梱包のサイズの苦労について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私は、某amazonで出品した際にとても苦労しました。

私が出品したものはプール用のタオルでしたが、厚みが少しあり、指定されているサイズがギリギリでした。

郵便局からの配送でしたが、郵便局の配送は、とても厳格で少しでもサイズが合わないと引き受けてもらえませんでした。

1度、家に帰り、封筒に入れ直し、さっきと他の郵便局に向かいました。

そこの郵便局員の方は、優しい方で規定の厚みになるように封筒から入れ直し、調節を手伝ってくださいました。

その結果、ゆうゆうメ◯カリ便で配送することができ、ほっとしましたが、それまでが大変だったと思います。

ゆうゆうメ◯カリ便は、郵便局とローソンのどちらかから配送することができますが、ローソンから配送する時の方がわりとゆるい感じで受け取ってもらえると感じます。

ローソンは、店員さんがアルバイトなどでやっている人が多いからか、サイズの確認をされることがあまりなく、とりあえずA4の封筒に入っていれば、受け取ってもらえるような印象です。

しかし、郵便局は、封筒の周りのサイズから厚み確認をしっかり行っており、しっかり規定の厚みを測るものを封筒が通りきらないと受け取ってもらうことがないです。

中身の確認も郵便局では、口頭で具体的に聞かれるので教えるのですが、ローソンでは、中身の確認をされることもないです。

利用者としては、ローソンでの配送の方が簡単に受け取ってもらえるので気が楽でローソンからの配送をすることが多いです。

また、梱包の大変さは、プチプチを使うときと使わないときでも変わると思います。

プチプチを使って梱包することで送り相手に届いたときに安心だし、綺麗に届ける確率があがるとおもいます。

ですが、プチプチを使うことによって厚みがでて規定のサイズに収めることが難しくなるという矛盾点もあることが問題点だとおもいます。

大量に商品を送るときにもプチプチを使うのか使わないのかで配送する側の費用は、大きく変わるとおもいます。

amazonからプチプチの厚さを薄くし、プチプチと封筒を合体したものなどが作られれば、ヒット商品になるのではないかとおもいます。

自分のamazonを買ってくれるリピーターを増やすためには、大変である梱包の問題をクリアし、さらに梱包の費用を抑えるといった取り組みをすれば、売り上げを格段にあげることができるでしょう。

梱包の大変さは、他にも問題点があります。

私が実際にとどいたものの中に受けとった際、すでに封が開いていた、ということがありました。

私の予想ですがらスティックのりなどで貼っていたのではないかとおもいます。

スティックのりは、梱包を確実に安心してとどける場合は、適していないと考えます。

テープでもガムテープがいいのか、透明なテープがよく貼れるのかなど、封筒の素材とともに比較し、工夫して梱包、配送をおこなうべきだとおもいました。

郵便局など配送を主に行っているところでは、透明テープが基本的に置かれているため、透明テープの方が安心して梱包できるのだろうかと、最近ではおもっていますが、配送中の商品の状態は想像しかねるので、私の予想でしかありません。

封筒は、100均でかったA4サイズの茶封筒をつかうことがおおく、そうすることでサイズは安心して送ることができます。

厚みに気をつけて梱包することが必要だとおもいます。

梱包をする際に気をつけていることは、ローソンでの配送、プチプチを使うこと、透明テープを使うことが梱包をする上で大変だったことを教訓に最近では気をつけて意識して行っています。

また、できるだけ安い費用で梱包をおこないたいので100均の封筒をつかうや、厚みを薄くするよう、ギュギュっとするなどを意識しています。

関連記事

  1. 自転車の梱包に大苦戦|FBA出品・納品代行

  2. 納品で冷や汗…わたしのamazon体験談|FBA出品・納品…

  3. 高価な取引は梱包に気を遣う|FBA出品・納品代行

  4. ページの折れ曲がりにクレームを受けました|FBA出品・納品代行

  5. amazonの落とし穴配送料や商品の有効期限にはご注意を|FBA出品・…

  6. ガラス製商品は慣れないと大変|FBA出品・納品代行