自転車の梱包に大苦戦|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

以前、自転車をamazonに出品し、落札されて梱包するときにかなり大苦戦しました。

私自身もその自転車はネットで購入しました。

その際は、シンプルな立方体からなる段ボールに入れられて、配達されてきました。

「これ、箱を開けたらすぐに乗れそう」とおもったのですが、これは大きな間違いでした。

自転車の形自体、そんなに複雑なものではないのですが、自転車をすぐに乗れる状態で梱包すれば段ボールはとんでもない大きさになってしまいます。

私の家に届いた、自転車の入ったシンプルな立方体の段ボールは、その中で自転車が複雑な状態で分解されて梱包されていたのです。

梱包を解いて、バラバラの自転車を取り出し、説明書と格闘すること1時間。

ようやく走れるように自転車を組み立てることができました。

分解できるところは、できるだけ分解されていたからこそ、程よい大きさのシンプルな立方体からなる段ボールで済んでいたのです。

さてその後、その自転車が落札されて梱包しなければならなくなりました。

まことに、残念なことに購入した時に入ってきた「シンプルな立方体からなる段ボール」はとうの昔に捨ててしまっていました。

もし残っていたとしても、「シンプルな立方体からなる段ボール」に入るよう、分解できる自信はありませんでしたが。

とにかく今回は「分解せずに発送」が、大命題となりました。

しかし、自転車をよく見てみると、ハンドルの部分とペダルの部分が。
かなり横幅をかせいでいます。

しかもタイヤもばらさずに梱包となると、長さと高さが結構な寸法になってしまいます。

「送られてきたときの段ボールを捨てなければよかった」と後悔しつつも、後の祭りなので。

近所のスーパーでただでもらえる、できるだけ大きな段ボールをさがして、かけまわりました。

とりあえずある程度の数の段ボールを集めて、後はガムテープとカッターを用意しました。

さあここからは、ほぼ「できるかな」の時間。
ペダルとハンドルの部分があるので、ハンマーヘッドシャークのような梱包作品になることは必至です。

まずはできるだけ大きな段ボールを分解し、センターに折り目を付けて、車輪側から覆っていきます。

前輪と後輪付近は、シンプルに上方に上げていけましたが、やはりペダル付近は横に張り出す形となり、なかなか難しいものがりました。

しかも複数の段ボールを使用するので、仮止めしては様子を見ての繰り返し、ペダル部分を超えるだけでも1時間はかるくかかりました。

そしていよいよハンドル部分に到達。
ここもペダル部分と同じ要領でカバーしようと思ったのですが、それでは梱包自体が巨大になりすぎます。

そこでハンドル部分だけを囲い込むようなカバーを別途作成することにしました。

このカバーを作成することによってペダルより上の部分は、ほぼ平面でカバーすることができ、ハンドル部分と結合させることに成功しました。

これでようやく梱包は完成。
なんとか無事に発送することができました。

今回の一件で学んだことは、「大きな段ボールは出来るだけ取っておくこと」。

購入したあと絶対に手放さなければ問題はありませんが、もし手放すことになった際、梱包にとても苦労しますからね。

購入した時に付いてくる、「組立説明書」も必ず保管しておくようにしましょう。

もちろん自分の為でもありますし、転売するときに商品に付けてあげればとても親切でしょう。

また梱包されてきた状態の中身を、写真に撮っておくこともお勧めします。

自分のところに来た時と同じように分解し、組立説明書も添付すれば、問題は発生しないはずですから。

物を買って自宅に届いたときは、嬉しさのあまり夢中で梱包を切ったりやぶいたりして、一刻も早く中身を出そうとしますが
そこは冷静になり、後のことも考えて、丁寧に梱包を解くことも必要かもしれませんね。

関連記事

  1. うっかり梱包に厚みが出てしまった!|FBA出品・納品代行

  2. 健康器具を売ることにしました|FBA出品・納品代行

  3. セドリでびっくり 期待しすぎないのがコツ|FBA出品・納品代行

  4. ヤフーamazonでパソコンパーツを出品していますが、なかなか苦労しま…

  5. amazonにてラブライブ関係のものを出品しています|FBA出品・納品…

  6. amazonでの商品取引失敗談、感想|FBA出品・納品代行