初めてのおつかいならぬ、初めてのamazon出品|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

初めてamazonに出品をした時にあった、アクシデントについてご紹介します。

家の中で使わなくなった物や余計に購入してしまった物を売って、少しでも家計の足しにしたいと思い、amazonを始めてみることにしました。

そういったamazonやamazonでは、今まで買い手ではあっても、売り手としてやっていくのは初めての経験だったので、梱包の方法やどういった配送方法があるのかなどをきちんと確認しました。

でも、数年前にamazonで出品しようとした時とは全然違い、アプリで出品手続きする中で、配送方法の選択ではどんなものがあり、重さや長さの規定についてまで書かれていたり、amazon専用の梱包資材の案内があったりして、慣れなくて不安だった私でも、分かりやすく、出品までは難なく出来ました。

今回はダイエット商品として人気の、トリプルカッターという商品を出品しました。

トリプルカッターで出品したのは2つあり、1つは箱を未開封のもの(全)、もう1つは使いかけで7包だけのものでした。

料金設定はどのくらいが相場なのか分からず、とりあえずの金額を設定して出品し、同じ商品を出品している他の出品者さんの料金を見て考えてから、料金を変更しようということで、次に調査しました。

調査してみると、原価およそ8000円に対し、安くて5500円、それより上でも5600円位で売れているものが多く、原価の約32%?31%OFFの値段設定が妥当なのかということが分かりました。

それでも、やはりお金への執着があり、「8000円もして買ったのに、5600円程度で売ってしまうのはもったいないなぁ」とか「でも、そもそも賞味期限がきたら8000円で買った物でもタダ同然の価値に成り下がる位なら、5600円でも大した収入だよ」と自分で葛藤し、最終的に自分なりの妥協で、5700円に金額設定し直し、コメントで「値引きしてほしい」などあったらまたその時に考えようと思いました。

出品してすぐにコメントがつきました。
コメント内容は、「箱なしで5500円で購入できますか?」とのこと。

ここで希望金額にすぐに応じるのが良いのか、少し悩んだ挙句、私は「箱なしでしたら、5600円でいかがでしょうか?」と駆け引きに出ました。

どうだろう?と内心ドキドキしながら、正直家事もあまり手に付かなくて困りましたが、コメント4つやりとりして、「購入したいと思います」とお返事頂き、かなり嬉しかったです。

でも、コメントで購入意思を示して頂いても、実際に購入されて、取り引き終了までが本番、中々購入されましたの通知が来ず、「あれ?おかしいな」と思いamazonアプリを確認したところ、私が金額設定を変更しないままでいたからでした。

12時間位経って、ようやく気付き、すぐに金額設定を変更しましたが、その方はもう見ていなかったのか、その後1日経っても購入されなかったので、申し訳ない事をしてしまったなと反省しました。

後で知ったことですが、出品者さんによっては、コメントで購入意思があったらすぐに、その方専用の購入ページを作成してしまうという手段もあったんだなと思いました。

そうしているうちに、今度は別の方から、即購入され、購入手続きに入りました。

正直すぐ売れて嬉しいような、でも初めにコメントくれた方にはとても申し訳ないような複雑な心境でしたが、目の前のお取り引きを誠実に確実に行わないと、と気持ちを切り替えました。

ただ、ここでまたしてもアクシデント発生しました。

購入頂いた日は、大型台風が近づいているタイミングで、日本の大多数の地域でかなり警戒されており、ニュースは一日中台風についての報道しているような状況でした。

なにが問題かというと、自ら出品時に発送までの日数を1?2日に設定してしまってある事、そしてその日宅配営業所は終日受付をしないとなっており、さらにはコンビニも営業停止しているような状況で、この先どうなるか分からなく、その旨を先にプロフィールなり、商品紹介などに載せておくべきだったなと反省しました。

その後すぐ、取引のコメントで、台風の影響により宅配営業所や郵便局が受付をしていなく、発送が遅くなる旨を購入者様へ伝えました。

台風が来るのも気が気でないですが、取引が無事に終わるだろうかも気が気でなりませんでした。

その翌日、郵便局と宅配業者にそれぞれ電話をし、受付をしていると確認がとれた郵便局経由で配送手続きすることにしました。

今回、出品した2点とも同時期に売れて、取り引き中だったもので、2点一気に郵便局で配送手続きしに行きました。

ゆうぱっく便でと、郵便局受付の方に伝えると、端末でバーコード処理をし、出てきた伝票らしきものを持って再度受付してくださいとのことでした。

2点分のバーコードを読み込ませ、伝票らしきものを持って再度受付に並び直したところで、かなりヒヤッとした事がありました。

それは、匿名配送なので、どちらがどちらの伝票かと、そして、確認するのに、amazonアプリのどこをどう見ていいか分からず、あたふたしているうちに自分の番が来てしまい、焦りました。

結局、受付で少々手間を掛けてしまいましたが、しっかり確認ができ、間違いもなく取り引きを無事に終了する事が出来ました。

色々ありましたが、やはり臨機応変な対応と誠実で素早い対応が大事だと今回痛感しました。

関連記事

  1. プラモデルが、壊れてしまった時|FBA出品・納品代行

  2. amazonで発送した商品のクレームが入った時のトラブル|FBA出品・…

  3. 梱包作業に四苦八苦!|FBA出品・納品代行

  4. UFOキャッチャーのアイテムをamazon経由で配送するときのコツ|F…

  5. 600円のラバストが4500円になった話|FBA出品・納品代行

  6. 手間と価値と需要のトライアングル|FBA出品・納品代行