集荷依頼は、梱包が済んでから!|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonを愛用している皆さん。
当たり前ですが、家具の発送には十分な余裕を持って動いた方がいいですよ!笑
私はamazonが大好きです。
他のamazonのことはよく知りませんが、amazonで買うのも売るのもすごくおトクなことに気づいてからは、たくさんの商品を取引してきました。
今では、自分で梱包するのもお手の物!だと思っています。

しかし、amazonを始めた当初は失敗もありました。
それは、一人暮らしのアパートから実家へ引越しをしていた時のこと。
一人暮らしで使っていた家具はもう使わないので、全部amazonで処分しようと思っていました。
テレビやドライヤー、何でも買い取ってもらえてルンルン気分。
売れた商品を順調に発送していました。
比較的大きめの商品もたくさん梱包・出品していたので、慣れてきたと思っていたのですが…。
高さ90cm×横幅120cmほどあるキッチン台の発送準備をするときに、恥ずかしい失敗をしてしまいました。

比較的大きなサイズの出品にも慣れてきていましたが、キッチン台は、私が今まで売ってきた商品の中で一番大きいサイズでした。
キッチン台でも簡単に梱包できるだろうと思っていましたが、甘かったです。
まず、キッチン台のサイズに合ったダンボールはもちろんなかったため、スーパーでダンボールを譲ってもらい、組み合わせて梱包です。
その時点でかなり大変だったのですが、さらにキッチン台は重さの面でもハードルが。
女一人では簡単に持ち上げられる重さではなく、底にダンボールを敷くだけで四苦八苦。
焦りながらキッチン台の側面にダンボールを巻いていたところで、「ピンポーン」と玄関のチャイムが鳴ってしまいました…。
そこに立っていたのは佐川急便(飛脚便)のお兄さん。
当時の私は何を思ったのか、梱包を終える前に集荷の依頼をしてしまっていたのです。

まだ梱包途中のキッチン台を見たお兄さんは、何とも言い難い、苦い顔で閉口していました笑。
キッチン台の梱包は初めてなのに、”30分もあれば梱包できるだろう”とタカをくくっていた過去の私を殴りたい。
軽く1時間はかかっていたと思います。
呆れて苦い顔をしていたお兄さんですが、苦い表情のまま、なんと梱包を手伝ってくれました。
さすが飛脚便のお兄さんだけあって、梱包は慣れたもの。
5?10分くらいでささっとダンボールを巻き、ビニール紐をかけ、仕上げをしてくれました。
本当に申し訳なく、目も合わせられないほど情けない気持ちでしたが、なんだかんだで梱包を手伝ってくれて、予定通り集荷までしてくれた佐川急便のお兄さんには頭が上がりませんでした。

今思うと、amazonで購入してもらえたら、まずは梱包を終わらせることが大切ですよね。
大型の商品の梱包は特に、とても時間がかかります。
都市圏だと、集荷依頼をしたらすぐに来てくれますが、梱包を完了させてからでないと、集荷の依頼はするべきじゃありませんでした。
お兄さんは最後までちょっと怒っていたので、今思い出しても申し訳ない気持ちになります。

「集荷の依頼をするときは、発送の準備が全て完了してから」。
計画性のある普通のamazonユーザーにとっては当たり前のことでしょうが、おっちょこちょいな私にとっては忘れられない教訓となりました。

ただ、今はamazon便でも「梱包・発送たのメル便」というのが出ているみたいですね。
たのメル便は、梱包も発送も、大型の商品だったらまるっとお任せできてしまうよう。
私みたいに大型の梱包に慣れておらず、配達のお兄さんに手伝わせてしまうような人は、頼んでしまった方が早いかもしれません笑。

「梱包・発送たのメル便」を使うにしろ、自分で梱包するにしろ、とにかく配達のお兄さんに迷惑をかけないよう気をつけていきたいと思います。

関連記事

  1. まさかゴミがお金になるなんて|FBA出品・納品代行

  2. なんでそうなるのー!!!|FBA出品・納品代行

  3. 簡単そうな婦人服の梱包に骨が折れる|FBA出品・納品代行

  4. amazonを初めて使ったとき|FBA出品・納品代行

  5. 閉店セールで買った激安商品を転売して最終的に80,000円くらい儲かっ…

  6. 落札者都合で自転車の出荷に苦労した話|FBA出品・納品代行