ヤフーamazon出品時のトラブルと失敗談|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

自分のヤフーamazon歴は約8ヶ月、今までの売り上げ点数は100品を超えます。

常時100品出品しております。

売上金は送料差し引けば1ヶ月3000円から60000円くらいですが、高価な商品はすべて売ってしまったので今後の月間売り上げは10000円超えたらラッキーかなくらいです。

amazonに関してはビギナーに毛が生えた程度、現在では安価な商品ばかり取り扱ってます。

ここで、ヤフーamazonで苦労した話、クレーマーの対応と、自分が配送時に失敗したことを語りたいと思います。

まずは、クレーマーの件です。

自分の販売品はオール中古なので、当たり前ですが、他の出品者の皆様と同じように中古であることをアピールした上で文末に必ずノークレームノーリタンと表記しております。

腹立つようなクレーマーに遭遇したのは今まで二件です。

1つ目は旅行前に買ったフランス語の辞書、買った当時から1ページ目がめくれておりその後使わず未使用。

そのようにきちんと本文に明記致しました上で販売金額は90円です。

出品してから3ヶ月経ってありがたき入札のお知らせです。

落札後に梱包し発送しましたが到着後に速攻クレームメールがamazon内で知らされました。

入札者「1ページ目がめくれておりますが、返金していただけないでしょうか。
」。

クレームが初めてだったのでとても怖かったのですが、その方の評価欄を見たところ悪い評価が多くて驚きました。

とりあえず、謝った上でノークレームノーリターンと最初から明記してあることを告げましたが一日中うらみつらみのメールが届きました。

本当に怖い、なんでこんなにこの人は暇なんだろう。

この時間をバイトにあてたら新品のフランス語の辞書が買えるのに。

まさか、仕事中にこんなにメール送りつけてるんだろうか。

入札者「悪い評価をつけてやる、詐欺。
」。

自分はもう悪い評価をつけられても構わないと思ったのでこうメールを打ちました。

自分「大変申し訳ございませんが、返金などの対応はしておりません。

悪い評価をつけても構いませんが自分もつけます。
」。

その後は一切連絡はなくなり悪い評価をつけられることもなく終了しました。

怖すぎるのでアクセスブロックをすることにしました。

2つ目は白檀の高価なセンス、新品購入したら万単位。

自分は中古品であることと、素人なのでセンスについての知識がないので劣化具合が判断できないことと、ノークレームノーリターンであることを記述しました。

値段は500円程度です。

この商品については購入前に購入者からたくさん質問が来ましたが、素人なので判断できないことと、ご期待に添える商品ではないかもしれませんと告げました。

また、すぐに発送できるかとも聞かれたので、出勤前に時間の余裕があればできるともお伝えしました。

商品到着後、クレームメールのご連絡が来ました。

入札者「シミやヤケがあるので返金していただけないでしょうか。
」。

自分はひたすら謝った上で、シミやヤケがどれなのか自分にはわからないと申しました。

その後、また、入札者からお金を返せと一日中メールが届きました。

本当に怖い、怖過ぎます。

しかし、この入札者には悪い評価がありません。

でも、自分は商品について完璧できれいなどとは一言も言ってませんし、自分で判断できないと事前に説明してあります。

あまりにも怖いのでヤフーカスタマーセンターに相談することを勧めました。

ヤフーamazonカスタマーセンターが自分が悪いと言うなら仕方ないと思ったからです。

しかし、ヤフーamazonカスタマーセンターに自分が注意されることはありませんでした。

その後、入札者からは住所と連絡先を教えて欲しいなど言い出されるようになりました。

怖過ぎです、こんな人に教えたら仕事中にずっと電話かかってくるんだろう。

しかも、家にお金取り立てに来そう。

そしてこの入札者からもお決まり文句を言われました。

入札者「返金に応じないなら悪い評価をつけます。
」。

自分「大変申し訳ございませんが、返金などの対応はしておりません。
悪い評価をつけても構いませんが自分もつけます。
」。

この対応によりこちらの入札者からも一切連絡がなくなりました。

はっきり言ってどちらの商品も怖いやりとりのダメージとamazonに費やした時間を考えたら元が取れません。

捨てたほうがコスパが確実に良いと思いました。

次は、配送時の自分の失敗について語りたいと思います。

5円で出品した衣類についてです。

ヤフーamazonではお互い匿名配送にできるゆうパック(おてがる版)と言う方法があります。

これは、ローソンや郵便局で先にバーコードを当ててから発送手配をします。

自分は間違えてうっかり配送通知を先に出してしまいました。

そしたら、バーコード画面が出てこなくなりました。

慌てて落札者にゆうパックで配送したいので住所名前連絡先を教えて欲しいと言いましたが教えてくれませんでした。

ヤフーamazonカスタマーセンターに問い合わせしたところ、同様の回答しかもらえず、改めて落札者に確認しても教えてもらせませんでした。

返金ができなければ配送もできない、本当に落ち込みました。

結果、同じ商品を1円で出品し、5円で出品した商品の受け取りボタンを出品者に押してもらうで解決しました。

しかし、ここまで行き着くために使ったパソコンやスマホの電気代の方が5円を確実に上回っていることでしょう。

自分の失敗は後で直せるが、クレーマーはいつくるのかわからない。

こんな経験をした上であまりにも安い商品は売らず捨てたほうが良いのではないか思う今日この頃です。

関連記事

  1. amazonの出品で苦労していること|FBA出品・納品代行

  2. 出品する前に確認を!|FBA出品・納品代行

  3. amazonの苦労した体験談|FBA出品・納品代行

  4. 大きな商品の発送で困りました!|FBA出品・納品代行

  5. こんなに大変なんて・・・|FBA出品・納品代行

  6. amazonの落とし穴配送料や商品の有効期限にはご注意を|FBA出品・…