Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

去年公開されたアベンジャーズシリーズの最新作「アベンジャーズ エンドゲーム」を観た影響でアベンジャーズ にハマってしまい、勢いでホットトイズ社のアイアンマンの限定カラーのフィギュアを購入しました。

価格はなんと45000円。

買った当初は部屋に飾って毎日眺めていましたが、すぐに飽きてしまい、後悔するはめになってしまいました…。

そこで、友人も利用していたフリマアプリの「メルカリ」を利用して、出品することを決意しました。

初めての利用で商品説明欄や写真撮影など、どれが正しいのか迷いながらもなんとか商品画面を作成して出品することに成功しました。

しかし大変だったのはここからでした…。

出品から数日後、他の出品者より安く出品していたこともあり、フィギュアを多く取引されている方に購入していただくことが出来ました。

そして購入していただいた方と連絡を取り、希望の配達日時を聞いた後、梱包の準備に取り掛かりました。

梱包はダンボールに入れて行おうと思っていました。

しかし…、商品のパッケージが非常に大きく、用意したダンボールに収まりきらないという事態になってしまいました…。

フィギュアは見た目が命なので配送中に傷などがつくことは絶対にあってはならないので、そのためにはダンボールで梱包することが必須だと考えていたのに、まさかの入らないという事態に陥ってしまい、困ったことになってしまいました…。

しかも購入していただいた方の意向でその日中にコンビニから発送せねばならず、時間もない状況でした。

どうすれば良いかわからず焦ってしまいましたが、とにかく時間もないので、今ある材料を使って梱包しようと考え、部屋に置いてあるものを使って作業を進めることにしました。

幸いなことに私はその前の月に部屋に設置する机を購入しており、それが届いたときに使用してあったプチプチの梱包材が大量に部屋にストックされていました。

その梱包材を急いで取り出し、フィギュアのパッケージに沿って丁寧に巻きつけていきました。

しかし、梱包材をパッケージの角にきれいに合わせるのが不器用な自分にとってはなかなか難しく、巻きつけては外し、巻きつけては外しを何度も繰り返しました。

特に、きれいに巻いた後それを固定するためにテープを貼る作業が1人で行うことが難しく、非常に苦労しました。

そこで、あらかじめ梱包材をパッケージに巻きつける前に、梱包材そのものにテープを貼っておき、きれいに巻き付けながら、梱包材をパッケージに固定していくと言う方法とりました。

そこで、あらかじめ梱包材をパッケージに巻きつける前に、梱包材そのものにテープを貼っておき、きれいに巻き付けながら、梱包材をパッケージに固定していくと言う方法とりました。

この方法がうまくいき、商品を梱包することに無事に成功しました。

と、思っていたのですが…。

梱包自体は非常に貧弱で、パッケージの角が配送中に潰れてしまう恐れがかなりありました。

これでは購入していただいた方に失礼だと考えた私は、しぶしぶ巻き付けた梱包材をはがし、1からやり直すことにしました。

せっかく頑張って巻き付けた梱包材を剥がすのは、心苦しい思いでした…。

しかし、いちど梱包材を巻いた経験は無駄にはならず、2回目に巻いた時は1回目よりもかなりスムーズにうまくいきました。

そして2回目の梱包が完了しました。

と、思っていたのですが…。

まさかの、フィギュアの説明書をパッケージの中に入れるのを忘れてしまっておりました…。

やってしまったと言う思いを抱きながら渋々パッケージから梱包材を剥がしてきました。

そして今度は同じミスを繰り返さないように、商品の内容物を一つ一つチェックし抜け漏れのないように気をつけました。

そしてやっとの思いで梱包完了し、何とか当日中にコンビニまで持っていき商品を発送することができました。

はじめてのメルカリ利用は、梱包の大変さに苦しめられましたが、なんとか取引も上手く行ったので良かったです。

仕事との両立、バランスが難しい…

元々は仕事の合間にお小遣い稼ぎができればいいな?ぐらいの気持ちで出品を始めました。
出品を始める以前から私はハンドメイドが趣味で自分が使うもののみ製作をしていましが、友人に頼まれて初めてプレゼントとして制作をしました。
思った以上に友人は喜んでくれて、ちょっとした値段をつけて販売してみたらどうかと提案してくれました。
当初は一度に3?5品出品していました。
何もわからない状態から始めたので、梱包も一つ一つ手作業で行なっていました。
心を込めて、購入してくださる方に喜んでもらえるよう時間をかけていました。
今考えると時間をかけすぎていたと思います…。

それでも購入後にいただくメッセージがその時はとんでもなく嬉しかったものですから、しばらくこのままのやり方で出品を続けたんです。
ある時、購入してくださった方の中にSNSを使って私の商品を紹介してくださった方がおられました。
ありがたいことに今までより早く商品が売り切れるようになり、納品する数がこのままでは少ないかもしれないと思い一度に出品する商品の数を増やすことにしました。
出品する数が増えたことでやり取りをするお客様数も増えていき、それに伴って今までより出品者としての責任感が大きくなりました。
?日までに何個作らないと!というプレッシャーがありました。
もちろん本業はこちらではないのでフリマにかけられる時間は限られています。
それでもまだその段階ではちょっと忙しくなったな、くらいだったと思います。
お小遣い稼ぎくらいにしか思っていなかったのに、最初に予想していた収入より多くの額が入ってきたことで欲も増しました。
最初に出品していた数の3倍の量をほとんどずっと変わらないペースで出品していたので、睡眠時間を削って作業が夜中にまで及ぶことも多々ありました。
この段階で一つ一つ手作業で梱包することに限界を感じました。

そこで、自宅梱包用の機械を購入し少しでも時間短縮できないかと考えました。
もともとは商品と一緒にスタンプなどを使用した自作のメッセージカードをつけていたのですが、それもパソコンで制作することにしました。
仕事の休憩時間にもお客様との取引のメッセージのやり取りをしたり、帰宅後は次の出品のための制作に追われていたりとその時は気づいていませんでしたがだいぶいっぱいいっぱいだったと思います。
本業が忙しいシーズンに入った時、初めてこれ以上の制作は無理だと限界がきました。
進行中の取引以外を全て出品停止にし、全くやる気が起きませんでした。
このとき自分が色々なことを同時にできるキャパがどれくらいなのかを知りました。
出品する商品の数を増やして、心を込めてやっていた梱包も簡易化してまでこのペースで出品していくのはよくないかもしれないと思い、一度やり方を見直すことにしました。

初めて出品した頃のやり方に戻し、出品数を大幅に減らしました。
方の荷が一気になくなったような気持ちで楽になりましたし、そもそもハンドメイドは大量に作ることよりも一つ一つの商品の質を上げることの方が大事だと思いました。
出荷する期限も長めに設けて自分のペースでっゆっくりと進められるよう改善していきました。
自分の商品を欲しいと思ってくださる方の期待に応えなくてはということを考えすぎて自分を追い込んでしまいました。
本業とのバランスも取れていませんでしたね。
今では発送量をきちんとコントロールし購入してくださる方には事前に長めのお時間を頂くように説明しています。
忙しくて余裕のない時は一旦出品をやめてお休みするようにしのんびりとやっています。
フリマアプリ自体に慣れてきたこともあり以前より自分のやりやすい出品の仕方、発送作業の仕方もわかってきたのが一番良かったと思います。

クリアファイルを売ることにしました

クリアファイルというのはものすごくたくさん持っています。

コンビニで物を買うとクリアファイルがもらえるみたいなものがキャンペーンとしてあった時には積極的に購入しているということもあって、それによってどんどんクリアファイルが増えていくというような状況が続いていました。

それはそれでよいのですが、あまりにも多くなってきましたので売れそうな物が売ってしまおうと考えたわけです。

具体的にどんなクリアファイルであるのかと言いますと艦隊これくしょんというブラウザゲームのクリアファイルになります。

もうずいぶん長く続いているコンテンツでありクリアファイルも大量に出ているのですが、それでも一応非売品ということでもありますのでもしかしたら結構売れるかもしれないということで期待して出店してみることにしました。

1枚2枚というのではなく5枚10枚といったようなレベルでセットで売ってみようと考えて、それなりに関係している艦娘たちでセットにして、少しでも売れる可能性というのを高めたつもりでした。

これがそこそこ上手くいったといえる感じになって、それなりの値段で買ってもらえるということになりましたのでうまくオークションに出品して落札してもらうことができました。

未開封で一度も使っていないものであったというのがよかったのかもしれませんが個人的には飾って楽しんでいただけなので、十二分に楽しむことができた上で処分できたという形になりました。

どのような形で送るのかと言いますと基本的に定形外郵便という形で送ることになりました。

送料自体は相手持ちですから、こちらでそれを考えて負担するということもなかったのですがとにかく少しでも安く送られてくるほうが相手としても嬉しいだろうということで、最も安く送ることができるような形というのを選択できるようにはしておきました。

これによって、それなりに入札をすることに関してのハードルというのを下げられたのではないかと自分では思っています。

元々クリアファイルというものになりますとそんなに単価が高いものでもありませんので、高い送料をかけてまで欲しいのかと言うとそうではないという人が圧倒的に多いでしょう。

ですから、少しでも売れるように、ということで送料も安くできるような形にしたというのが結構成功した秘訣なのではないかと思っています。

そして、送るために何かで包もうということになったわけですが、形としてクリアファイルという形を崩すわけにはいかないので、大きな封筒にそれを入れるという形にしたのですが、折り曲げられたりすると困るのでダンボールでそのクリアファイルと同じ大きさを作りました。

そうすれば絶対に折り曲げられないというわけではないのですが送る時に折り曲げて送ろうなんて考えることはしないでしょうからこれで安心して送ることができるようになりました。

折り曲げ厳禁と赤く書きましたがこれ自体には特に決められた効果があるというわけではありませんので、過大に期待はしていませんでしたが一応配達員さんも配慮はしてくれるであろうということで書いておきました。

その後無事届いたという連絡が来て入金もありましたから、これで取引を終えることになりました。

特に大きなトラブルもなく、安心して売ることができた、処分ができた、というのは実によかったです。

そもそもそんなに高いものではなかったのですが、それでも非売品ということもあって、それなりにしっかりと売ることができてよかった、というのは間違いないです。

個人的には十分に楽しんだ後のものではありましたから、後はそれが欲しい人のもとへ届いた、というのはよかったことではあると思っています。