送料を安くおさえ、きれいに安全に送る方法|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonやamazonで無事に商品が売れた場合、必ず梱包し発送するというのが一連の流れかと思います。

送料を別途請求する場合もありますが、私の場合はほぼ送料込みで出品する事が多かったので、いかに安く送料を押さえられるかというのが大きなポイントでした。

送料が高くなればそれだけ持ち出しの金額も大きくなり、手元に残る売り上げが少なくなるので、毎回様々な発送方法を比較検討していました。

商品の種類によって、重さで送料を決めるのか、厚みで送料を決めるのかをまず判断します。

使用するamazonやamazonのサイトによって様々なサービスがあるかと思いますが、私が主に利用していたamazonではヤマト運輸と提携しているamazon便、郵便局と提携しているゆうぱっく便とがあります。

それぞれ厚みや大きさの条件がありますが、その条件をクリアすれば安く発送することができます。

住んでいる場所から離れている場合送料が高くなるなど、その距離によって送料が異なりますが、これらのサービスは距離関係なく一律で値段が設定されています。

そのため離島などに贈る場合も距離を気にせず発送出来るのは一つ利点だと思います。

ただ重さによっては郵便局の定形外というサービスを利用した方が安く押さえられる場合もあるので、そこは先ほど言ったように様々な方法を比較検討する必要があります。

私は重さや大きさそれぞれの料金を対応させた表を独自に作成しています。

その表を見て、送料を把握し出品金額を設定していました。

出品時に概ね送料を把握することは、特にamazonでは必要なことだと思います。

その理由は、amazonならではの値引き交渉があるからです。

送料を考えずに値引きに応じてしまうと、最悪儲けどころか損をしてしまう事もあります。

私の場合、送料を考えて値引きに応じたつもりだったんですが、ギリギリのサイズだったため、当初予想していたサイズの値段では送ることが出来ず、その一つ上のサイズで送らねばならないという事態に陥った事があります。

追加で送料を請求することも出来ず、赤字となってしまったことがあります。

ケチくさいように聞こえますが、せっかく売れても持ち出し金額が出てしまうのは誰だって楽しくない状況です。

そうならない為にも、送料についてはきちんと確認しておく必要があります。

また以外と知らない発送方法があったりもするので、他の方の出品方法を見たりするのもオススメです。

自分が出品する商品と同じような商品を出品している人の出品ページを見て、発送方法を確認したりします。

また発送方法だけでなく商品の値段の相場も分かるので、私は買いもしないのによく他の人の出品ページを見ています。

もちろん、汚れ具合や使用年数なども関係するので全て同じではないんですが、出品金額に悩む際にはよくチャックしています。

また出来るだけ安い方法で送る事や、そのためには過剰な包装をしないで送る旨を、私は商品の説明ページに書くようにしています。

だいたいの方は、送料を押さえる出品者側の努力を理解して下さっている方がほとんどですが、中には購入後に商品発送の追跡番号を付けて欲しいといった要求や、壊れないために過剰に梱包して欲しいといった要求をしてくる方もいるからです。

もちろんそういう要求を断る事もできるかと思いますが、できるだけ揉め事は避けたいと思っているので、忘れずに発送については書くようにしています。

またそこで、別料金になるが、追跡番号を付けての発送や保証付きの発送、何重にも梱包して発送にも対応できる事も明記しています。

ただ別料金を払ってまで発送して欲しいという購入者には出会った事はありません。

もちろんそれほど高価な物を出品していないというのもあるかと思いますが、毎回送料や発送に関しては気の使う出来事です。

関連記事

  1. amazonの苦労点|FBA出品・納品代行

  2. 電子部品が入手できない|FBA出品・納品代行

  3. ゲームソフトのバージョンが違う|FBA出品・納品代行

  4. 梱包指定はありがたいですが…|FBA出品・納品代行

  5. イベントCDを売ることに|FBA出品・納品代行

  6. 大きい商品の発送で失敗|FBA出品・納品代行