Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

趣味の移ろいが激しく、不要になった趣味の物や関連書籍をよく出品しています。

机の上に収まるサイズの物がほとんどなので撮影・出品にはさほど苦労はしていませんでした。

しかし、すっかり忘れていたのが梱包のこと。

なまじ小さい商品なので、Amazonの箱やスーパーマーケット等でもらえるダンボール箱だと梱包には大きすぎる。

宅配便もゆうパックも送料は大きさ準拠なのでダンボール箱のサイズはなるべく小さく抑えたい。

しかし手作業でダンボール箱の大きさを調節してガムテープぐるぐる巻きにすると見た目がよろしくなく、悪い評価をつけられてしまうかもしれない…。

フリマのためにわざわざ出費するのもなんだかなと思いつつ、低評価でその後の売れ行きに難が出ても困るので、悩んだ結果A5やA4のきれいなダンボール箱をまとめ買いすることにしてしまいました。

10枚で1000円以上するのでどうにかモトを取らせてくれ思いながらポツポツと出品していますが、おかげで梱包に関して評価を下げられてしまうことはなく、今のところ星5つをキープできています。

むしろ「梱包が丁寧でした」とのレビューをいただくこともあり、やはり届いたときの第一印象に関しては妥協しないほうが良いなと改めて思わされた次第です。

自分も、人から届いたときにガムテープがあちこちに貼られてどこからカッターの刃を入れて良いのかわからないようなダンボール箱で商品が届いたときは戸惑ってしまいましたので。

収支に関してですが、まず最初の一回で出ていった金額が多いのであいにくまだ「儲けている」とは言えませんが、まあまあ黒字といったところです。

ダンボール箱の中に詰める緩衝材は再利用でもそこまで中古っぽさは出ないと思い、Amazonなどで通販したときに入っている大きな紙やプチプチを使用しています。

一辺数十センチの紙がどんどん溜まるのでちょっと邪魔ではあるのですが、さすがに緩衝材まで自腹を切っているとフリマサイトでは赤字になりかねません。

ゆうパケットや宅急便コンパクトなど小さな箱に詰める緩衝材は、箱を膨らませない程度かつ商品が動かない、ちょうど良い量に調節する必要があるので何度か試行錯誤が必要で、その点は少し苦労しましたが、もとがタダなので思い切りハサミを入れることができます。

自分が通販をしたときに新聞紙を詰めてこられることも多々あり、それは構わないのですが、自分が送る商品には書籍もあり、OPP袋に入れているとはいえ、インクが付着する可能性のまったくないわけではないので、自分が送る側のときは新聞紙の使用は避けています。

開封のときに手が新聞紙のインクで汚れるのを嫌がる人もいるかもしれないし、考えられるリスクはできるだけ避けて、且つ赤字が出ない方法を取らないとならないので、フリマサイトを利用するにも意外と気にしないとならないポイントが多いことに、出品してから思い至りました。

最も焦ったのは、落札していただいてから送料と出品価格がほぼトントンであることに気づいたときです。

何を出品したかというと、ロール状になった生地で、直径は5センチ程度でも長さが1メートルを超えていたためサイズとしては100サイズ以上。

送料は1000円を超えました。

業者から買ったときはもっと送料安かったはずなのにと思いましたが、それは宅配業者と業務提携をしているか商品価格に乗せているからでしょう。

自分が出品するときは、買ったときの送料を基準にしないで、ちゃんと自分でサイズを測って送り方を十分調べてから価格を設定しないとならないとこのとき気づかされました。

スマホで手軽に商品情報を入力できるのでそのまま勢いで値段も「これくらいで」と付けがちですが、それをやると後で落とし穴が待っているので十分気を付けようと思った次第です。

梱包の際はプチプチで巻くのが普通だと理不尽に怒られた話

ヤフオクでユニクロのセーターを230円で落札されて梱包がなっていないと非常に悪い評価を頂きました。
商品説明欄には宅急便のみでの配送としていたのでダンボールに入れて後は代金の支払いを待つのみとなっていました。
落札者からは中々連絡がなく、こちらから「代金のお支払いはいつになりますでしょうか?」と連絡をしてみたのですが、全く反応はありませんでした。
これはイタズラ入札かなと思っていたときに落札者からの連絡がありました。
「お金を用意するのに時間がかかっている。
もうちょっと待ってほしい。
」230円の商品なのにすぐに支払えないのだろうかと少し疑問に思っていたのですが、相手がお支払いするのを待っていました。
そしたらお支払い期限ギリギリになって「ふつうこんな安い商品はレターパックだろ。
配送方法変更してくれ。
」と連絡がありました。
こちらは宅急便のみと設定して落札者もわかっていたはずなのにお支払い期限ギリギリの理不尽な要求をされこちらもイラッとしたのですが、「非常に悪い評価をつけるぞ」などボロカスに言われ渋々レターパックでの配送を了承しました。
落札者に「レターパックなので梱包は商品をいれるだけになりますが大丈夫でしょうか?」と質問したところ「かまわないからさっさとしろ。
セーターが着られない時期になったらお前のせいだぞ。
」と言われたので、変に悪い評価をされ粘着されるのが怖かったことから「ではレターパックで配送いたしますので送料と商品代金のお支払いをお願いします。
」と返答致しました。
料金を支払ってもらうまでも色々なクレームや出来事があったのですが、なんとか商品代金と送料をお支払いしてもらいこちらも商品を発送しました。
発送後しばらく時間がたって商品は到着しているはずなのに受け取り連絡が全くなかったので、落札者に「商品の受け取りが完了していましたら受け取り連絡をよろしくお願いします。
」と連絡したところ、即座に「お前は頭が悪いのか?普通商品を発送するときはプチプチで梱包するのが当たり前だろうが。
商品が痛んでいた。
支払い代金の返金と迷惑料を払え。
」と言われました。
こちらは何度も落札者に「レターパックに直接入れるだけですけど大丈夫ですよね?」といった内容を送っていたにも関わらず理不尽なクレームを何度も言ってきました。
これはもうどうすることもできないと思いYahooオークションに問い合わせたところ、当事者同士の揉め事には関与できない。
と一方的に言われ、それ以降何度も問い合わせをしてみたのですがYahooオークションは無視状態。
段々とこちらがプチプチで包んで発送しなかったことが悪かったのではないかと思い、落札者に「では着払いで結構ですので商品を返品してください。
返品を確認できましたら代金を返金致します。
」と提案したところ落札者から「普通商品はタダにして返金するのが常識だろうが。
梱包もできない、取り引きでも無駄が多い。
悪いことは言わないからヤフオクやめた方がいいよ。
」と言われ、もうこれは言い争っても拉致があかないしダメだなと思い無視することにしました。
その後相手から何度も連絡があったみたいですが無視していたので途中でパタリとやみました。
落札者の評価は1でこちらの評価は2000を越えていたのでタダのクレーマーだったんだなと思うようにして、安い商品はもう出品するのをやめました。
商品が安ければ安いほど梱包に対してのクレームが凄いことを学んだ学習料だったと気持ちを切り替えました。
この後から落札者がどんな人でもかなり重労働になりますが、商品をビニール袋で包んでその上からプチプチで巻き、ダンボールで包むというのを徹底したらクレームもなく感謝の言葉を頂くようになり嬉しく感じています。

売れたことが嬉しくて

2年前、初めてフリマアプリを利用しました。

いらないものを売って、100円でもいいから自分のお小遣いを稼ぎたいと思ったのがきっかけです。

結論から言いますと”売れた”という事実がとても嬉しくて、単価や送料を一切無視、確実に買ってもらえる値段に設定していました。
ここが今思えばバカだったなぁ…と後悔しています(笑)
まずは32mmのヘアアイロン。
こちらは大きいし重いので送料も考慮して値段設定をしないといけません。

ですが売りたい一心で900円とか800円で売ったと思います。

ほんと何やってるんだか(笑)
案の定、送料の方が高くついて利益になりませんでした。

その後も厚底ヒールの重たい靴や鞄、DSなども売りました。

全て最高に安い価格で!
売れましたが、送料がまあまあかかってしまったため、全然利益になりませんでした。

最初の頃は売れればいいや!と思っていたので気にしていなかったのですが、実績を積むにつれて、損ばっかりしていたことに気づくのです。

もっと考えて出品していたら、1万-2万は利益になったのに!
無知って怖いものですね(~_~;)
そこからかなり考え、出品するようにしました。

1番苦労したのは梱包方法です。

梱包方法を工夫するだけで、送料が大幅にカットできるし、
利益が多くなるのでネットでたくさん調べ、郵便局や宅急便の安いサービスなどがあることも理解したうえで出品や価格を設定する様になりました。

やはり軽くて送料が安く済むものを売るのがいいと結論に至りました!
郵便局から200円以内で発送できるものを積極的に出品し、切手を貼ってポストに投函できるものは投函で発送しました!
2番目に苦労したこと、ハンドメイド作品の出品です。

私はハンドメイドも趣味でしていて、作品を作っては出品していたのですが、売れる時は売れて、売れない時は本当にびっくりするほど売れなくて、くじけることもありました。

世間がお給料日前や、月末月初の支払いがある時期は売れませんでした。

でも、不思議なことに一つ売れたら次から次に売れるんですよね。
なぜでしょう、とても不思議です。
 
どうしても売れない時は価格を下げてみたり、はたまたあげてみたり。

価格を下げたのにさっぱり売れなかったり
価格をあげたのにあっさり売れたり、
難しいけどそれがとても面白いと思いました。

ハンドメイド作品の販売において、どれだけ利益を多くするか工夫をたくさんしました。

材料をなるべく安く仕入れ、厚みのでないように梱包し、お客様からのいい評価を受けれるように一人一人にメッセージをかいたり。
それは今でも徹底しています。

結果、材料や梱包材を100円ショップで揃えて販売するのが1番効率的ということがわかりました!
ハンドメイドで月に1万円は稼ぐことに成功しています!
その他大変なことは、私は編み物を中心に作っているので時間がかかるということ。
時給に換算すれば100円?200円いけばかなりいい方!
その辺に関しては今も苦労していますが、なんやかんやでゆっくり自分のペースで作って販売しています。

あとはご購入いただいたら24時間以内に発送を終わらせること。

できるだけ早くお手元に届くように、早めの発送を心がけています。
いつも郵便局で発送をします。
郵便局まで徒歩5分ぐらいですが、売れる時は毎日足を運んでいました。

それはさすがにしんどかったけど、ダイエットにもなるしいい運動にもなると思って頑張って歩いています。

今は妊娠9ヶ月目で、特にしんどいですがいつも歩いて郵便局に通います。

大変なことはたくさんあるけど、その分やっぱり楽しい!
楽しみながらお小遣い稼ぎって最高だと実感しています。

これからも続けていきます!