amazonでカメラレンズを出品した時の話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonの「amazon」にてカメラのレンズを出荷した際に大変だった話です。

商品名はLUMIX G VARIO 45-200mm。

内容としては、レンズ本体・レンズフード・本体キャップ・レンズキャップの4点です。

大変だった点を大きく分けると2つ。

1.本体チェック、動作確認
2.梱包
です。

実際に使っていたものだったため、出荷するにあたり
まず初めに取り掛かったのが、本体のチェックと動作確認でした。

・レンズに傷がついていないか。

 →実際にカメラを作動し撮影をすること。

・望遠の動作に不備はないか。

 →実際に動かし、細かく撮影をして確かめること。

・本体は綺麗かどうか。

 →ついている傷はなるべく綺麗に拭き取ったり、塵などがついている場合も綿棒や楊枝を使って、細かく掃除をすること。

その他、
・キャップはしっかりとはめることができるか。

・レンズフードは壊れていないか。

など、丁寧にチェックを行いました。

機械系の商品や中古の物は、動作確認の有無や状態、どれくらい使用感があるかなどの質問をいくつか受けたので、
購入する側としては一番気になる点ではないかと思いました。

もちろん、出品する側も時間をかけてじっくりと行わなければいけない作業だと思います。

そして2つ目。

実際に商品を送るための準備です。

私が出品したカメラレンズは、購入した際の箱がなかったため、梱包はとても慎重に行いました。

実際に行った作業としてはこちらです。

・サイズに合う箱を作る。

 →小さめの段ボールから調度良い箱になるようにする作業から始め、配送時、揺れて中身が動かないよう、箱の底にレンズの形のくぼみを作りました。

平らなものであれば封筒型や平たい箱が使えるのですが、望遠レンズの形に合う箱がなかなか見つからず、自ら作ることにしました。

・パッキンで包む。

 →レンズ本体はとても傷がつきやすいので、100円ショップなどにも売っているパッキンを使い、何重にも包みました。

・箱の中に空間ができないようにする。

 →余った段ボールやパッキンで、隙間部分を埋められるような形を作り、貼り付ける。

こちらも、配送時に動いていまわないよう、工夫した部分です。
箱に商品を入れた際、どうしても小さな隙間ができてしまいます。

何点か細かいものを入れるとき、商品同士がぶつかって傷になってしまったり、到着後、開けた時に箱の中がぐちゃぐちゃになってしまっていたりと、
配送~到着までの細かい部分にも気を付けること。

もちろん、箱の底にはパッキンを敷き、一番上にはパッキンをかぶせました。

・ぎゅっと敷き詰めないように気を付ける。

 →レンズフードなどは、形も特徴的でありとても軽く繊細なので、ふんわりと優しく詰めるような感覚で、しっかりと固定する。

送料は自分負担にしているので、箱は大きくなりすぎないよう、貼り付けるガムテープは綺麗に、段ボールも綺麗に切ること。

こちらがとても時間がかかりましたが、取引後の評価では、
「とても丁寧に梱包してくださりありがとうございました。
」と嬉しいお言葉をいただいたので、時間をかけて良かったと思いました。

私がカメラのレンズを出荷するにあたって大変だったことをまとめると、
カメラに装着し、動作の確認をしっかりとすること。
使用感を減らせるようにできるだけ綺麗にすること。

そして、配送時に商品に傷をつけないように調度良いサイズの箱を用意し、中をしっかりと固定することです。

大切にしていたものだったからこそ、次に手に取っていただく方へ不快な思いをさせないよう、そして感謝の気持ちを忘れずに出荷作業を行いました。

amazonは購入することが多く、出品することには慣れていなかったのでとても苦労しましたが、今では良い経験として活かされています。

関連記事

  1. ネットamazonの苦労話|FBA出品・納品代行

  2. 自分史上で最高額の転売品|FBA出品・納品代行

  3. 右も左も分からない梱包…|FBA出品・納品代行

  4. amazonの梱包・発送で自腹を切った話|FBA出品・納品代行

  5. パソコンのメモリはいい感じに売れますね、amazonにて|FBA出品・…

  6. プラモデルが、壊れてしまった時|FBA出品・納品代行