amazon 売る側の苦労話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私はよくamazonを使って、商品を売ったり買ったりをしています。

中でも買うことよりも売ることの方が多く、amazon経由でのいわゆる「お取引」は200件は超えています。

そんな200件ほどのお取引をした中での苦労した事をお話ししていきます。

まず私が主に売っていたものですが、アニメやゲームのキャラのイラストが印刷された缶バッジやキーホルダーを売っていました。

私の好きなゲームはキャラクターが多くいるので、缶バッジやキーホルダーは基本的にトレーディングで、好きなキャラが選べない仕様になっていました。

当時どうしても好きなキャラだけたくさん欲しいと考えていた私は、その缶バッジやキーホルダーを箱で売られているものを何箱も購入していました。

数点は仲の良い友達同士で、お互いの好きなキャラの缶バッジやキーホルダーを交換していましたが全て交換するというのはどうしても難しく、交換できないものをamazonを使って売っていました。

ここで苦労したのは、写真を撮ることでした。

何せ数が多いので、それを全て一枚の写真に収めないといけなかったからです。

amazonで出品する際の写真の撮り方や載せ方に特にこれといったルールはないので、正直点数が多くてもそれを全て収めないといけない訳ではなかったのです。

ただ、私の好きなゲームでは「持っていない品物の写真を使って出品し、実際に届いたのは写真とは全く違う品物だった」といった詐欺が蔓延っていました。

そのため、ちゃんと私が全ての品物を持っていることを示すためにも、まずは全ての品物の写真を撮ってから、個別の写真もアップで撮ったりということをしていました。

自分のamazonのアカウントの名前を書いた紙を品物と一緒に載せたり、基本的に全ての品物は同じ布の上に置いて写真を撮ったりなど、詐欺ではないことを示すための工夫が結構大変でした。

写真に関してだと、光の加減によって実際に自分が持っている品物とは全く違う色になって写真が撮られることがあります。

私も品物の写真を撮っている時にそうなった事が何度かあったので、実物と同じ色合いになるように何度も撮り直したり、それでも実物の色に近付かない場合はカメラアプリで色を調整したりと、こちらも中々苦労しました。

違う色合いの写真をそのまま使ってその品物が売れて、お相手に届いた時には色が違う!というトラブルも起こり得ないので。
(実際に私が買う側で、品物が届いた時に「あれ?色なんか違うな?」と思った事があったので……)

点数の多いお取引の場合だと、売れた後に苦労するのが梱包です。

1つ1つ梱包するのが手間なのも勿論そうなのですが、あまりにも量が多いと封筒に入り切らない可能性も出てきます。

なので点数を多く売る場合は、事前に大きめの封筒を100均で購入していました。

角1や角2など、普段なら使わないだろうな……と思うくらい大きい封筒をいくつも購入していました。

それでも梱包時にプチプチで二重程品物に巻き付けると入らないこともありました。

仕方なく梱包用の箱を別途購入したり、お相手の了承を得た上でバラバラで発送することもありました。

もう少し品物同士をくっつけるようにしたり、封筒にしわを付けて少しでも入るようにしたり、大変でした。

何度も試行錯誤を繰り返してトライしてました。

それに大きい封筒に入ったとしても、封筒の大きさによれば郵便局にて規格外扱いをされることがあるので普段よりも送料が高くつきます。

私は全ての品物を送料込みの値段に設定して出品していますが、売上金はお取引後にアプリに入るのと郵便局の窓口での発送だと現金支払いです。

お財布にあまり沢山現金を入れないで都度下ろすスタイルなので、現金を多めに持っていないといけなかったのも大変でした。

amazonにて出品した際の、苦労したことを書かせていただきました。

苦労したとはいえ、顔の見えない金銭の絡む取引なので、お互いにいい思いをして無事に取引を終わらせるためにも必要なことではあるかなと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. こんなこともあるあるamazon体験談|FBA出品・納品代行

  2. ゲームハードはamazonが得だった|FBA出品・納品代行

  3. 中途半端なサイズの出品で苦労した話|FBA出品・納品代行

  4. そんなはずじゃなかったのに!amazonにおける出品者と購入者の思わぬ…

  5. 釣り竿などの長尺ものの送料は高い|FBA出品・納品代行

  6. 下着の販売で稼げました!|FBA出品・納品代行