Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

不用品処分としてメルカリを使用するのが一般的になってきた中、本を出品されている方も多いと思います。

私もその一人でいらなくなった本を処分すれば部屋の掃除になってスッキリするし、お金にもなるので自力で出品方法を調べて挑戦してみました。

配送方法が色々あってかなり戸惑いましたが、既に数十冊の出品を行なった経験の上での解決法も含めてご紹介します。

まず、私の梱包方法をざっくりご説明すると、A5サイズのフタ付き(テープ留め)クリアパックに入れ、その後、紙袋や本屋で本を買った時にもらえる袋に入れ、透明テープで水が入らないようしっかり留めて送っています。

このクリアパックはあらかじめテープがついているのでのりを使用せずに簡単に袋閉じできるのでとても便利ですし、見栄えもとてもいいのでお客様に喜ばれるのでオススメです。

でも本って大きさや厚みが多種多様なんですよね。

文庫本であれば大体の本が入るのですが、ちょっと大きくなるとA5サイズのクリアパックに入らなくなってしまうんです。

何百冊と出品するのであればあらゆるサイズのクリアパックを用意するのですが、個人で不用品処分だとそこまでするとクリアパック自体が余ってしまったり、コストがかかってしまいますよね。

そんな場合、私はスーパーなどで置いてある透明袋を代用して使用することにしています。

ちょっとお粗末かなー、なんて心配もしていましたが、意外と丈夫で今の所クレームが届いたことはありません。

しっかり袋の口を閉じれば水で濡れてしまうなんてこともないのでオススメです。

また、メルカリで本を送る場合、経験した中で一番多い配送方法がゆうパケットです。

ゆうパケットなら全国一律175円(税込)で送ることができます。

とっても安いですよね。

ただしA4サイズ、厚さ3cm以内という条件があります。

文庫本ならほぼ厚みが3cm以内のものが多いのですが、それ以外のものだと厚さが5cmなんて本も時々あります。

こうなるとゆうパケットが使えないので非常に困るんですよね。

配送方法はいつも頭を悩ませます。

結論から言うと、厚みが3cm以上になってしまった場合、次に安いコストで配送する方法はゆうパケットプラス(重さ2kg以内)です。

ゆうパケットプラスは厚み5cm以内であれば全国一律375円(税込)で配送することができます。

ただし送る時は専用資材に入れなければいけません。

もちろん有料で65円(税込)かかります。

専用資材はコンビニや運送会社の営業所で売られています。

買った当初は組み立てられていない状態なので、箱に書かれた説明に従って組み立てましょう。

簡単ですし、意外としっかりした箱になります。

気をつけなくてはいけないのは空間ができがちなことです。

空間ができてしまうと配達中に、中に入れた本が動いて痛む原因になってしまうので、梱包材を入れるなどして対応しましょう。

最後に困ったことは配送方法によって利用できるお店が違ったことです。

ゆうパケットなら郵便局やローソンで発送が可能ですが、ゆうパケットプラスは郵便局やローソンで取り扱い出来ず、ファミリーマートなどで発送可能です。

このことを忘れて私は何度か取り扱いしていないコンビニに荷物を持って行ってしまったことがあります。

二度手間にならないように、出荷前に今一度どこが対応店舗か確認してから出かけましょう。

いかがだったでしょうか。

中古本を出品する際、配送方法が違うと売上金がかなり違ってくるので、メルカリで出品しはじめの頃はいつも頭を悩ませていました。

メルカリで中古本を送る際は、あらかじめ本の大きさ、厚みを考えて配送方法を決め、値付けをするといいですよ。

慣れてくればこれはちょっとゆうパケットでは無理かな、というのが感覚的にわかってきます。

基本的には文庫本のような小さめの本であればゆうパケット、そうでない厚みがある本や大きめのサイズであればゆうパケットプラスを利用しましょう。

本だけに限らず、薄いもの、小さくて軽いものであれば今回ご紹介した配送方法が使用できますのでどんどん出品して売り上げを得て、お部屋が綺麗になるといいですね。

送るものによってこんなに違う送料!送料を考えた値付けをおすすめする理由

フリマアプリ、最近では誰でも知っている主流サービスになりました。
私も断捨離をしようと思った際に20品ほど出品~発送作業をしたのですが、「えっそんなにかかるの?」そう思った意外な費用があったのです。

そもそも私が出品した20品の内訳は10品が薄手の服、5品がフィギュア関係、3品がキャップ、そして2品がコートでした。
出品に関しては写真を撮影して、説明文をつけて、金額を設定して、出品するだけなので、手間としてはそんなにかかりません。

ただ、私が甘く見ていたのはこの「金額設定」。
なんとなく相場観を見て値付けをしていたのですが、適当に値付けをしたことにのちのち後悔をすることとなるのです。

そもそも私が使っていたフリマアプリは基本的には設定しない限りは送料込みの値段での出品となっていました。
送料も大体は調べてこんなものだろうと思って特にちゃんと図りもせず金額を見立てていたのですが、大きな落とし穴はここにあったのです。

送料は「薄くて軽い」ものは安く、「分厚くて重い」ものは高い、これは皆さんも想像ができますよね?私もそこは理解をしていたのですが、甘く見ていたのがサイズや重量が厳格に分けられているということ。
1cm増えただけで、10g超えただけで、あっという間に送料が跳ね上がってしまうのです。
もし10万円のものの送料が190円から360円になる分には「誤差かな」と思えるかと思いますが、私が出品していたのは500円~3000円くらいのもの。
例えば500円のものが売れたときに、そこから送料190円がひかれると利益として残るのは310円です。
ただ、これが360円ひかれたとなると、利益はたったの140円。
「あれ?手間考えたら売らない方が良かったのでは?」そうとさえ思えてきてしまうのです。

私が出品したものたちの送料とその後の利益をご紹介します。
まず、10品の薄手の服は、「薄くて軽い」部類なので販売利益は大きかったです。
3cm以内のものであればゆうゆうメルカリ便を使って175円でローソンから発送をすることができます。

しかし、参ってしまったのがフィギュア、キャップ、コート、この3つでした。

まずフィギュア、こちらに関しては丁寧に梱包をしなければならなかったのでまずそのぷちぷち資材代も100円ほどかかります。
そうして丁寧に資材を使って梱包すると・・・もちろん重さも上がるのです。
立派な紙袋を使って梱包した際には一気に跳ね上がってしまいました。
800円の売り上げに対して、資材が100円、送料が360円、手元には340円しか残りませんでした。

そしてキャップ、これは軽いのですが・・・そう、形が変なのです。
更に定形外で送れればまだよかったものの、ゆうゆうメルカリ便で出品設定をしてしまっていたのです。
ゆうゆうメルカリ便を使うと匿名発送しかできません。
またゆうゆうメルカリ便では厚さが7CMを超えるものは必然的にゆうパック発送になってしまいます。
1500円の売り上げに対して700円もの送料がかかり、手元には800円しか残りませんでした。

最後にコート、こちらは言わずもがな「分厚くて重い」のです。
定型外でも1000円だったのでゆうパック900円の発送の方が安くなりました。
まだこちらは3000円の売り上げに対して送料900円、手元には2100円が残りましたが、「送料でそんなとられるの?」そんな印象でした。

このように送る物の形や重さによって大きく送料がぶれてしまうのです。
皆様も出品をされる際には、多少めんどくさくても梱包を含めたときの送料をしっかり事前にはかり、考慮した値付けをすること。
そしてゆうゆうメルカリ便やらくらくメルカリ便などの匿名発送の方が安いのか、それとも普通郵便の方が安いのかを比較して最初の設定を間違えないこと。
この2つをおすすめいたします。

実に上手く遊戯王カードを売ることができました

遊戯王カードの転売でいくらか儲けたことがあります。

安く購入して転売するというようなことをやっていたのですが一つ面白くやることができた上にかなりの金額になったということがありました。

それがゲームボーイの遊戯王というのが未開封で閉店するお店に売っていてお店では何と500円という値段がついていました。

高いのか安いのかと言いますとゲームそのものだけで言うと全く価値がないものではあるのですがそこにカードの未開封品が入っているということになりますと話は変わります。

初代のゲームボーイであり、入っているカードがランダムなので確実に利益が出るというわけではないのですが未開封品というだけでもそのパックが非常に高く売られることでしょう。

そんなわけで、とりあえず購入するということにはなったわけですが、問題はその未開封のものをどうするのか、ということです。

未開封であるからこそ中がクズカードであろうともとりあえずそこそこの高値で売れるということは間違いなかったです。

ですが開封して、中でも大きなレアカードが入っていたらその方が遥かに高く売れるということになりますので未開封のまま売るのか、それとも開封して中身を確認してそれを売るのかということが実に難しい判断でした。

やはり決断としては開けてみようということになりました。

一応限定カードではありますが開けてみてクズカードしかなかった場合、それこそ500円ぐらいにしかならないということがあったりするのですがせっかくなので開けてみようということで開けてみたわけです。

そうしましたらなんと見事にホーリーナイトドラゴンというのが入っていてこれが数万円で得ることができるものとして期待できるものでした。

ものすごい倍率のカードを手に入れたということでだいぶ舞い上がってしまったのですが、持っていても仕方ないので速攻でオークションに出品して売ることにしました。

当然、美品ではありますから、最も状態なのでカードとして売ることができるのでこれは非常に高く売れるであろうと期待しました。

実際にかなりの高額で落札されたので良かったのですが、非常に高価なカードということもありましたので送る時には補償がある送り方をするということにしました。

もちろん送料なども含めて相手持ちなので、こちらに負担がかかるということはありませんでしたのでその点は良かったですがとにかく送るということには細心の注意を払いました。

具体的にいいますとまず濡れないようにということでその辺りを配慮しました。

さらにいえばカードのプロテクターというのを投入してきてそれに入れて送るということにしました。

これだけですと小さすぎることになります。

小さすぎると郵便事故なども来やすいということがあったりするのでその辺りを意識して最低限大きさを確保した箱に入れるということにしました。

これでしっかりと送ることができましたし、ネットオークションでしっかりと転売することができました。

相手にカードが届いて、問題ないです、ありがとうございました、という連絡もきましたから問題なく取引を終了することができました。

正直なところ、すぐに売らなくてもいいかな、という感じではあったのですが持っていても仕方がないということもありましたし、私自身は既に遊戯王から引退していましたのでレアカードとはいっても早めに処分した方が何かと良いのではないかと考えたわけです。

これから値段が下がる可能性があるのかと言うと絶対そんなことはないので持っていた方が値段的には高くなりそうな気がしましたが、いろいろなリスクもあるわけですから早めに処分して確実に利益を確保したということで転売に成功したといえることでしょう。