梱包から発送まで不安でいっぱいでした|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

荷物の整理をしようと思い、いらないものを捨ててしまおうとしたところ、友人からamazonで売ってみれば?とすすめられてamazonを始めました。
出品しようと思ったのはMOS Excel2016 の参考書で、大体厚みは2センチほどのもの。
やり方に書かれている通りに商品の写真を数枚撮影し、説明文を書いて値段を設定して初めての出品が完了しました。
するとすぐに商品が購入されたとの連絡が入りました。
A4サイズよりは小さかったので、ゆうぱっく便で発送しようと思いました。
梱包の方法で自分の評価が左右されると聞いていたので、梱包は丁寧にしようと心がけていたので、本の梱包方法を公式の質問広場やYouTubeを見て参考にしました。
すると「本の場合は雨対策のビニールがあればいい」、「プチプチに入れて発送する」、「4つの隅だけプチプチを付けて、最後にビニールで覆う」などといった回答があり、どれが一番購入者にとって喜ばれる方法なのか迷いました。
そこで自分が一番嬉しい梱包方法でやってみようと思い、本をプチプチで覆い、A4サイズの封筒に入れてガムテープで止める方法を実践しました。
プチプチで覆った後、セロハンテープで止めようとすると緩くなってしまい、何度かセロハンテープをダメにしたものの、3回目くらいでようやく自分が納得できる見栄えになりました。
それを封筒に入れ、商品が動かないようにガムテープで止めて完成と思ったが、梱包したものの厚みが5センチは超えているように見えました。
おそるおそる定規で厚さを測ると、4センチとなっていました。
A4サイズの厚さ3センチ以内という条件があるため、仕方なくもう一つ上のサイズ指定で発送しようと思ったところ、送料が倍以上になることが分かりました。
しばらく考えた結果、送料が倍になるのは嫌だったので、せっかく梱包したものをすべてはがし、やり直すことに決めました。
原因はプチプチを2重にしていたことだろうと思い、1周したところをセロハンテープで止める方法に変更しました。
厚みを測ると3センチ以内にはおさまっており、安心して新しい封筒に入れ、再び商品が動かないようにガムテープで固定しました。
これであとはローソンまで行って、発送をお願いするだけになりました。
早速梱包した商品を持ってローソンに行きました。
Loppiから配送作業を行うことは事前に調べていたので、入店してすぐにLoppiの前へ。
いざ前に立つと、どのボタンから行けばいいのかわからず戸惑ってしまいました。
一度その場から離れて、手順を確認したあと再度Loppiの前へ。
amazonの発送のボタンを押し、出てきたレシートを受け取り、レジへ。
店員さんは慣れた様子で配送先の紙を入れる封筒を渡してくれましたが、何に使うものかわからなくてじっと見ていると商品に張り付けてくださいと言われたので、言われるがままに張り付けました。
その後紙を渡されて点線に沿って切ってくださいと言われ、紙を切ろうとすると、自分の後ろにレジ待ちの人が2人いるのが分かり、急いでやらねばと慌てて切りました。
慌てた結果、端が少し汚くなってしまいましたが何とか切る作業が完了しました。
次は紙をアルファベット順に封筒に入れてくださいと言われ、アルファベットを確認し、上から順番に封筒に入れて何とか完了しました。
発送通知を購入者に行い、私ができることはすべて完了しましたが、本当に商品が購入者に無事に届くのかが不安で、頻繁に商品の配送状況を確認していました。
無事に商品が届いたと連絡があったときは安心しました。
もう何十回と商品を出品して、梱包作業も多く経験しているのですが、いまだに梱包するときは本当でこの方法で大丈夫かと不安になります。

関連記事

  1. 自分史上で最高額の転売品|FBA出品・納品代行

  2. 海外ネットamazonに出ていた明治時代の切手をとりあえず最低価格をい…

  3. 右も左も分からない梱包…|FBA出品・納品代行

  4. 再配達の時の対応が大変でした|FBA出品・納品代行

  5. 初心者すぎて配送に手間取ってしまった|FBA出品・納品代行

  6. ハンドメイドアプリでの苦労|FBA出品・納品代行