送料にクレームをつける人|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

サンリオで働いていた時、一時期キティちゃんにはまってぬいぐるみからキッチン用品まですべてキティちゃんでそろえた時期があるのですが、
さすがにいい年でそれもないなとキティちゃんの商品をYahoo!amazonで出品し処分する事にしました。

今のように郵便局やヤマトとの提携が無い時代だったのでゆうパックおてがる版もヤフネコ!宅急便もなく安く発送するのであれば定形外郵便と言うのが主流でした。

(ワレモノなどはゆうパックなどの着払いで発送、それでも「定形外で発送して下さい」と言う人がいましたが。

ただ、自分の家にある量りはデジタルではなく、針で重さを量るはかりで、自宅で量るのと郵便局に行って量ってもらうのでは若干誤差が生じるため
自宅で量った重さの料金を提示し、商品説明に必ず「自宅の量りで量るため誤差が出る事はありますが重くても追加料金は頂きませんし、
軽くても返金いたしません。
理解の上ご入札下さい」と明記して出品していました。
(送料も込みでこの商品価格と納得してもらうためです。

郵便局で量ってもらってから送料をお知らせするのでは時間がかかってしまう為あらかじめ商品説明に明記しお取引をスムーズにしたかったというのもあります。

あまり誤差が出る事はなかったのですがある時、ぬいぐるみを出品する時に100gの料金になるか150gの料金になるか微妙な重さの時があって、
(確か商品自体は98g位で梱包したらグラム数がかわるかな~と言う感じでした。
)商品説明に「送料200円(当時の150gの料金)で発送致します」と記して出品しました。

商品が落札され、商品発送する時いつもならトラブルを避けるたあらかじめ切手を用意し(この場合は200円分の切手を貼って)郵便局で量って少ない場合は差額を払い、
多い場合はそのまま出していたのですが、たまたま自宅に切手が無く郵便局で量ってもらった所140円(当時の100gの料金)になり
140円と印字された紙を貼って発送してもらう事になりました。

後日落札した人から「送料を多く取られた」と評価に書かれ「商品説明に送料の誤差については説明してありましたので落札時に納得されての入札では?」と
説明しましたが納得して頂けず残念な取引になってしまいました。

ですのでそれからは郵便局で量ってもらう時、量ってみて提示料金に達していない時は「送料として200円をもらっているので」と局員さんにお願いし
商品の他にボールペン1本を量りにのせてもらって200円の印字の紙を出してもらい商品に貼り200円支払って発送することにしました。

現在はほとんどYahoo!が提携している安い配送方法で発送しています。

定形外郵便での発送は補償や追跡などがなく(追跡のサービスもありますが安く済ませるためほとんどに方は追跡サービスは使いませんので。

発送する方にしてみれば商品が届かないとか壊れたなどのリスクがあるため落札者に理解してもらわなければならないため出来れば補償のある発送方法にしたいのですが
落札される方は「送料」も重視されるようでワレモノ以外はゆうパックなどの送料設定は避けられてしまいます。

得にわたしの住んでいる地域が北海道というのもあり、道内以外の方に発送するとなると送料はネックになってしまいます。

送料込みで商品設定してもやはり送料の事を考えたら商品価値を下げる設定になってしまうので、同じような商品がamazonに出品されている時は、
その商品や同じような商品をなるべくたくさんリサーチして出来るだけ他の商品より安く設定し、見てもらえるように出品しています。

商品が落札者の手に届くまで何も問題なければと日々思いながらamazonを続けております。

関連記事

  1. ヤフーamazonの出品は厳選していかないといけないので、頭を使います…

  2. セドリでびっくり 期待しすぎないのがコツ|FBA出品・納品代行

  3. amazonの落とし穴配送料や商品の有効期限にはご注意を|FBA出品・…

  4. amazonでゲーム機を勢いに任せて叩き売りしてしまった話|FBA出品…

  5. 下着の販売で稼げました!|FBA出品・納品代行

  6. ステッカーをamazonで売り払った|FBA出品・納品代行