amazonで儲かりたいなら、初期の価格設定が重要!|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私は3人の子育てをしているワーキングマザーです。

本業の傍ら何かお小遣い稼ぎ程度に出来ないか考え、副業として某amazonを始めました。

amazonのアカウントを作成してから訳1年半という、本当に短い期間ですが、初心者ながらこれまでに数十万円売り上げる事が出来ました。

主な出品物は子どもの要らなくなった服、おもちゃ、断捨離して不要となった物(雑貨、化粧品、衣類、装飾品など)です。

amazonを始めて大変だったのは、①商品に”いいね”を貰うための初期価格設定、②値下げ交渉、③送料・手数料を考慮した上での商品の価格設定でした。

まず最初に①商品に”いいね”を貰うための価格設定についてです。

amazonは、あくまでフリーマーケットであるため、「新品であっても定価より安い価格で買いたい!」「少しでも安く買いたい!」というアプリ利用者の思いがあります。
そのため、まず第一段階として、初期の値段設定が高すぎると”いいね”すら付きません。
“いいね”が付かないということは、質の良い商品・流行りの商品であっても、商品に対して価格が見合ってないと利用者が判断しているということです。
商品が売れないと利益にはならないため、商品を売るために出品者は値段を下げる必要があります。
しかし、ここで値段を下げすぎると、その分自分の利益となる金額が下がります。
ここの見極めは初めのポイントとして凄く難しかったところです。

次に②値引き交渉についてです。

初期の商品の価格設定が上手くいくと、”いいね”が付いたり、コメントが投稿されるようになります。
そうすると、次の段階として、amazon特有の”値引き交渉”が行われます。
ここにも利用者の「少しでも安く買いたい」という思いが反映されます。
私の経験上、値引き交渉では元々の値段によって上下はありますが、だいたい設定価格の1割?2割引きの値段で提案される事が多いです。
そのため、初期の値段設定の段階で、値引き交渉される事を前提とした価格設定を行うことが重要となります。
初心者だった私は、値引き交渉があるという事を知らなかったため、amazonを開始してからこの事に気付きました。
そのことに気付くまでの初期の何件かの取引では、利益が商品の元値からすると雀の涙程度しか無いことがよくありました。
そのため、初期の値段設定では、値引き交渉がある事を前提として売りたい値段の1割ほど高く設定する必要があります。

しかし、値引き交渉もデメリットだけではなく、うまく価格設定する事で、商品を売れやすくし、更に取引後の評価が高評価となる事が多いため、その後出品する物が売れやすくなるというメリットもあります。

次に③送料・手数料についてです。

商品が売れたらamazonの手数料(数%?10%)を差し引いた金額が自分の利益となります。
しかし、そこから今度は商品を発送するための送料がかかってきます。
商品を発送する際の送料は、売れた商品によって金額が全く異なります。
そのため、商品をいかに安く発送するかが重要となってきます。
amazonによって発送方法と値段が変わるため、利用するamazon内で最安となる発送方法を選択する事が重要となります。
しかし、商品によっては「思った以上に送料がかかってしまった!」「送料が引かれたら利益が全然ない!」という事があります。
これを回避するためには、商品を出品する前にサイズや重さを測り、かかるであろう送料を調べた上で、初期の値段設定をする事が重要です。

単純に考えると、①、②、③をまとめて、初期の値段設定=利益+送料+手数料+値下げ交渉の金額となりますが、最初のうちはもちろん、慣れてきた今でも、なかなかこれが上手くいきません。

今でも出品する際の価格設定に毎回悩んでおります。

関連記事

  1. 仕入れは100円から|FBA出品・納品代行

  2. 出品するのも一苦労…amazonの体験談|FBA出品・納品…

  3. amazonでパソコンパーツは良く売れます|FBA出品・納品代行

  4. こんなのも売れるの?試しただけの化粧品|FBA出品・納品代行

  5. amazonでの苦労話|FBA出品・納品代行

  6. 包装や郵送でのポイント|FBA出品・納品代行