メルカリにて、ハンドメイドのくま耳帽子を出品していたりする|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

「メルカリ」を利用していて、キッズ向けのハンドメイド作品である、くま耳帽子を出品していて、手縫いとかであるため、一つ700円から1200円ぐらいの価格設定にしつつ、利用者の反応とかを伺っていますが、それなりにコメントをくれたり、いいねをしてくれる方々もいたりするので、安心していて、購入者もいたりするのでほんとに助かっています。

キッズ向けのファッションアイテムとなっているため、女性の閲覧者とか購入者が多く、リーズナブルな価格で手に入るものとなっているため、うけもそれなりにいい感じであります。
手作業で作ったものでもあるため、多少ですが、失敗をしている部分とかがあったりするけど、気にせず買ってくれる方もいたりするので嬉しい限りであります。
ハンドメイド作品である、くま耳帽子は時間をかけつつ、失敗した部分とかがあればそこを修正したりするので作れる量も限られていて、使用する素材とか材料とかも仕入れしないといけないので、赤字にならないようになんとか個数を多く売るようには努力していたりするけど、売れない時はうれないので、なんとかしていきたいものです。

くま耳帽子であるため、カラーバリエーションとかもできるだけ多くしていて、価格設定も無難にサクッと買えるように設定していますが、大幅に値引きをしようとする人もいたりするのでああいったのやめてほしいと思っています。
多少の値引きとかであれば、できる限り対応はするようにしているけど、大幅な値引きはしていないのであります。
これはプロフィールの説明部分とかにも大幅な値引きは対応していないことをしっかりと発言していますし、商品の説明文のところにも大幅な値引きは対応していないということを宣言しているのに、大幅な値引きをしようとする人がたまにいるので、説明文をしっかりと読んでほしいと感じています。

手作業で作り上げてきた、ハンドメイド作品である、くま耳帽子となっているため、それなりに価格設定を上げたりしないと、こちらも次の作品を作るための、費用がもたなくなるのでそういった部分を理解してから、値引き交渉をしてきてほしいです。
商品の取り置きとかは可能であるかどうか聞いてくる人もいたりしますが、取り置きは基本的にNGとしていて、コメントをくれる方に対しては丁寧に説明しているのだけど、他の出品者は取り置きをしてくれたと言いつつ、心無い言葉をいってきたりする人もたまにいるので、あれもイラッとすることがあります。
取り置きは他の利用者の方にとっても迷惑な行為の一つになるため、個人的には対応はNGとしているのであります。

自分は売れた商品を発送する際はラクラクメルカリ便のネコポスまた宅急便コンパクトにて発送手続きをするようにしていて、事前に購入者にどっちが良いかを聞いたりしてから対応をするようにしているのだけど、発送してから、やっぱり、ネコポスにしてほしいとか宅急便コンパクトのほうにしてほしいといってくる人もまれにいるので、ああいったのも発送する前にしっかりと決めてから発言してくれと言ってやりたいです。

一番困るのが商品を購入し振り込みも確認でき、商品を発送し数日後に商品が相手側に届いたにも関わらず、受取評価を教えてくれない人とかもまれにいて、こちらが催促するような感じではいけないので、数日間はまったりしますが、何も反応がなければ、こちらからメッセージを入れて、受取評価をしてもらえないと完全に取引が終わらないことを伝えたりしているのだけど、それでも反応がない方とかもいたりするのでまじでやめてほしいです。

自分はできるだけ運営には報告をしないようにしておりますが、明らかにわざとやってるような場合は容赦なく運営に報告をするようにしています。

郵便局の窓口局員さんと

仲のいいママ友に、不用品はフリマアプリで売るのが絶対にお得!と聞いて、不要になった洋服を売るために、某フリマアプリデビューしてすぐの出来事です。
もともとめんどくさがり屋の私にとって、まず出品に至るまでにだいぶ苦労しました。
いい具合に写真を撮るため、角度や光の具合を調節したり、そのために部屋を片付けたり。
やっとのことで出品すると、今度はサイズについて細かい質問がきて、詳細情報を追記したり・・・。
そんなことを繰り返しながら、5点ほどの衣類をようやく無事に出品しました。
主に数年前に購入したけれど着る機会がほとんどないまま、年齢的にもう似合わなくなった物たち。
本当に買ってくれる人なんているのだろうか、と不安な気持ちもあり、かなり安い値段で出品していました。
ドキドキしながら購入の知らせを待っていると、出品したすべてが2日ほどですべてに買い手がついたのです!まずは、プライベートレーベルの夏用トップス。
セシルマクビーの夏用カーディガンに、バーバリーのベビー服。
次々に、A4サイズの封筒に梱包していきました。
まずは透明のビニールに入れ、小さなカードにメッセージを書き、きちんと封をする。
めんどくさがり屋の私なので、普段であればこんな作業お金をもらってもやりたくないわけですが、買って下さったことと、売れた嬉しさで、何の苦も無くウキウキで作業していきました。
ここまで順調だったフリマサイトデビューが、梱包残り2点のところで、発狂寸前に。
なんと、A4封筒に入れたら厚みがぷっくり。
規定サイズの上限は厚さ3センチ以内。
セシルマクビーの夏用オールインワンは素材も薄く、絶対にいけると思っていたのに、まさかの折り目部分で厚みを取られてしまっていたのです。
もう一つは、リップサービスの半そでトップス。
こちらも、裾部分の布が思いのほか畳むと厚みが出てしまう。
もうワンサイズ大きな梱包にしてしまうと、私の出品価格ではほとんどタダになってしまうので、サイズを上げることも今更できず。
私はそこから、必死でその2点をうまく厚みを出さずにA4に収めるために悪戦苦闘を1時間。
畳んでは広げて、広げては畳んでを繰り返し、ようやくなんとか残りの2点も厚さ3センチ以内にすることに成功!意気揚々と郵便局へ荷物を持って急ぎました。
フリマサイト初心者の私は、緊張しながら窓口へ。
すると、お預かりしますねと一言いうと、謎の四角い穴に、私の手渡した荷物を次々に通していくのです。
と、その手がピタッと止まったかと思うと、一言「こちらサイズ規定より少し大きいですね。
」と。
ふと見ると、必死で梱包した最後の2つの封筒が、またもぷっくりとして、その四角い穴に突っかかっていたのです。
どうやら、ここまで運んでる間に、空気が入ってしまったみたい。
私は思わず、「空気なんでつぶしてください!」と大声を出していました。
窓口の局員さんも、「では、失礼しますね」と封筒をうえからぎゅうっと抑えるものの、なかなか平たくならず。
わずかな隙間から空気は入っていったけど、押し出せるほどの穴は無く、ぷっくりが収まりません。
結局、封筒にわずかに穴をあけてもらい、私と局員さんで必死に3センチの四角い穴に封筒を通すべく、ここでも悪戦苦闘をすること2点で計10分。
周りのお客さんや、隣の窓口を担当していた郵便局員さんにも見守られ、何とも恥ずかしい出品デビューになりました。
最後には、周りから微笑みを返され、言葉には出さずとも「よかったですね」と心の声が聞こえたようでした。
その後、出品価格を決めるときには、事前に一度梱包を簡単にしてみて、サイズをきちんと把握してからにするようになりましたし、結局私はその後山ほどあった不要な衣類をフリマアプリで出品するのはやめてしまいました。
衣類の出品は難しいしとても手間がかかると知る、いい機会になりました。
初心者の私に、やさしく対応してくれた局員さんには感謝しかありません。

一度にたくさん売れると嬉しいけどたいへん

フリマアプリはなんでも売れると友達に聞いたので、最近になってようやく始めてみました。
捨てるような洋服も使用済みの化粧品も売れると聞いたので、リサイクルにもなるし良いかもしれないと思ったのです。
フリマアプリは面倒なイメージがありましたが、実際やってみると始めるのは気軽にできました。
アプリをインストールして、写真を撮って出品するだけです。
操作も簡単でわかりやすくこれは良いと思いました。
特に、本やCDは、バーコードを撮るだけで商品をアプリが勝手に検索してくれて、商品名なども自動で入力してくれるので助かります。
お手軽なので、家にある本やCDからとりあえず出品してみることにしました。

実際に出品してみると、本はバーコードがあるのですが、CDはバーコードがないものもいくつかありました。
バーコードがない場合も商品名で検索できるのでまあまあ出品は楽でした。
とりあえず要らない本を2冊、CDを3枚ほど出品してみました。

ところが、実際出品してみた結果、なかなか売れませんでした。
1週間ほどたっても、アプリから何の通知もありません。
出品した商品が反映されていないのでは?と思ってしまうほど、何も起こりませんでした。
なんでもすぐ売れると聞いていたので、ちょっと意外でした。
すこしがっかりしてしまいました。
せっかくアプリを始めたのに全然売れないのもつまらないものです。
せっかくなので売ってみたい、と思い、出品数を増やすことにしました。
家の中を整理し、本を15冊、CDを20枚ほど出品しました。
すると、数日後、急にフリマアプリからの通知がどんどん入り始めました。
質問や値下げの依頼などもありましたが、「商品が購入されたので発送してください」という通知も一気に10件ほどきていました。
ちょっとびっくりしましたが、購入してもらえたのは嬉しかったです。

購入されたら発送しなければいけません。
実は、初心者であり、最初全く売れなかったので、具体的な発送の仕方についてはあまり考えていませんでした。
ざっとアプリの説明を読んだだけでなんとなくできるだろう、と思っていました。
アプリには梱包の仕方も丁寧に説明してあります。
その通りにやればできるだろう、と思っていました。
フリマアプリの説明によると、本やCDもしっかり梱包しなければいけないようです。
CDは割れる可能性もあるし当然ですよね。
どちらもクッション材でくるんで、折れないように厚紙を入れて梱包することにしました。

実際に梱包してみると、なかなか面倒な作業でした。
一つや二つならまだしも、一気に出品したものが売れてしまったので、10件分の本、CDを梱包しなければなりません。
ひとつひとつ丁寧に梱包して、封筒に入れました。
梱包するのも面倒でしたが、本やCDは封筒に入れてしまうとどれがどれだかわからなくなってしまいます。
どれも似たようなサイズ、似たような厚さです。
しかし、間違えないように発送しなければなりません。
ひとつひとつに見分けがつくように受付番号などを記入しました。
梱包用の材料を購入するところから、梱包を完了し、発送するまで、なんだかんだで数時間もかかってしまいました。

少しずつ売れれば、一つ梱包して一つ発送する、というのは楽だと思います。
しかし、フリマアプリは複数のものを出品しているのが普通で、いつどれが購入されるかはわかりません。
一気にたくさんのものが売れて、しかもそれらが似たようなものばかりだと、梱包や発送は手間がかかって大変だと思いました。
気軽で簡単にできるということを売り文句にしているフリマアプリですが、実際にやってみると、意外と手間がかかることがわかりました。
暇なときにしかできないと思います。

関連記事

  1. 購入後に何度も変更依頼が来て振り回される!|FBA出品・納品代行

  2. Amazonは一長一短のショッピングサイト|FBA出品・納品代行

  3. 電子部品が入手できない|FBA出品・納品代行

  4. タブレットを売るということ|FBA出品・納品代行

  5. 梱包の時に気を使うこと|FBA出品・納品代行

  6. 古銭を郵送するときに大分悩んだ|FBA出品・納品代行