食器ってどうやって送るべき?困ったこと|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

引っ越しをすることになったとき、収納スペースから出てきたのは大量の開封もしてない食器たちでした。
買った覚えはあったのです。
新婚のときに可愛い食器がほしいからと人気のFrancfrancという雑貨店に行って、そこで何枚か買うと安くなるというセットの商品だったり、「新しい生活を始めるならこれ」と使えそうなさまざまなサイズのお皿がセットされている食器があったので購入していたのです。

ですがそれからそんなに食器を使うこともなくて、結局数枚だけ出して残りのものは箱にはいったまま収納していたのです。
今使わないとなるときっと引っ越し先でも使わないでしょうし、かといって捨てるのはなんだかもったいないように感じました。
まだ使っていないので
もし使う人がいるのであればあげたり売ったりしたほうが良いのでは?と思ったのです。
値段も高めでしたし人気のお店のものなので、きっと欲しがる人もいるだろうと感じていました。

ですが、以前にリサイクルショップでお皿を売ったときには信じられないくらい安く買い取られてしまったので悩みました。
ですがamazonならすぐに高めの値段で買ってもらえるのでは?と思ったのです。

そのため、いくつかセットにして出品することにしました。
やはり箱から全く出していないというのと、人気のお店のものということ、さまざまなサイズのものがあるというところで買い手はすぐにつきました。
合計3人に購入してもらったので早速梱包して発送する準備に入りました。

ですが、もとから箱に入っていたものは良いとしても、箱がないものに関してはどうやって梱包しようかと悩みました。
そのままいつも通りに梱包してしまうと確実に割れてしまうと感じましたね。

そのため、ネットで調べてみることにしました。
すると、プチプチだったり新聞紙に包んで梱包する人が多いこと、箱の内側にも新聞紙をくしゃくしゃにして置いておくとずれることがなくて割れるのを防ぐことができることなどが書いてありました。
新聞紙であれば家にありますからすぐに用意することができますし、ぷちぷちに関しても以前に家電を買ったときについていたものだったり、酵素ドリンクを購入したときについていたものがありました。
それを使って梱包することにしたのです。

まずは食器を新聞紙に包みました。
それからさらにぷちぷちを巻いての繰り返しです。
同じサイズのものに関しては新聞紙で包んでから何枚か重ねて、まとめてぷちぷちで覆うようにしていました。
すると思ったよりも小さく梱包できて嬉しかったですね。
箱の内側には新聞紙をくしゃくしゃにしたものをたくさんつめておいて、そこに埋めるように食器をおきました。
それを3回しないといけないので正直かなり大変ではありましたが、リサイクルショップで安く買い取られてしまったり、結局捨てないといけなくなるくらいであれば仕方ない手間なのだと自分に言い聞かせて頑張りました。

そのため、少し発送に時間がかかりましたがなんとか発送することができました。
届いてからも全く割れていなかったようで「綺麗な状態で届いて良かったです。
」とコメントもつきました。
割れていなかったことに安心しましたね。

ですが、あとから考えてみると割れないことを第一として梱包をしたので、送られてきた人からすればごみが大量になってしまったのでは?と思いました。
新聞紙だったりぷちぷちだったり、箱だったり。
箱は仕方ないとしても、新聞紙の量はもう少し押さえてもよかったかもと後から反省しました。
くしゃくしゃになっているので、捨てるときにも大変ですよね。
食器の梱包って素人がするのはなかなか難しいなと感じた出来事でした。

関連記事

  1. ほうきと長い柄を別々に出荷|FBA出品・納品代行

  2. 安値の冬物出品にはご用心|FBA出品・納品代行

  3. 初めてのamazon|FBA出品・納品代行

  4. 梱包の大変さ、大切さ|FBA出品・納品代行

  5. 専用のボックスが見つからず発送までに時間がかかってしまいました|FBA…

  6. amazonでのセミオーダーの大変さ|FBA出品・納品代行