Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

フリマアプリでのでの梱包、出荷で一番苦労した商品…それは「厚底の靴」です。

フリマアプリで購入することは経験済みでしたが、出品するのはど素人。

その初めて出品したものが15センチの厚底が付いた靴で、横幅も広く、靴底から足首までも高さがあるものでした。

何故その靴を出品しようと思ったのかと言うと、購入したはいいものの、意外とゴツいデザインで履きこなせなかったからです。

なので、試し履きのみの未使用品だからか、出品してみたらすぐに購入されました。

フリマアプリで靴を購入したことも経験済みだったので、他の方の梱包を参考にしたら大丈夫だろうとのんびり納品の準備を開始することにしました。

今まで購入してきた靴の梱包は、基本的に箱に入った状態での到着でした。

もちろん自分もそのつもりでいたのですが……。

わたしは厚底靴を購入してからすぐに、それが入っていた箱を捨ててしまっていたんです。

なのでまずは箱を手に入れるところからでした。

でも、高さも横幅もある厚底靴にぴったりの箱などなかなか見つかりません。

ダンボールや箱などのストックを全くしていなかった自分を呪いながら、友人に「靴が入る箱を持っていたらちょうだい」と声をかけてみましたが、普通の靴用の箱には片方すら入らず……。

こうなったらスーパーなどに行って、お菓子などが詰められていた長方形のダンボールをもらうしかない!と、スーパーめぐりの旅。

ですが時期が悪かったのか、どこもかしこもダンボールはなく、代わりに発泡スチロールならあります、と……。

わたしの厚底靴は、グラデーションされたハートの飾りがついており、キラキラのラメがたっぷりあしらわれた夢かわいいデザイン。

そんなかわいらしくもゴツい厚底靴が、魚のように発泡スチロールに入れられて購入者の元へ届いたとしたら……。

自分が購入者だとして考えると(それはそれで笑いそうですが)、やはり良い気分はしません。

なので仕方なく、準備不足だった自分の落ち度を認め、大きめのダンボールで発送することにしました。

とはいっても、いくら厚底靴が縦も横も幅を取るとはいえ、ダンボールいっぱいの大きさというわけでもありません。

運ばれている最中に、右へ左へとゴロゴロ揺れて、傷がつき、さらには飾りのラメがボロボロ剥がれてしまってはいけません。

ですから、なるべく揺れ動かないように固定するため、今度は大量のコーンクッションと、靴の形が崩れないようにするための靴の中へ入れる紙玉、靴自体を包む入れ物、それから雨に濡れてしまう時のことを考えたら更にビニールで梱包しなければなりません。

わたしはよく友人へお菓子などをおすそ分けする際に、プレゼント包装をします。

だからそういう〝類いのもの〟は、家に全部揃っているだろうと、完全に甘く見ておりました……。

お菓子と厚底靴では全く違います。

お菓子はかわいらしい小さな箱で十分です。

少し幅を取るかな?と思っても、マチ付きの袋であればなんとかなります。

でも、だからと言って、「お菓子を包むリボンや包装紙や袋は揃ってるから、厚底靴も大丈夫」なんて呑気に構えていた自分が、愚かすぎてもう……。

今時は100均一のおかげでほとんどの物がそこで揃うので助かりましたが、事前確認と事前準備がどれだけ大切かを学びました。

出品してから準備するのではなく、発送準備を整えてから、出品するべきだと身をもって体験しました。

購入されてから箱探しの旅に出て、更にその他の準備もその後に終えたのですが、幸い発送期限内に出すことができました。

相手方に到着するまでの数日間、やっぱりダンボール大きすぎたよね…、コーンクッション足りてたかな…などなど不安で不安でたまりませんでしたが、無事に到着し、喜んでいただけました。

色々大変だったけど良い経験になれたなぁ、これからはしっかり準備してから出品しよう、未使用とはいえ一度人の手に渡ったものをお金を出して買ってくださる人もいるんだから、心も込めなきゃなぁと、安心しながら売上金を確認すると……。

送料込みの定価の30%オフで出したつもりが、桁を間違えており、0が1つ足りないまま出品していました。

とんだ大赤字です。

完全に自分の確認不足!これからは、何事も慎重になろうと、深く深く反省しました。

ヤフーオークションでの自動車部品の発送で苦労した話

私は自動車を趣味にしている関係上、しばしば不要となったタイヤやホイール、各種自動車パーツをヤフーオークションをつかって売却し、その売り上げ金で新たなパーツを購入しカスタムを楽しんでおります。

タイヤやホイールは大きさ重さともに一般的な品物と比較して非常に大きく重いため、普通のサイズのダンボールにはとてもではありませんが入り切らず、箱以外の梱包方法となれば形状が丸であるがために梱包方法に非常に苦労します。
また、タイヤのみであったり、タイヤがホイールに装着されている状態であれば多少重たくはなりますが、そのまま積み上げたり地面で梱包しても傷がつかなかったりとわりかし梱包運搬しやすいです。
しかしながらホイールのみとなりますと、梱包の際に傷をつけないよう使い古した布団や毛布を地面に敷きその上で慎重に梱包しなければならなかったり、梱包前の運搬の際には積み上げてしまいますとホイール同士が擦れてしまい傷の原因となってしまうため一度に複数本運搬することが難しかったり、梱包後の運搬の際には積み上げても傷は梱包資材により防ぐことはできるのですが、非常に滑りやすく、積み上げたホイールが落下し、歪みや打ち傷の原因となるため非常に気を使う作業が数多くあります。

また、その他の自動車部品についても気を使わなければならず、苦労する部分があります。

例えば、ヘッドライトやフォグランプ、テールランプといった品物は、見た目から想像がつく通り割れ物となりますので、梱包にもエアキャップを大量に消費します。
表面のレンズ部分が割れやすいのはもちろんのこと、裏面に多数ある自動車に装着する際に使用する樹脂製のツメも欠けやすく、欠けてしまえば購入していただいた人が装着する際に非常に困ることからかなり気を使う必要があります。
さらに、近年のヘッドライトなどは形状が複雑となっているものが多く、梱包もきれいにできないばかりか、きれいに収まるダンボール箱もなかなかなく、無駄に梱包資材を詰め込んで隙間を埋めたりと梱包から発送でコストがかさみます。

他にも、ボンネットやルーフ、ドア等タイヤ・ホイールよりもさらに大きな部品も自動車には多数あり、これらはタイヤやタイヤ付きホイールとは違い、地面に直接置いて梱包することができないため、梱包するために部品よりもさらに大きな梱包スペースを確保する必要があります。
さらには、サイズが大きいだけではなく、衝撃や打撃、擦れによって凹みや割れができやすく、塗装の擦れにより見栄えも悪くなってしまうため、ヘッドライトなどの割れ物と同様に大量のエアキャップやダンボールを活用して大げさに梱包しなければならないため、労力の面でも、梱包コストの面でもかなり苦労します。

最後に、意外と苦労する部品に足回り部品であるサスペンションやショックアブソーバー、メンバーやアームといった大きさはそれほどではないですが、ひとつひとつが非常に重たく、梱包するにも運搬するにも力を要し、場合によっては友人の手を借りなければならない場合もあるため大変です。
また、サスペンションやショックアブソーバーについては、スタッドボルトやステーが飛び出ている場合が多く、部品自体は壊れにくいため簡易な梱包でもいいように思えますが、実際は厳重に梱包しなければ、配送中に破れ、購入していただいた方に届く前に中から品物が飛び出てしまっていたり、それに伴って品物が破損してしまったりするため、各部梱包の補強に気を使わなければなりません。

このように、自動車部品をヤフーオークション等に出品し購入していただいた際には数多くの苦労が待ち受けています。
しかし、探してみますと現在は便利な梱包資材が多数存在するため、それらを活用していくことで、苦労を軽減できるのではないでしょうか。

メルカリを出品してから発送するまでの手順を通して大変だと感じるところ

私は日頃からよくメルカリを使用しています。
たくさん出品もしていますが、購入もする時があります。
今回はそんなメルカリの出品で大変だった話をしたいと思います。

メルカリは簡単に出来るフリマのアプリで、写真を貼りつけて金額を提示して出品するだけでメルカリポイントなどで見てくれた方が購入してくれるといった手順になっています。
そんなメルカリの出品ですが、一番初めに大変なのが写真撮影です。
個人情報はもちろんですが、上手に家が写らないように、さらに逆光などだと暗くなるのでカメラ撮影が難しいです。
購入する人が買いたいと思うようにとにかく写りの良い写真を心掛けるのが大変です。
そして商品の詳細も事細かく書いておかないと、買った後に購入者が、そんな話は聞いていなかった、思っていた商品と違った、など思われてしまうのでそこには気をつけてしっかりと分かりやすい商品の説明は書いておかないとトラブルになると思います。

次に金額提示ですが、メルカリがバーコードを認識してある程度の金額の提案はしてくれますが自分で決める場合はよく考えなければなりません。
買おうとした人が購入ボタンを押したらもうこっちの確認なしに売れてしまうので、安くしてしまったら後には引けません。
私としては、予め高めに見積もっておいて徐々に値段を下げていくことをおすすめしたいと思います。

ここで、体験談ですが厄介だった話です。
金額を提示したものの、購入を考えた方が購入ボタンを押さず、メッセージで値段交渉してきた事があります。
これはよくある話なので気をつけたいところです。
妥協しない方がいいかと思います。
もう一つ困ることが、購入ボタンを押してくれたらいいものを、購入したいので○○様専用と載せてくれませんか?と希望があったこともあります。
これは、なぜ購入ボタンを押してくれないのだろうか?と疑問でした。
買うのは決めたがまだ悩んでいる、でも誰にも取られたくないからとりあえずキープしているように思えるし、これはやめてほしいです。

次に売れた後の話です。
配送料はどちらでも選べますが基本はやはり出品者が払うケースが多いかなと思います。
なのでそこで値段が引かれるのと、メルカリにも少し取られるので実際は提示した商品の金額が丸々貰えるわけではないところが辛いです。
尚更、それも踏まえて高めに提示するべきかと思います。

売れたら購入者とメッセージのやり取りをしていきます。
色々と手間がかかるのですがそれはしょうがないかと思います。
1.2日で発送、2.3日で発送など日にちを決めていたらその通りに郵送しないといけないのでとにかく売れる前から梱包についてはどうやって送るか、しっかり考えておかないといけないです。
私はそれで一度失敗して苦労しました。

体験談ですが、本の出品で、しっかりとサイズを測っていなかったばっかりに思ったより大きく、普通のA4サイズの封筒には入らない事が判明し、結果箱のようなもので送らなければならなくなった事があります。
箱ですとさらに値段も変わってくるので困ってしまいます。
なので、事前に考えておくべきだと思います。

もう一つ気をつけておきたいのが、簡単に出品してみたものが思ったより郵送方法に悩んでしまうかもしれないと言う事です。
例えば電気機器や割れ物であった場合は、プチプチで保護するかなんかしなければこれまたトラブルの原因になります。
そこも気をつけたいポイントです。

メルカリで大きめだったり形がガタガタしてしまうものなどを出品するのなら、プチプチやダンボール、詰める発砲スチロールなど用意しておくべきだと思います。
梱包と言うのはある程度手間がかかるし、時間も必要です。
私はメルカリならばそう言った梱包が面倒なので本など送りやすいものを送ることが多いです。

出来れば3センチ以内でA4サイズの物だと封筒でポスティングするだけなので一番おすすめです。
是非、メルカリをやった事がない方はこの記事を参考に頑張ってみてもらえたらと思います。