なかなか入金をしてくれなくて苦労した|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

とある本を売ったことがあります。

古本屋などで売ったというわけではなく、ヤフーオークションで本を出品して行ったことがあるのです。

これは何と言っても一冊一冊というわけではなくフルセットという形で一巻から全巻の物を売ったのですが、別に極端にプレミアムがついてるというわけではなかったのですが古い本ではありましたのでそれなりにこれからもいてくれるのではないかということで期待して出品しました。

ちなみに売った漫画ですがドカベンです。

野球漫画の金字塔とも言えるものでい一巻から全て揃っていましたのでそれをうまく欲しがってくれる人はいるだろうか、と期待していました。

まずそもそも結構な量になってしまうので送料がかかりそうということが多かったです。

最初に大きさを設定してどのくらいの送料がかかるのかということを相手に分かりやすくしなければならないことになりますので梱包をまずはやることにしました。

もちろん、それは写真を撮ってからです。

結構古い本ですのでどうしても汚れと日焼けなどが起きてしまっているわけですから、そのあたりもきっちりとわかるようにいくつかの写真を撮りました。

そういうところを伝えていなかったということでトラブルになることだけは避けたいと考えたわけです。

そうしますと結構な大きさになってしまったので送料もかかりそうでしたがそれでも郵送のためのサイズというのをきちんと測定して設定しておいたのでトラブルになることはありませんでした。

梱包の時にはしっかりとした緩衝材もつけて当然ですが濡れても大丈夫なようにということで私は先にサランラップを巻いていました。

プチプチしている緩衝材だけでも十分に水も防いでくれることではあるのですが一応念のためサランラップもなくということお金を売る時には行っています。

元々では、サランラップではなく、ビニール製の何かであれば良いのですが今回は1巻から巻全てということになりますので結構な量になります。

そのため一回で巻くことができるものというのがビニールのものとしては存在しなかったのでサランラップを使ったのです。

大きな物を包む時、そのときに水に濡れてはまずいものであるのであれば私は結構こういうサランラップというのを使うようにしています。

昔、それで多少失敗したということがありましたので何か水はけの良いものと言うか水を通さないようなものというのを探していたわけでそんな時にサランラップを利用するということを考えたわけです。

いざ落札してもらえてこちらも送付する準備が整ったということにはなるのですが、相手がなかなか入金の処理をしてくれないということになりました。

つまりこちらとしても送るということがまだできない状況になってしまったわけです。

意外とオークションなどを利用していますとそういうことがあったりするのが多少面倒くさいとか嫌だなあと思うような部分です。

最終的に3日後ぐらいに入金手続きというよりか、こちらが送付して受取連絡をしてくれた時に入金してもらえるという完全な準備が整ったので郵送しました。

そういうやり方をしてくるような人ですから相手が受け取り連絡もしてくれないということになってしまって、入金までとても時間がかかることになりました。

相手の入金手続きが行われてから14日を過ぎた場合は強制的にこちらの送付が終わっているのであれば入金してくれるというシステムでしたから2週間後には受け取ることができたのですが、できればもっと早く、キチンと受取の手続きをして欲しいと思いました。

結構な数の本でしたから、梱包にそこそこ苦労したのです。

ですから、もっとスムーズに取引してくれる相手の方が良かったです。

帽子の包装について厳しいお客様への対応

まだフリマアプリを使いはじめて間もなかったとき、ブランドもののキャップを出品しようと思って自分のページにあげました。

やはり男女ともに人気のブランドだったからか、購入者候補は続々と現れて特に値引きをすることもなく購入に進んでもらえました。

ですがそこで1つ大きな問題があったのです。

購入してくれた人はとても良い人で、「いつでも良いので自分の時間のあるときに送ってくださいね」と言ってくれました。

ただそれと同時に「ずっとほしかった帽子だったし、もう売り切れで売っていないので形が崩れることがないようにお願いします」というメッセージまであったのです。

一体なぜそんなことまで話すのかと疑問に思っていたのですが、そのままメッセージの交換をしていると、どうやら他の出品者から帽子を購入したときにあまりにもぺたんこな状態で送られてきたらしく、帽子の形もおかしくなって本当に困ったのだとか。

確かにずっとほしくてフリマアプリで探してまで購入したもの、そして高いお金を出してまで買ったものがぺたんこできてしまったらショックだろうなと思いました。

よほどイライラしたようで、その出品者のページには悪い評価をしたと言っていたのでどんなコメントをしたのだろう?と気になって見に行くと評価も低くなっていましたし、やはりきつい言葉で注意が書いてありました。

確かに悪いことであるけれども、ここまで書かれてしまうとなると自分も同じように評価されてしまうのでは?と不安でした。

そのときには評価はとてもよくて、マイナスの評価ついていなかったので余計ですね。

結局、発送するとにきに使う箱をできるだけ大きいものにしました。

それだけでは形が崩れることがあるのでは?と不安になってしまったので、手芸用のわたをいれてみたりもしたのですが、それでもつぶれてしまわないか不安でした。

もちろん、帽子が綿で汚れたりしないように透明な袋で包んだ上でのことです。

それでも足りない気がして調べてみたのですが、帽子を送付するときにそこまで完璧に包装している人も少ないようで情報が少なく困りました。

そこで、フリマアプリに何度も出品したことがある主人に聞いてみると「帽子の発送のときにはなかの頭の部分に新聞紙をつめてくれた火人がいて、そのときはきれいな状態でつぶれずに来たよ」とのこと。

その手があったか!と思って新聞紙を見つけて早速つめて送ることにしました。

包装がなんとかできたときには「やっと送れる」とほっとしたことを覚えています。

そのあと数日たってから、購入者から到着の確認がきたのですが「こんなに綺麗に包装してくれて嬉しかったです。
」とのメッセージがありました。

やはり頑張ったぶん、到着したときにも帽子の形は綺麗のままだったようでそのままかぶることができてストレスがなかったようです。

評価に関しても高いものをつけてもらえましたし、それから何回か購入してもらってはいます。

どうやらフォローもしてくれているようで、出品するとイイネもくれたりします。

それからもフリマアプリを使っていますが、そこまで包装に指定をされたことはありませんし、そこまで厳しい人はいませんでした。

ですが、確かに高い買い物をしたぶん、自分の思った通りになっていないとお金の無駄だと感じてしまう気持ちは分かります。

特に、今回のように帽子だったりと形が変わってしまったら直すことが難しいものって仕方ないかなと感じました。

自分が同じ立場になると確かにショックです。

人によっては、包装のレベルによって評価も厳しくする人もいますから、初めて送るものに関してはきちんと調べてから包装して送った方が良いのだと良い勉強になりました。

フリマアプリで、こんなに苦労するとは!

メルカリでいつも電子機器の関係のものを、よく出品しています。
例えば、ワイヤレスイヤホンTT-084 を出品するときに、特に気にするのは、衛生的な部分。

メルカリでの同じようなワイヤレスイヤホンの相場を調べて、ありとあらゆる電子機器の値段を調べます。

特に、苦労するのはその調べ作業と、価格帯の相場感覚がつくまでは、徹底的に調べないと売れないということでした。

もちろん、アマゾンや楽天市場で売られている同じ商品についても、こと細かく調べてから、値段をつけるようにしました。

比較的、売れやすいのは、ワイヤレスイヤホンのコードがないもの、ワイヤレスイヤホンの両耳がコードで繋がっている(TT-009、TaoTronicsTT-BH026、TT-BH07 ブラックなど)シンプルで、かつ軽量、持ち運びが便利なものは多いです。

価格帯もそのタイプや機能性によって差があるし、さらに、使用品なのか、それとも新品同様なのか、商品の状態によっても購入される速さは違います。

また、メルカリで特に難しい!と思ったのは、配送方法です。

今では「らくらくメルカリ便」で、ヤマト運輸と提携していて、匿名配送もできることが多いです。

他には「ゆうゆうメルカリ便」で郵便局から発送すると、軽いものは安いけれど、保証がつかないといったデメリットもあります。

メルカリを実際に使って見て、らくらくメルカリ便を利用したときに、「宅急便コンパクト」にするとQRコードが発行され、それをFamiポートで読み取ってから宅急便コンパクトの箱を80円で購入しなければなりません。

このQRコードをFami ポートで読み取らせる時が、初めてだととても難しい! しかも、分からなくって宅急便コンパクトの箱は無料化と思ったら、
箱は有料… システムが複雑で分かりにくいとったのが、正直な意見です。

また、郵便局から発送できる「ゆうゆうメルカリ便」も箱を購入するシステム。

しかし、ファミリーマートのやり方と、ローソンのやり方も異なっているので要注意です。

ゆうパケットを購入して、送る商品を梱包します。
ゆうパケットは、ヤマト運輸の宅急便コンパクトよりかはサイズが大きいですが、値段は175円と少し高めです。

ここが混乱しやすいところかと思います。

また、宅急便で送るのか、郵便局から送るのかを考えるとともに、商品のサイズを仮定して、配送の送料を決定しなければなりません。

配送の送料は、ほとんどが出品者の負担にしています。
そもそも、発送料を出品者負担にしないと、購入してくれる人も少ないです。

そこは、商品の大きさを調べておいて、配送方法を選ぶ必要があります。

私は、ワンピースを出品して落札されたとき、配送方法をヤマト運輸の「らくらくメルカリ便」に設定をしていました。

宅急便コンパクトで送ろうと思っていましたが、ワンピースがふわふわの素材で意外とかさばり、圧縮袋になんとか押しつめて、
無理やり宅急便コンパクトの箱に入れて、ギリギリ送れたという経験があります。

正直、商品の取引が支払いまで済んでいるのに、今更高い配送料にして自己負担するのは嫌なので、ギリギリ詰め込んだ感じでした。

そのことを知らないと、配送料が高くて、せっかく出品したのにマイナスになってしまうなんて事になってしまいます。

また、メルカリは特に、出品者の評価が3段階でつけられるシステムがあります。

当たり前ですが、フリマアプリは商品が届かないなどのクレームもあるので、商品を迅速に、丁寧な対応で取り引きできるかも、重要なポイントになります。

対応が遅かったら、評価でマイナスになってしまうので、メッセージや質問には早めに返信する、
商品はできるだけ早めに発送する、早く発送できない場合は、あらかじめ連絡をしておくなど対応が必要だと感じました。

関連記事

  1. 専用のボックスが見つからず発送までに時間がかかってしまいました|FBA…

  2. 3センチの壁と重さのワナ|FBA出品・納品代行

  3. どう包装すれば分からずコンビニで恥ずかしい思いを|FBA出品・納品代行…

  4. 売れたは良いけれどその後が大変でした|FBA出品・納品代行

  5. 人気のトレーディングカードをAmazonにて出品しています|FBA出品…

  6. 楽して儲けようと思ってフリマサイトを利用したら、罰が当たり大損ぶっこい…