amazonの失敗談|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazon、便利だしリサイクルショップや古着屋に持ち込むよりも高く売れる可能性が高いですし、楽しく使えばとても良いツールですよね。

でもその便利さゆえに、失敗してしまったという人も多いのではないでしょうか。
私もその一人です。

大学生では第二外国語にイタリア語を取っており、卒業後使わなくなったのでamazonに出品することにしました。

すぐに買い手がついたのはいいのですが、購入希望者が同時に3人ほどおり、その方たちとの調整が大変でした。

Aさんは学生らしくとにかくお金がない、もっと値下げしてほしいとのことでした。

しかし、こちらも3000円の辞書を2,000円で出品しているわけです。
キズや書き込みもありませんし、中古とはいえ美品でした。

大学生活の苦楽を共にした、という愛着もあって安く買い叩きたくは無かったですし、捨てたり古本屋に持ち込んだりしなかったのは、大切にしてくれる誰かに譲りたい気持ちがあったからです。

という訳で、値切り交渉を続けようとするAさんには早々にお断りを入れました。

Bさんは専業主婦らしく、家事の合間を縫ってイタリア語の勉強をしているとのことでした。

ちゃんと勉強に使いたいという彼女のコメントに、一度はこの人ならお譲りしても良いかなと思ったのですが、ページ内に書き込みがないか何度も繰り返し聞かれました。

amazonですから、匿名性の高いなかでやり取りする場でもあります。
そういったなかで欲しいものがあった場合には、最大限相手の言葉を信じる必要もあると思います。

辞書に書き込みをしながら勉強する人は多いですし、実際にBさんもそうしていたから何度も確認したのかもしれません。
最終的にページを一枚ずつ撮って送ってくれ、それができなければ、もし購入後に書き込みやページの折れなどが見つかったとき返品出来るように住所を教えてくれと言われたときには、そういうことでしたら本屋さんでご購入くださいと伝えてコメントのやり取りを終えました。

3人目のCさんですが、この方とは穏やかにやり取りすることができました。
クレジットカードを持っておらず、コンビニ振り込みしたいけどまとまった時間が取れないから3日ほど待ってくれないかと言われ、了承しました。

大丈夫ですよと返信したその日の夕方にアプリを起動したら、既に売れていました。
振り込みがされていたのです。

3日ほど猶予があると思っていたところに即振り込みだったので、あわてて梱包してコンビニに行き、発送を完了しました。

発送後、帰宅してからすぐに迅速な取引ありがとうございます、と返信すると、いえいえ~というようなフランクな答えが返ってきました。
そこで違和感を覚えました。
Cさんは購入前のやり取りはずっと、丁寧な口調だったのです。

慌ててIDを確認したら、購入者とCさんは案の定別人でした。

何度もコメントのやり取りをして、Cさんに売りますよと約束したのですが、私はCさん専用にするのを忘れていました。

やってしまった、と思いましたが後の祭りです。
料金は振り込まれているし、なによりもう発送してしまっているし。

せめてCさんに不手際を詫びようとしましたが、商品ページでしかユーザーのやり取りはできず、しかも売れたあとの商品ページではチャットが閉められてコメントが送れません。

Cさんは何も出品していない人だったので、Cさんにコメントを送るすべはありませんでした。

完全に失礼なことをしてしまったなと思い申し訳なくなりましたし、それ以来コメントのやり取りをして長く時間を使うより、即入金してくれる人を優先します、と最初に書いておくことにしました。

それにしてもCさんには申し訳ないことをしたな、とやり取りから2年ほどたった今も思い出しますし、amazonだけでなく日常生活での教訓にもなりました。

関連記事

  1. 味を占めてしまいそうな転売ができてしまった|FBA出品・納品代行

  2. メンズ・レディース向けのキャップは良く売れますが価格設定が難しい|FB…

  3. amazonでゲーム機を勢いに任せて叩き売りしてしまった話|FBA出品…

  4. マニア向け商品の梱包|FBA出品・納品代行

  5. 精密機械、割れ物注意の商品は要注意!配送手数料にも!|FBA出品・納品…

  6. 初amazonでの苦労話|FBA出品・納品代行