amazonでいつも大変だと思うこと|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私は普段amazonを利用しているのですが、出荷は必ず「ゆうぱっく便」を選択しています。
理由は、購入した方がコンビニ受け取りができるからで、コンビニ受け取りができるほうが便利かな?と勝手に思っているからです。
私が出品するものは小物から大物から様々で、今までにブレスレット、時計、ポーチ、ハンドブレンダー、ロボット掃除機、ニンテンドースイッチなど様々なものを出品したことがあります。
その度に毎回苦労するのが、ちょうどいい大きさのダンボール箱を探すことです。
小さいものや厚さの薄いものは封筒に入れて発送すれば問題ないのですが、大きなものや厚みのあるものは、どうしてもダンボール箱などのしっかりとした箱に入れざるを得ません。
せっかく生活の足しにするために様々なものを出品しているのに、段ボールなどの包装にお金をかけることはすごくもったいないと思ってしまうので、私の場合は何とかして自宅にあるダンボール箱を使って費用を浮かせています。
だいたいは、自分が今までに購入した商品が入っていた箱などを再利用しています。
もちろん、傷がついていたりへこんでいたりしている箱は、商品を受け取る方に申し訳ないのでできるだけ避けます。
届いた商品が入っていた箱が再利用できそうだと思ったら、ガムテープのはがし方にも細心の注意を払って開封し、保管しておきます。
ただ、私の場合は段ボール箱の保管場所がクローゼットの中なのですが、いくつか保管するとかさばってしまい、クローゼット内がすぐごちゃごちゃになってしまいます。
また、ちょうどいい大きさの段ボール箱が必ず手に入るとは限らないので、少し大きすぎる箱に商品を入れなければならない場面にもよく遭遇します。
その場合は商品とダンボール箱の間に隙間ができてしまうので、あいてしまった隙間のところにあらかじめ捨てないでとっておいた緩衝材を入れたり、商品とダンボール箱とをガムテープで止めたりして、配送中に商品が動いて傷ついてしまわないように工夫をしています。
あとは、商品が傷つかないようにプチプチで包むのですが、こちらもできるだけお金がかからないように、今まで購入した商品が包まれていたプチプチを再利用しています。
商品に巻き付けるときは隙間ができないように全体的に包まれるようにしています。
そこまでできればあとはふたをして発送するだけなのですが、そこでまた苦労するのが発送方法と料金です。
普段ゆうゆうパックを利用している私は、商品を発送するときローソンか郵便局のいずれかになります。
私は平日仕事をしており郵便局に行くことができないので、今までローソンしか利用したことがありませんが、車を持っていないので重たい荷物を持ってローソンまで歩いていくということはあまりしたくありません。
さらに、住んでいるのが北海道なので、大きい荷物を送るときの料金がだいたい700円~1000円とかなり高くついてしまいます。
これだと、せっかく商品が売れても手元に入るお金があまり残らないということも多く、正直「稼げた!うれしい!」とはなかなかなりにくいです。
もちろんこれは、もう一つの発送方法である「ヤマト便」を利用しても同じくらいの料金がかかってしまうので、安いほうを選択するということもできません。
だからと言って、商品の出品の際に着払いを選択すると商品が売れにくくなってしまいますし、商品を出品している人は送料込みで出品している方も多いので、もしかすると着払いと気づかずに購入してしまう方がいたりしてトラブルになるかもしれないと想像すると、今のまま我慢するしかないのかなと思ってしまいます。
amazonはかなり便利ですので、その点が改善されればもっと積極的に利用できると思います。

関連記事

  1. 耕運機の梱包作業に大苦戦|FBA出品・納品代行

  2. amazonで苦労した梱包や出荷について|FBA出品・納品代行

  3. ブランド物の返品交換あるある|FBA出品・納品代行

  4. 今では使わない子供のころの品物|FBA出品・納品代行

  5. 閉店セールで買った激安商品を転売して最終的に80,000円くらい儲かっ…

  6. 売れたは良いのですが発送準備が大変でした|FBA出品・納品代行