Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

ゲームセンターで美少女アニメのポスターを手に入れることができました。

ufoキャッチャーのものでありそんなに高いのではないとは思っているのですが、それも持っていても仕方のないものではありましたからオークションに出すということにしました。

まず考えなければならないのが正確な商品名というのがどんなものであるのかということです。
箱に書いてはありましたが、それも確認した上でオークションでそのような名前を確認して他の人はどのような名前で出品しているのかということも含めてチェックしました。

後はキャラクター名などを入れたりしてより目立つような形で検索に引っかかることを祈り、タイトルを作りました。

そうして出品したところ2週間くらいで買ってくれる人が出てきてくれたのでとてもありがたいと思いました。

さて、この手のポスターなのですが基本的には箱も立派な商品価値があるものになります。

美少女のキャラクターの絵が描かれているわけですが、それも十分に重要なところであるといえますから、箱はあくまで梱包されるためのもの、ということではありますが、それでもこれも大事なコレクターの部分として重要視されていますから、それをしっかりと守るように、ということで梱包しました。

それなりの量が必要ではあるのですがエアキャップと呼ばれる緩衝材などを用いてしっかりと巻きました。

これによって衝撃からも守られるということになりますし、さらにいえば水からも守られるということで、濡れることからも避けられるようになるわけですからこれはとても重要なことでもあります。

中身はそれなり守られるでしょうがとにかく外箱もしっかりと守らなければならないというところに注意をものすごく払いました。

エアキャップ自体は家にそれなりに残している部分がありましたのでそれを組み合わせて全体を巻くということをしました。

これで後は送るだけ、ということになりましたがこのときにちょっと不安であったのはサイズでした。

事前にサイズを設定しておいて、その分の費用は後で請求、と言う形になりましたが80サイズを超えてそう・・・という感じがしてきたからです。

箱そのものに関しては基本的にはまず、80cmのサイズを超えていないということは確認していたのですが割とギリギリだったことを思い出して、もしかして緩衝材の分を加えてしまうとそれなりに超えてしまうのではないかというような不安が出てきました。

これはまずいということで、とりあえず測り直そうと思ったのですが本当に微妙なところでしたので、とりあえずの郵便局に持って行き、大丈夫かどうかというのはこちらで確認してもらうことにしました。

もし駄目であれば、梱包のやり直しをして少し薄くするというようなことをやらなければならないということになりそうでした。
本当に微妙に超えてるか超えていないかのところでしたので基本的には緩衝材のプチプチのものを小さいのにすればそれなりになんとかなりそうというような気もしました。

そして、いざ郵便局で測ってもらったところ、本当にギリギリではありましたがどうにか大丈夫でしたから、そのまま送ることにしました。

それで問題なく、相手のところに着いたようですし、入金もされましたから取引はこれで終了しました。

そんなに難しいことではなかったですが、ちょっと大きさをオーバーしてしまうかもしれない、ということがちょっと不安になってしまったことではありましたが、とにかく上手くいってよかったです。

やり直すことになる、となりましたらとても面倒なことではありましたからスムーズに話が進んで、処理ができましたのはとても助かりました。

送料と梱包費が馬鹿にならない薄利多売どころか、ボランティア精神で販売してます

昔のおもちゃやゲーム、書籍等をメルカリで売っていますが、送料が馬鹿にならず、利益は薄いと感じています。
お金のためというより、リサイクル意識、ボランティア精神、断捨離としてメルカリを利用している気持ちの方が大きいです。
メルカリやラクマには過去の売買成立済みの商品も全て表示されるので、販売価格の適正値を、売り手買い手双方が把握する事が出来ます。
なので、あまり高い価格設定をすると売れずに何ヶ月も経ち、検索の下位に沈んでしまうので、過去の売買成立価格に合わせて値段を設定することになるのですが、これが意外と皆さん安い値段で販売していることに、フリマアプリで売る側になって初めて気が付きました。

買う側として利用していたときは、「定価に対してあんまり値が下がっていなくて、意外と高いな」と思っていましたが、売る側になると、「送料と10%の手数料と手間賃を考えると、めちゃめちゃ安く出品しないと売れない」と気付かされました。
手間賃はほぼゼロです。
本を出品すると、送料で400円くらい、おもちゃに至っては、送料で1500円程度かかることもあるので、どんどん価格が上昇してしまいます。
送料を落札者払いに設定すると、見た目は安く出来ますが、誰も書いませんし、そもそも検索の際に送料は出品者負担で検索する人がほとんどなので、検索にヒットすらしてくれません。
なので、送料はどうしてもかかってしまう値段、トラブル防止の包装もケチる事は出来ない、となると手間賃ゼロ、断捨離気分、ボランティア精神で出品することとなります。

ただ、唯一嬉しいのは、子供の頃遊んでいたポケモンや遊戯王のようなトレーディングカードゲーム。
これは送料は80円、包装もジップロック代10円程度なので、とても利益率が高いです。
手間も封筒に入れてホストに投函するだけなので、とても楽です。
なのに、カードが1枚1000円や2000円で売れてくれる、しかも10年20年前のカードが今でも需要があるのでとてもありがたい商品となっています。
なので、私の中では、フリマアプリは断捨離間隔で、お金稼ぎにはならないもの、ただしカードゲームだけは唯一お金になる商品、といった気持ちです。

いらなくなった勉強の参考書は、送料手数料で300円程度差し引かれてしまいますが、その参考書もメルカリで買ったもので買った値段で売る事ができるので、実質300円で使って、次に売る、また買って次に売る、といった連鎖が起きています。
出品や配送の手間はかかりますが、参考書は出品の際写真を取らずに済むのでそこだけは少し助かっています。
ただ、本に関しては受け取り側次第で美品か不良品か大きく分かれるので、とてもリスクのある商品に感じます。
今のところ、大きなトラブルやクレームは受けた事はないのですが、自分が本を買うとき必ず出品者への口コミを見るので、1つでも低評価がついてしまうと本が売れなくなってしまうのではないかといつも心配しています。
なので、本を郵送する際もただ封筒に入れるだけでは怖いため、市販の透明ビニールや配送中のトラブルを防止する硬紙を入れる必要があります。

メルカリよりラクマの方が手数料が安く済みません。
しかし、私が使った感覚として、ラクマで売れた事はほとんどありません。
ラクマではメルカリより安い価格設定しないと売れないと聞いた事があります。
確かに私もメルカリで検索して、価格比較のためにラクマでも検索、価格が同じなら使い慣れているメルカリで落札、という流れが多いので、ラクマで収益をあげるのは私には出来なかったです。
なので、手数料はメルカリの10%がかかると割り切って、値段を決める必要があります。

お金にはならないので、リユースのため、ボランティア精神でフリマアプリを利用しています。
これで利益を得ようとやましい気持ちを持ってしまうと、私の場合手間賃を考えてしまい、全くうまくいかないと思っています。

入金されない焦れたさ

私が出品した洋画DVDの落札されたが入金されるまで長かったごく最近の実際にあった話です。
3ヶ月出品して値下げも行いようやく売れました。
同じ方が2個、落札してくれたので更に嬉しかったです。
梱包も簡単だったので、すぐさま送れるように準備しました。
入金まだかなと楽しみにしていました。
ところが、3日経過しました。
すぐ送る準備をしていた私は、少しだけ落胆しました。
3日で入金して下さいと自己紹介に記載していたので送る気マンマンでした。
とりあえずは仕方がないと割り切りました。
メッセージを送り、催促し入金されればいいやと、最初は軽く考えていました。
そのため、大丈夫だろうなと思っていました。
ヤフー簡単決済ではなくて、コンビニ支払いだったので忘れているだけではないかと考えていました。
そう考えていたので、数日待って見ました。
落札金額も少し高いのでキャンセルは、したくなかったでのす。
ただこの時点で、ルーズな方なんだとガッカリは、していましたね。
スムーズな方だともう発送も終えているので少しだけ面倒ではありました。
つい嬉しくて出かける度に持っていってましたからね。
また、数日待ちましたが、音沙汰無しでイライラしました。
せめてメッセージだけでも返してくれないと困ります。
この人は、せっかく落札したのに、早く欲しいのではないのですか?買ったんならしっかりと最後まで取引して欲しいと怒りが込み上げてきました。
たまに落札したのに、取引が、終わらない人はいます。
そこが、ヤフオクの面倒なところです。
面倒くさい取り引きだと逆に失敗したなと後悔します。
もっと楽だと思ったのになんでだろう。
早く取引が終わって欲しいと考えます。
最初の頃、落札されて喜んでいた私が、馬鹿みたいだと思ってきます。
ネガティブ思考になったり、自己嫌悪が始まりました。
そうすると普段の生活も少し変わります。
スマホを見る度にメッセージのチェックはして、ないとガッカリします。
ふざけるなとストレスも溜まります。
だからそんな時は、ストレス発散に励みます。
面白い新作映画を見たり、お気に入りの音楽を聞いたりしながら発散します。
後は、美味しい料理を食べると効果抜群ですね。
嫌な気持ちがなくなり、幸せな気持ちが込み上げてきます。
人間というか私ってば、単純だとつくづく思います。
記事を読んでいる皆さんも是非とも試してみて下さい。
オススメです。
少し脱線してしまいましたね。
当時は、そんな気持ちだったということです。
皆さんも気をつけて下さい。
でないと売れた嬉しさよりも疲れた気持ちの方が勝って嫌になります。
気分転換やリフレッシュは、大切です。
後は慣れです。
それが、長く続ける秘訣です。
話に戻ります。
何とか入金させたい私は、遂に奥の手を出します。
そっちがその気なら、こっちにも考えがあります。
悪い評価をつけます!最後の通告として怒りを込めてメッセージを送り付けました。
そしたらその日の夜に、メッセージが届いていました。
ようやくかとその時は、思いましたね。
落札者に、よほど効果てきめんだったのか、遅れてすみませんと返信がきました。
入金しますので、取り引きよろしくお願いしますよろしくお願いします。
そのメッセージが来た時は、良かったと凄く安堵しました。
最初からこうだとこんなに苦労しなかったなと思いました。
ですが、ひとまず安心です。
ここまできたら大丈夫でしょう。
その日の夜は、枕を高くして寝ました。
その翌日、念願の入金が果たされました。
無事、入金されたぞ!ようやく売れましたと思いました。
早速、郵便局に行きまして、発送しました。
落札金額が大きかったので、一安心でした。
良かった、良かったと改めて嬉しく思いました。