意外!厚手衣類の梱包が大変なんです|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonamazonを数年前から利用していますが、楽しい反面嫌なことも大変なこともあってたまにテンションが落ちてしまいます。

しかし、それでも数年amazon生活が続いているのはやっぱりある程度のメリットがあるわけで・・・そのメリットがデメリットより大きいからなんとか続けられているだけだと思います。

まず、amazon生活をしていて大変だと思うのはコメントのやりとりや購入者とのやりとり。

コメントのやりとりでは意思の疎通が難しい人がいたり言葉遣いがちゃんとしていない人もいて、購入されたとしても不安しかないことも。

顔の見えない取引は言葉がとても大切になりますよね。

言葉遣いがなんかちょっとおかしかったり、言いたいことを理解するのに苦しむような文章を書いてくる人とは正直言って取引したくない。

購入者とのやりとりにしても、無言で購入されて購入した後の取引メッセージで商品に関して質問してくる人が少なからずいます。

商品に関する質問は購入前にするのが普通だとわたしは考えているので、無言購入後の取引メッセージであれこれ質問してくる人には正直良い気持ちはしません。

一般常識がないというか一般常識が欠けていそうな人と取引する場合評価が心配になりますし、取引終了するまでの間緊張が続きます。

いろんな人がいるのは分かっていても自分が大切にしてきた物を譲り渡す先は出来たら気持ちのいい人がいい。

そのため最近は、相手の評価を確認して評価に問題がないか確かめるようにして、悪い評価が多い人や普通評価であってもその内容を読んで人柄を把握するクセがつきました。

評価を見ているとその人がどんな性格なのか何となくだけど分かります。

ですから、コメントが来てその内容が気になったりしたときは、とりあえずその人の評価を確認して問題ない人かどうかをチェックしています。

問題ありそうな人だと感じたらコメントの返信を素っ気なくしたり、オススメしない内容にするなり逃げるようにしています。

コメントを無視することも出来ますし出品を取り消すことも出品停止にすることも可能ですが、わたしはそこまですることは滅多にありません。

こちらが取引を遠慮してもらいたいと思う気持ちってなんとなく相手に伝わるんですね・・・。

数年amazon生活を続けてきて逃げるテクニックを上手く使えるようになりました。

さて、amazon生活をしていると商品の梱包にもだんだんと慣れてきますが、未だに難しいと思うのは厚手の衣類です。

衣類なら梱包は簡単だと思ったら大間違い・・・衣類の梱包は人柄が出やすいのできちんとしないと評価に響いてきます。

なるべく送料を抑えたいため厚さ3センチ以下に調整するのが大変なんですね。

ゆうぱっく便の場合厚さ3センチ以内で規定の範囲なら175円の送料負担で済んでしまいますから、衣類ならなんとしてもこのサイズに収めたい。

薄手の衣類やTシャツなら無理しなくても余裕でこのサイズに収められます。

しかし、秋冬物となるとシャツ1枚でもぎゅうぎゅうになったりして、圧縮してやっと3センチ以内に収めることが出来ることがザラ。

圧縮袋は使わず普通の袋を使うため中の空気を抜くのも一苦労。

テープを上手く貼らないと空気が入ってきてしまうから品物によっては四苦八苦しながら梱包することも。

キレイに仕上がって厚みも3センチ以内に収められるとなんとも言えない達成感がありますよ・・・まだ梱包作業が済んだだけだというのに。

大きな物の梱包が難しいのはもちろんですが、こんな風に衣類でも送料を抑えるために時間をかけてやれるだけのことをやっているのです。

それでも日々勉強だと思いながらamazon生活を楽しんでいます。

関連記事

  1. ステッカーをamazonで売り払った|FBA出品・納品代行

  2. 売れたは良いけれどその後が大変でした|FBA出品・納品代行

  3. ライブのCDを転売することに|FBA出品・納品代行

  4. 柴犬よ、少女の元に届け!|FBA出品・納品代行

  5. amazonにてポスターを発送…どうする?!|FBA出品・納品代行

  6. 簡単そうな婦人服の梱包に骨が折れる|FBA出品・納品代行