意外と大変だった電子ピアノの配送|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私がamazonで出品したのはヤマハの電子ピアノです。

子供がピアノを習いたての頃購入したもの。

ピアノを習いたいと子供か言った時に、それなら何か弾けるものを用意しなければと思い、中古楽器店で売ってもらったものでした。

その後順調にレッスンが進み、やはりアップライトピアノくらいは買ってあげた方が良いだろうと考え始め、電子ピアノが不要になったのです。

使用したのはたったの2年でしたが、中古品であることから、amazonに出しても入札があるか不安でした。

それでも2人だけだったものの買いたいという人がいてくれて、無事に取引に進みホッとしました。

というわけで出品に関しては思いの外順調に進んだ訳なのですが、意外と面倒だったのが出荷作業でした。

ピアノを出品する前、配送してくれるところを先に探しておくべきだと思ったため、ピアノ専門の配送業者に確認しました。

すると電子ピアノであっても一定の大きさのものは運んでくれるとのことで、安心していました。

しかしいざ落札者と話してみると、ピアノ専門の配送業者にでは配送料金が高くつくから嫌だと拒否されてしまいました。

落札者の方もピアノを落札するにあたっていろいろと調べたらしく、引っ越し屋さんや宅配便の家財宅配便を利用してほしいとお願いされました。

私は正直ちょっと面倒だなと思いましたが、配送料金を支払うのが自分でないことを考えれば、言われた通りにするしかないと大手宅配会社に電話をし、電子ピアノを送ってもらえるか尋ねました。

最初に聞かれたのがだいたいの大きさです。

大きさ的にはクリアしたようで安心しましたが、次に聞かれたのはどこからどこに運ぶのかということでした。

というのも、一階か二階か、或いは道路から玄関まで離れているか、玄関にはステップがあるか等によって運べるかどうかが変わってくるそうなんです。

幸い私の家にある電子ピアノは、玄関近くの窓のすぐそば。

しかも玄関は道路沿いでした。

つまり玄関に十分な広さがなくても、窓から出してしまい、すぐにトラックへ乗せてもらえる位置にあったため大丈夫ですと伝えました。

ただ肝心なのが落札者の家の方です。

電子ピアノを宅配業者に預けたものの、相手の家に入らずトラブルになったら元も子もありません。

だから私は業者さんとの電話を一度切り、落札者にメールして宅配業者の家財便で送ってもらえそうなことと、道路から玄関の位置、そして電子ピアノを置きたい場所やそこまでの通路のスペース等を事細かに質問しました。

amazonでの相手とのやり取りは全てメッセージ伝いだったので、聞きたいことはたくさんあるのに、一つ一つ入力して送るというのがかなり大変でした。

それでも聞き忘れがあると、また宅配業者の電話を切って落札者に連絡という流れを繰り返すはめになるので、頑張って詳細まで確認しておきました。

落札者に質問している間は、電子ピアノが通れないようなところだったらどうしよう、宅配業者に断られたらどうしようと終始不安でした。

落札者の方も、そんなに面倒ならやめますといついってくるのかヒヤヒヤしていましたね。

しかし私はとても幸運だったようで、落札者は取引の間ずっと好意的に接してくれました。

宅配業者のことを伝えても前向きに、どこを通れば電子ピアノが入るか教えてくれて、言われた通りを宅配業者に伝えました。

そしたらやっとオッケーが出て、集荷の日が決まりました。

ここまで決定した時は本当に嬉しかったです。

出荷作業にかなり手間取ったため達成さんすらありました。

ちなみに梱包は宅配業者が傷がつかない程度のものを持ってきてくれたため、こちらで用意する必要はありませんでした。

関連記事

  1. 悪い評価を気軽につけやすいamazonでの苦労|FBA出品・納品代行

  2. アイドル写真がこんなに高く売れた|FBA出品・納品代行

  3. amazonの梱包は大変だけど面白い|FBA出品・納品代行

  4. 厚底靴の発送は中々大変|FBA出品・納品代行

  5. amazonについての感想|FBA出品・納品代行

  6. 頑なに自宅への発送を拒む人|FBA出品・納品代行