PSPを梱包しておくるときに苦労した|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

いらないものを処分しようと思ってゲーム機も処分する事にしましたが、どうせならば売ってしまうようにしようと考えましたのでamazonに出しました。

まずは写真を撮ってどのくらいの傷があるのかなんてことをしっかりと明記しました。

何日に設定するのかということがなかなか判断が難しかったのですが適当で問題ないだろうということで一週間くらいにしました。

そうしますと意外としっかりとウォッチリストに入れてもらうことができて、早速入札もありました。

amazon形式ですから、そのまますぐにというわけではないのですが、とにかく買ってもらえるということは確定になりましたから安心です。

いざ落札、こちらが送るということになりましたら印刷をするものが必要ということでちょっと困りました。

ORコードをかざすことによって匿名で配送をしてもらうというサービスらしくて始めて利用するので印刷することが必要であるというのをその時に知ったのです。

実はそのときにはプリンターが壊れていて物凄く困ったのです。

携帯電話に送って、ということも考えたのですが私のはネットができない携帯電話でしたからこれも無理。

そこで考えたのがそのページを保存してUSBメモリに入れてからコンビニの印刷機で印刷する、ということを考えました。

これが特に問題なく上手くいってくれたのでよかったことです。

しかし、ここで問題が起きました。

包装するためのものがないということにこのときになってようやく気付きました。

精密機械ですから緩衝材となるものがまずは重要になります。

それがないとさすがに怖くて送ることができないのでそれをどうにか確保して、ということが求められてしまう事になりました。

しかし、これはそこまで問題になることではありませんでした。

100円均一で売っていることがありましたから、これから手に入れて問題なく梱包をすることができました。

後は箱に入れてそれをコンビニの機械にQRコードを通して終わりです。

そのままそのコンビニのレジのところにもって行き、発送の手続きをしてもらうだけです。

今はいちいち相手の住所を聞いてそこに送るとかしなくてもよいのはさすがにかなりよいことであると思いました。

しかしながらやはり梱包をするときにどのくらいの大きさになるのか、ということも意識してやるというのはなかなかに大変でした。

送料は相手持ちではあるのですが、送料を決めることになる物の大きさの設定のときにまだ梱包していなかったのでいざ梱包したときにそれを超えてしまったらどうしようなんてことを考えてしまったほどです。

後、普段から梱包材などは出来れば保管しておこうとそのときには思いました。

何しろ、いきなり必要になるといってもその辺で拾ってくると言う事が出来るものではありませんでしたから、最悪の場合、買うしかないのです。

そんなに高いものではありませんが折角ものを売っているわけですから、余計なところに費用をかけたくない、ということがありますのでこれは今後の課題として自分の中で残りました。

今時コンビニなどで発送できるわけですが、相手の住所も知らずに、こちらの住所も知らせることなく、ということができるのはかなりよいシステムですね。

それはとても有難いやり方ではありますが、新しいことですからQRコードの印刷とかそうした部分で多少手間取ってしまったことがありましたから、これはどうにかなれるしかないかなと思いました。

しかし、なれてしまったらこれはもうとても便利なシステムであることは間違いなく、今後はある程度はしっかりと利用していきたいと考えています。

不要なものはどんどんamazonに出したいです。

関連記事

  1. ベビーカーの出品が大変、今思うと後悔|FBA出品・納品代行

  2. 狼と香辛料のフィギュアを転売|FBA出品・納品代行

  3. amazonの出荷で苦労した点|FBA出品・納品代行

  4. カーディガン厚さ3cmの壁|FBA出品・納品代行

  5. 梱包とクレームへの対応|FBA出品・納品代行

  6. amazonでハンドメイド作品のビーズブレスレットを売っています|FB…