いつつ、梱包作業に入りました。

普段、冬物衣料をamazonで出品したことはあまりなく、夏物衣料ははほとんどメール便や普通郵便で送れるものばかり。

たまに出した冬物衣料は20,000円位で買い手がつく高価なものだったのであまり送料を気にした事がありませんでしたが、ここで一つ目の失敗。

冬物衣料、しかもボアものの嵩張るボリュームをまるで気にしていませんでした。

何度たたんでも、少し押して空気を抜いても、梱包に使うつもりだったコンパクトな箱には入らず、一回り大きい箱で梱包。

汚れ防止も含めたビニールに入れ、形が崩れ過ぎない程度に空気を抜くと、程よく余裕のある状態で梱包する事ができました。

ここで2つめの失敗。

箱のサイズを測らず、その日に発送してしまおうと、すぐに発送できる店舗へ荷物を持ち込みました。

店員さんに荷物を計ってもらいながら、送り状の印刷準備を進めていると、
「100サイズになりますね~」
と教えてくれる店員さん。

言われるがまま、100サイズを指定し、送り状を発行しamazonの「発送完了」を購入者様にお知らせしました。

便利な世の中、送料の支払いもアプリ内で終わらせてくれるので、荷物を預けたら一仕事終えた気分で心地よく帰宅しました。

後日、購入者様からの受取のお知らせが届き、アプリの売り上げ金額を確認した時に、自分が犯した失敗に気づいたのです。

なぜこんなに販売利益が少ないのだ…

内訳は
・販売価格2,200円
・手数料 -220円
・送料  -900円
販売利益 1,080円…

こんなつもりでは…と、思いつつ、その時初めて、サイズによる送料を確認しました。

発送サイズは箱の3辺合計 縦+横+高さになります。

サイズ別での送料は
60サイズ 2kg以内 送料600円
80サイズ 5kg以内 送料700円
100サイズ 10kg以内 送料900円
120サイズ 15kg以内 送料1000円
140サイズ 20kg以内 送料1200円
となっており、今回私が送ったのは100サイズの箱に該当したワケなのです。

過去の送料を気にしない高額な販売や、郵送で済む夏物に慣れ過ぎて、完全に送料は盲点となっていました。

200円の差ではありますが、おそらくギリギリ80サイズでも梱包できたであろう、今回のスウェットパーカー。

箱のサイズを計測せず、足早に発送へ向かった事を後悔しましたね。

今回の教訓として、
・冬物衣料の販売で安価な販売はあまり利益なし。

・サイズによる送料をしっかり把握しておくこと。

・梱包前に、箱のサイズを自分で確認すること。

値下げ交渉時に、自分の得たい「販売利益」もしっかり決めておくべきだと、深く反省しました。

間もなく冬場に貼りますが、amazonも冬物が多く出品される季節です。

出品した方も、これから出品する人も、今一度、販売価格と販売利益、そして梱包方法と送料を、しっかり確認しておきましょう。

関連記事

  1. 似顔絵屋さんでの苦労話|FBA出品・納品代行

  2. 600円のラバストが4500円になった話|FBA出品・納品代行

  3. 要らなくなったゲームを売ったらストーキングされた話|FBA出品・納品代…

  4. 梱包は一つ一つに手間がかかる|FBA出品・納品代行

  5. 嬉しいお小遣いをもらえた気分|FBA出品・納品代行

  6. amazonにてパソコンパーツをしていますが、コツコツと売れるので安心…