数グラムの違いで送料が…!!送料を制するものがamazonを制す!|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonを使い始めたばかりの頃、
amazon=「とにかくたくさん売れば稼げる!」としか考えていませんでした。

家にある不用品をどんどん出品して、どんどん買ってもらって
お小遣い稼ぐぞー!と気合十分でした!
が…
実際に商品が売れて、梱包・発送する段階になって初めて気づいたのは
「梱包の仕方次第で送料が変わる!送料を安く抑えればその分収入も増える」ということ。

amazonで初めて売れたのは「漫画4冊」。

1冊ずつ出品していたものをまとめ買いしてもらえて、すごく嬉しかったのを覚えています。

私は、「評価もつくことだしとにかく丁寧に発送しなければ」と考えて、1冊1冊をフィルムで包み、
さらにそれぞれをプチプチで包み…と今思えば、相当丁寧な梱包作業を行いました。

その後、袋に入れようとすると、なんとプチプチの厚みで準備していた袋に入らないのです!
他の袋を用意して梱包を終えるも、梱包資材で重さがかさんで送料が想定以上になってしまいました…。

amazonの大変さを知った瞬間でした。

またある時は、
売れた洋服をできるだけコンパクトに畳んで梱包し郵便局に持っていくと
厚みが3cmを超えてこれまた送料が想定以上に。

私はようやく気づきました。

「送料をいかに安くするか…つまりいかに無駄のない梱包をするかが大事なんだ」ということに。

それからは、送料を制するべくまずは梱包資材の選択肢を増やしました。

フィルムポケットはいろいろなサイズを揃え、袋も商品が無駄なく入るように
様々な大きさを準備。

このあたりは、100均にありとあらゆる種類の商品が売られているので助かりました。

何度通ったかわかりません。

さらに商品を入れた後は、余分な部分をカットしてなるべく梱包資材の重さを軽減。

ショップ袋などに入れる際は、持ち手の紐はもちろんカットします。

そして郵便局などに持ち込む前に自宅のキッチンスケールで1g単位の重さを確認。

郵便局のスケールと数グラム誤差が出ることも想定して余裕のある重さになるよう調整します。

縦横高さの長さと重さを全て把握した上、冷蔵庫に貼り付けた「自作の送料早見表」を見て
1番安く送れる方法を選択し、ようやく発送する…この一連の流れを
商品が購入されてから数時間以内に終わらせる…という術を私は少しずつ身につけていったのです。

ちなみに、個人的に一番お得だと思うのが「クリックポスト」です。

A4サイズで厚さが3cmまで、重さ1kgまでのものなら断然クリックポストが安いです。

送付票も家で印刷するので、ポストに投函すればOK!
郵便局やコンビニで対応してもらう必要がないのでサクっと発送を完了することができます。

今は、なるべくクリックポストで送れるものを出品しようと心がけているくらいです。

ただ、時々大型商品が売れることもあります。

そんな時は段ボールが必要になるのですが、なかなかちょうど良いサイズの段ボールが見当たらず
スーパーや薬局を数件渡り歩いて探したこともありました。

段ボールは、もともと入っていた商品の重さによって強度が全く違ってくるので
ちょうど良い段ボールを探すのも意外と苦労するのです。

もちろん商品を入れた後は、段ボールの余分な部分をカッターでカットして
コンパクトなサイズに作り直します。

段ボールで梱包した商品を自転車に乗せてコンビニに向かう途中に、
段ボールが横断歩道に転がったこともありましたね…。

そんなわけで、段ボールを使った発送はなかなか労力が必要となり
売れた金額に見合わないなぁ…と思ったことも何度かありました。

amazonを使い始めて3年、梱包や発送での苦い経験を経て
現在は梱包も発送もスムーズにできるようになりました。

関連記事

  1. のちのち後悔した格安出品|FBA出品・納品代行

  2. セールで買っていたダウンがまさかの高額に|FBA出品・納品代行

  3. 自分の出品したものはしっかり確認を|FBA出品・納品代行

  4. いろいろなDVDを売りました|FBA出品・納品代行

  5. 私のamazon失敗談|FBA出品・納品代行

  6. 意外!厚手衣類の梱包が大変なんです|FBA出品・納品代行