Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

ステッカーをオークションに出すことにしました。

ただのステッカーではなく、とあるイベントで手に入れることができるものであり、要するに非売品ということになります。

それでも所詮は単純に誰でももらえるステッカーですからそんなに高いものではないので、1枚800円で出品してみることにしました。

場合によっては500円くらいまで下げるということを考えてはいたのですがそれなりに人気があったのか、むしろオークション形式でしたので値が上がっていき1200円で売るということができるようになりました。

問題となってくるのがどのような形で送るのかということです。

送料をこちら持ちにしたので少しでも安く送ることができるのであればと考えて普通郵便のような形でをくれればと考えました。

それはよかったのですがステッカーですからそんなに大きいものではなかったのでそれがぴったりと入るようなサイズでということで封筒を加工して作ってみたのですが、実際、これがいくらで配達してもらえるのか、ということがわからなかったのです。

郵便局に直接言えば分かるでしょうが、今はネットがありますのでそれで料金を調べてということであったのですが定形郵便というのが最小という単位があるらしく、つまりはそれ以下では定形郵便として送ることができないのではないかと思ってちょっと不安になりました。

ですから、とりあえず封筒のままの形にするということで少なくても定形郵便として送ることができるだろうと考え、封筒に入るような形での梱包をする、ということになりました。

まずはサランラップを用意してそのステッカーを包みました。

これは水に濡れても大丈夫なようにという配慮です。

ステッカーは一枚ではなく2枚なので1枚ずつ包もうかとも思ったのですが、さすがにそこまでする必要性もないだろう、ということで二つに重ねてその上からサランラップを巻くということにしました。

しかし、これだけでは折れてしまうということもあるでしょうからもう一つ特殊なやり方で包むことにしました。

それがダンボールで挟むということです。

ダンボールをステッカーよりも二周りくらい大きくカットします。

それを二枚用意します。

そのダンボールを使ってステッカーを挟み、おられないようにということで配慮した積み方をしたということです。

基本的にはこのやり方で十分に送ることができるであろうと考えて、後は封筒に切手を貼ってそのまま普通郵便としてポストに入れました。

郵便事故がさすがにそれなりに怖いという部分があるのは仕方のないことではありますが、キチンと届きました、という連絡がきましたから無事届いてよかったです。

封筒は基本的にそんなに入手することが難しいことではないのですがダンボールは適度なものがすぐに見つけることができるというわけではないです。

なにかしらよくオークションなどで物を売っている、ということがあるのであれば普段からある程度はダンボールを確保しておいたほうがよいでしょう。

私も実際、そのためにいくつかのダンボールを家においてあります。

梱包材がない、ということで意外と困ることが多いのです。

ですからそこそこの数の、色々なサイズのものを用意していて、それで対応するようにしています。

郵便局とか或は宅配業者などのお店でそれ専用のダンボールなども売っていたりしますがわざわざ買う気もしないので自分で用意しています。

今回は封筒とちょっとした挟むための材料としての僅かなダンボールでしたから、極端に困るということではなかったのですがこれがそこそこ大きなものが必要になる、ということになりますと困ることが多くなりますから事前に用意しておきたいものです。

初めてのメルカリで苦労

私は半年くらい前にメルカリを始め、その出品した商品が実際の価格と比較せず新品未使用でかなり安く出品したこともあってか、思いのほか問い合わせが多く返事を返すことにまず苦労しました。
相手と自分の個人情報を知らないまま出来る郵送方法があるとも知らずに適当に出品しいざコンビニで梱包の箱を買って郵送しようと思ったら意外と手間も多いしどうやってやるんだろうといった苦労もありました。
逆に新品未使用で出品し、他の方より安く出品しているのにも関わらず全然売れないこともあり、何がいけないんだろうとか悩んだときもあったし、実際に購入したときも思ったものと違うものが届いたり、新品で売られているのより高く売られているのを間違って購入したときもあってネットでものを購入するのはきちんと説明を見て買わなければいけないんだと改めて認識しました。
例えば化粧品を出品した時にはものが割れない様にクッション材を入れて割れない工夫もしなければいけないし、私は正直自分が購入するときでも出品する時でも無言で進めて頂いたほうが手間がなく面倒くさくないので無言でもいいのですが、中には無言だと嫌だとかメッセージを送って数回やりとりをしたいという人もいるので大変でした。
無言購入と無言出品でしたときに、私に対する相手の見方がよくなかったのかあまりいい評価をつかられなかったりもするので、一言くらいはメッセージを送ったほうがいいのかなと思いました。
また、個人情報が見えない送り方もあるのですが中には個人情報が見える送り方もあるので出品する側になれば個人情報を扱っているので気をつけたいなと思うし、逆に購入した側になれば個人情報が漏れていないかなとか不安になる部分はありますが、それより私的には安く購入したいなと思うのと個人情報が漏れることはまずないだろうと変な安心感があるので今後はより一層気を引き締めて購入したなと考えています。
あと私は出品するときにどういう商品かとかの文言を書くのが苦手で、例えば服とかだとサイズを細かく聞かれたりするので正直面倒くさいなと感じるところもあります。
私自身、服を購入したとしてもSMLのサイズさえわかれば、着丈とか別にどうでもいい人なので。
もし長かったりして合わない場合は、まあ安かったし仕方がないよなと思うようにしています。
でも、こういうフリマアプリっていろんな人がいるなと感じるのが、値下げをしないと何回も言っているのにも関わらず〇〇〇円にしてくださいとしつこく言われたこともあり、そういう方に対してどう対応すればいいのかなと考えたときもありました。
無視をするとまた何回も送ってきて嫌がらせともとれるような発言をしてきたりもあります。
また、手作りのアクセサリーなどを出品されている方もいて、私がきちんと聞かなかったのも悪いのですが写真の光の関係で紫に見えていいなと思って購入していざ自分の手元に届いたら違う色だったとかもあるので、メッセージで確認するべきだったなと考えました。
また追跡番号がない普通郵便で送ってもらったときに間違えて前の住所を登録していてもうそこには違う方が住んでいたので、事情を伝えて再度同じ値段で送ってもらったこともあって大変でした。
あまり私自身、説明文を読んだり聞いたりしないのでこれからはきちんと読んで分からないことがあれば聞こうと思いました。
また、安いと思って買ったやつが地元にあるフリマ店でもっと安く売られているのを見て少しショックを覚えたことがあってネットで大体の相場だったりを見てかえあもう一度購入について考えるといった行動も大事だと思うし、これからも大変なことはあると思いますが利用させて頂きたいと考えております。

使う時より売った後の方がダイエット?思いつきに気をつけて!

私は、フリマアプリでときどき不要になったものを売っています。
家にいながら売れて、しかもお金は自分のところに入ってくるなんて最高ですよね?
私がよく売っているのは、子どもの時に使っていたおもちゃや、読まなくなった本など、比較的小さなものが多いんです。
でも、ある時、売りたいあまり何も考えずに出品したら大変だったものがあります。
それは、「レッグマジック」です。
そうです。
あの脚痩せダイエット器具として知られ、一時期すごく人気でしたよね!私も脚やせがしたくてしたくて買ったんです。
そこからどうなったかって?使いましたよ、1・2回は。
でも、使っている時に「ピキッ」ってとっても嫌な音がしたんです。
腰を痛めてしまって、そこからクローゼットの奥の奥に封印でした。

次に見たのは大掃除の時です。
いらないものを捨ててしまおうと思って、片っ端からいらないものを捨てて、売れそうなものは売っていました。
そしたら、久しぶりに私の腰を痛めた「レッグマジック」が姿を表したのです。
「あんまり使ってないし、売れそうじゃん!」と思って早速出品しました。
そうしたら、1時間もしないうちに「売れました」という通知が来たのです。
利益は3000円でした。
自分が思っていたよりも早く売れてしまって、すごく嬉しかったんです。
しかし、私は大事なことを忘れていました。
「梱包」という作業です。
発送日を確認すると、「1?2日で発送」。
これは急がなきゃと思って早速準備に取り掛かりました。

いつもだったら比較的小さいものを売るので、ビニール袋と紙袋はきちんとストックしておいてあります。
ですが、レッグマジックが入るような大きな箱はありませんでした。
「そうだ、段ボールがある!」と思いましたが、残念です。
前日にまとめて資源回収に出してしまっていました。
もう嬉しさよりもお客さまを待たせてはいけないという焦りの方が何倍も何倍も勝っていました。

まず、取り掛かったのは段ボール探し。
家の前のスーパーマーケットに走って、自由に持って帰れる段ボールコーナーを拝借しました。
そうしたら、高さがあって横幅もあるレッグマジックが入りそうな段ボール箱を発見したんです。
「よかったー」と思って、さっそく入れようとすると、なんとレッグマジックの頭(持ち手)部分が、見事にぴょこんと飛び出るんです!何とか押し込もうと頑張りましたが、入るはずもなく、次を探しました。
次は近くのドラッグストアです。
またまた走って今度はさっきよりも大きな段ボールをいただくことができました!家に帰って入れてみると…「入った?!」。
ただ段ボールにレッグマジックが入っただけなのにこんなにも嬉しいとは思いませんでした。
しかし、もう一つ問題が。
少し段ボールを横に揺らすと「ガタンゴトン」と電車のようにレッグマジックが揺れるのです。
今度は衝撃吸収剤探しです。
これは幸い家の中にプチプチや新聞紙があったので、隙間がなくなるまでひたすら包んで詰めてを繰り返しました。
やっとのことで配送です。
持ち運ぶときのことを全く考えていなかったので、持ち手も穴もない段ボールを運ぶのはとっても大変でした。
さすがにコンビニに持ち込むのは気が引けて、ヤマト営業所さんに頼みましたが、大変だっただろうなと反省です。
発送から3日後、お客さまから評価が届きました!ビクビクしながら見ると、「丁寧な梱包ありがとうございます。
ダイエット頑張ります!」とのことでした。
優しすぎると感動しました。
これにて任務完了です。

レッグマジックを使った回数より走ってバタバタして、レッグマジックを売った時の方が足痩せできたんじゃないかってくらいの気持ちでした。
みなさん、物を売る時は、きちんと梱包資材を準備してから売りましょうね!