どう包装すれば分からずコンビニで恥ずかしい思いを|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

主人がamazonにはまっていて、たくさんの収入を得ているのを見て「私もやってみようかな」と思い始めた私。

ですが、梱包などが面倒だしまず発送についてどうすれば良いのか全く分からなかったのでまず友人に相談してから挑戦することにしました。

主人に聞けば良かったのですが、売りたいものが独身時代に昔の彼氏が買ってくれたものだったので、これはどうしたのかと言われると困るので相談できませんでした。

そのため、友人に電話で相談したのですが、実際に見て伝えるわけではないのでお互い勘違いもあったのか不思議な包装になってしまったのです。

送るはずだったのはロングTシャツだけだったのですが、雨などで汚れては購入者の方に申し訳ないと思って袋で三重にしていました。

いま思えば包装を頑張りすぎていたと恥ずかしく思います。

最終的に包装できたものを友人に写メを撮って送ったのですが、写真では表面だけしか見えないので「綺麗に包装できてるよ」と言われてそれが正しいと思い込みました。

発送日を早めに設定していたので、そのままコンビニに持ち込んで機械でなんとか必要な書類を印刷しました。

そのときも分からなくて、店員さんから大丈夫ですかと話しかけられたり、後ろに人が並んでしまって焦って「お先にどうぞ」と譲ることもありましたね。

やっと印刷できたときには「先は長い」と思いました。

あとはレジに行ったらなんとかしてくれるだろうと思い、そのまま商品を持ってレジに向かいました。

そこまでは良かったのですが、どうやら何重にも包装してしまったせいで規定の大きさを上回る大きさになっていたのです。

自分では「だってもうこのサイズで送るって契約で支払いもしてもらっているし」と焦ってしまっていました。

すると、親切なコンビニ店員さんが「もし良かったらあとちょっとで規定の大きさになりそうなので自分がいま包装しなおしましょうか」と言ってくれたのです。

もう藁にもすがる思いだったのですぐさま頼みました。

すると、袋を丁寧に一枚一枚とってくれて、最初からやり直してくれました。

さすがに厳重に包装されているのを見てみたら笑っていましたね。

「雨だったら濡れたりするかもしれませんもんね」とフォローしてくれたのですが、それが逆に恥ずかしかったです。

「この大きさなら十分規定の大きさに梱包できそうですね」と言われたのでほっとした状態で待っていると、お昼時になったのか急にコンビニにお客さんが増え出したのです。

さすがにコンビニ店員さんも驚いたようで急いで包装をしてくれたものの、昼時のコンビニってレジがこみあいますからちょっとした列ができてしまいました。

なんとか包装を終えてもらって感謝をして帰りましたね。

そのあと数日して、相手側に商品が届いたようで「丁寧な包装で助かりました」とコメントがしてあり、自分ではなくコンビニ店員さんがしてくれたものですと思って、恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

最寄りのコンビニだったので、そのあともその店員さんと会うことも多く、そのたびに覚えられているのではないかと恥ずかしく思っていました。

ですが田舎なもので近くにコンビニなんてそんなにありませんから、そのあともamazonの発送はそのコンビニでするしかありません。

宅配便も遠くにしかないのでコンビニしかないのです。

最近では、店員さんも慣れてしまったようで「最近包装上手になりましたね」と笑いながら話しかけられることもあります。

実は「こんなにたくさん売るなんて、もしかしてお金がなくて困っているのかな」と思ったりしていないかなと感じることもあります。

今では本当に感謝はしていますが、あのときのことを思い出すと今でも恥ずかしい気持ちになりますね。

関連記事

  1. 初めてのamazon|FBA出品・納品代行

  2. 発送完了後にまさかの返送|FBA出品・納品代行

  3. 耕運機の梱包作業に大苦戦|FBA出品・納品代行

  4. amazonにてポスターを発送…どうする?!|FBA出品・納品代行

  5. 普通に取引したいだけだったのに!|FBA出品・納品代行

  6. amazon利用時の心構え|FBA出品・納品代行