Amazonは一長一短のショッピングサイト|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私は以前勤めていた会社で10年以上にわたり、インターネットショップ運営を任されておりました。

最初は楽天市場やYahooショッピングへ出店しておりましたが、時代の流れで、Amazonにも出店をおこないました。

他のショッピングサイトに比べると、商品を出品する労力は、かなり少ないです。

国内メーカーなどから仕入れる商品を販売する場合は、本当に楽々に出品することができました。

ただ同じ商品ページを、Amazon直売部隊含めて、全てのショップで共有するため、必然的に価格競争に陥る点は、販売する側としては疲弊するばかりでした。

そうなってくると、海外から商品を独自に買い付けて、Amazonで販売を試みる訳ですが、今度はJANコードがないと、基本的に出品できないという壁にぶつかります。

私の会社は、元々、貿易会社だったため、JANコードの作成が可能でした。

しかし、JANコードを作れないと、利益を得るための商品を販売できない仕組みになっていて、個人商店だと非常に苦労するだろうと感じます。

また、同じ商品でも色別にJANをひとつひとつ用意しないといけないため、JANコードの管理が煩雑になる点も苦労いたしました。

エンドユーザーへ納品するための梱包や出荷作業については、他のショッピングサイトと同じなので、Amazon特有の難しさはありません。

Amazon独自の苦労としては、いわゆるサンクスメールの送信が手間になるという点です。

本来なら、ご注文を頂いたら、自動返信メール以外にも「ありがとう」というメールを送り、その後「準備しております。
いつ頃に出荷予定です」というメールを、最後に「出荷しました」メールを送るのが基本であると考えます。

しかし、Amazonでは、メールを送る事はできるものの、極端に少ない文字数制限が設けられており、サンクスメールでショップを印象づける事ができないようになっています。

通常のサンクスメールであれば、メールの送信ができれば問題ありません。

もし、お客様情報に不備があれば、連絡を取らないといけないのですが、Amazonのお客様に限っては、電話をかけると、とんでもないクレームに繋がる事が多いので、メールで連絡することになります。

しかし、文字数制限があるため、必要最低限の事柄しか書くことができない部分で非常に苦労しました。

これらの問題は、結局のところ、Amazonの倉庫へ商品を送り、Amazonに全てを任せるシステム「フルフィルメント by Amazon」を利用すれば、解決しました。

ただ「フルフィルメント by Amazon」にも少し問題がありまして、自分自身で商品をお客様に出荷していた時より、明らかに良品返品の量が増えた点です。

「フルフィルメント by Amazon」では、そもそも、なぜ良品返品になったのか、その原因を当時知る事ができず、本来販売できるはずの商品が、箱不良となって、会社に戻ってくることに、頭を悩ませました。

Amazonは、簡単に返品を受けてしまいます。

そのため、完全にお客様の勘違いから発生した返品でも了承してしまい、利益になるはずの機会が、普通のショッピングサイトに比べると、少なくなりました。

それでも、「フルフィルメント by Amazon」へ納品する際の、ちょっとした時間さえ割けば、あとは様々な手間を省いてくれるシステムですので、一長一短といったところです。

Amazonは他のショッピングサイトより比べて、新商品を掲載してから最初に売れるまで、すごく短いので、ネットショップで成功体験を経験したいのであれば、Amazonはオススメできるショッピングサイトです。

関連記事

  1. 伝票を貼り間違えて利益が吹っ飛んだ|FBA出品・納品代行

  2. amazonにて声優関係のCDを出品しています|FBA出品・納品代行

  3. 送ったのに届いてない!意外なところにあった|FBA出品・納品代行

  4. amazonでのセミオーダーの大変さ|FBA出品・納品代行

  5. 身近な資材を上手に再活用する梱包術|FBA出品・納品代行

  6. 緩衝材とダンボールの大きさ選びは大変|FBA出品・納品代行