プロレスのポスターとかもいい感じに売れます|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

もともと格闘技が好きな身であるため、ストックしていた会場限定で販売されるポスターとかプロレス観戦の際に購買コーナーで買ってきたものが多数保有してるため、不要になったものとかはメルカリを使って出品をしておりますが、状態が良いものが多数あるため、マニアとかコレクターの方が購入をしてくれることもあり、単品出品の場合だと一つあたり1000円以上で売れたりすることがあります。
ポスターであるため、送料がそれなりにかかってしまうことがあるため、価格を少し上げないといけませんが、リーズナブルな価格で買えるようにはしております。

セット販売とかだと5個セットで2000円から2500円ぐらいで売れるので、こういったところでそれなりの利益を獲得していたりします。
何十年もプロレス観戦にいっていたため、少しずつですが不要になったポスターとかは出品をしている形となっています。
ストックがかなり多くあるため、仕入れにいかなくてもいいのですが、少なくなってからは仕入れのことも考えて動こうかなと思っています。

メルカリでも格闘技好きとかプロレス好きな方とかが多く利用しているため、こういったポスターとかも売れることが多かったりします。
マニアとかコレクターの方もいたりするので、リピートしてくれる方もいたりします。
オークションとかせどり出品できるところとかで高値で販売されたり落札されているプロレスのポスターとかもありますが、私のところではリーズナブルな価格帯で提供しています。

あくまで中古品としての出品であるため、安く買ってもうように配慮はしております。
とはいっても不要になったポスターを中心に出品をしているため、状態とかは良いものもあれば微妙な感じのものとかもありますが、8割ぐらいは保存状態は良いものとなっているので安心できる部分はありますが、神経質な方の購入はできるだけ控えてもらうようにしています。
商品説明欄の部分にもきちんと説明文を添えていたりします。

一番驚いたのが熱狂的なプロレスファンとかの方とかはこの価格で買うのは申し訳ないのでもう少し高くしてもらっても大丈夫ですと言ってくれる方もいるけど、熱狂的なファンの方はやっぱ勢いがあるなと感じています。
自分もプロレスは好きな人であるため、熱狂的なファンの方の気持ちもわかるけど、あくまで中古品としての出品をしているので急に価格を上げて売るのは申し訳ない気持ちがあったりします。

手放すのはやめようと思っているポスターとかは当時のレスラーたちの直筆サインが入ったものとか、プレミアな価格がついているものとかになっていたりします。
直筆サインが入ったものとかはほんとに高価なものとなっているため、手放すのはやめています。
一緒に写真を撮ってくれたレスラーたちがポスターに写真を貼り付けてサインをくれたものとかもあるため、こういったのは貴重なものです。

格闘技関係のグッズとかポスターとかもメルカリでは多く出品されているため、ファン同士の間で購入が行われたりしているので、勢いがすごいなと感じています。
あくまでポスターとかグッズ関係を出品しているのでまだ良いのですが、グレーな転売とかは気をつけたほうが良いのであります。
自分もそれには気を使い出品していたりします。

これからメルカリとかを始めようかなと考えている方もいるかと思いますが、出品したいものとかを決めて計画的に動いていくのが一番おすすめとなっております。
自分の興味や趣味とかの範囲で出品をしていくのが一番安全となっています。
覚えておいて欲しいのはフリマサービスを使った出品となるため、取引は出品者と購入者の間で行われます。

ラスクが割れない状態で沢山送るには

行列のできるラスクの販売をフリマアプリで行っていました。

その当時は一時間以上並ばないと購入する事が出来ない人気の商品でした。

私も大好きで時折、購入し食べていました。

私は地元のデパートで購入する事が出来るのですが、遠い人はどうしているんだろうかと思っていました。

ネットで検索すると楽天市場やヤフーショップでの取り扱いもありましたが、結構高い値段で販売されていました。

そのラスクの会社のオンラインショップを見てみると、商品は正規の値段で買えるのですが送料が600円もするのです。

送料600円と言うのは結構な金額です。

もう少し払えばラスク10枚購入する事ができます。

こんなにも綺麗な箱に入っていなくてもいいのにと思いながら、見ていました。

ふと、他の人も同じ様に考えている人がいるのではないかと思いました。

そこで、フリマアプリで販売する事にしたのです。

価格を一枚から取引可能にし、欲しい分だけ販売し、送料を出来るだけ節約する事で双方にメリットを得る事が出来る様にしたのです。

出来るだけたくさん入り、送料が安いのはクリックポストだと辿りつきました。

そこで、私は自宅用、個人用の方に向けて出品し、クリックポストで発送していました。

クリックポストの場合には厚さは3cmに留めないといけません。

出来るだけ、一回で沢山を発送したいのですが、割れるのも嫌なのでどうしたらいいのかと色々考えました。

他の人等はプチプチに巻いて発送されていましたが、私はそのプチプチ代も節約する為に、厚紙で梱包する事にしました。

ただ、私の身近にある厚紙は段ボールしかありませんでした。

仕事場には箱ではない段ボールがありました。

これで補強する事は出来ないかと考えていると、半面だけ切り込みを入れる事で立体を作る事を同僚に聞きました。

そこで早速クリックポストギリギリのサイズの箱を作ってみました。

そこにラスクを並べました。

蓋も段ボールにすると強くなるのですが、厚さが増してしまい、沢山入れる事はできません。

そこで、お菓子の箱等を活用して蓋にする事にしました。

段ボールよりは厚さがないのでラスクを沢山入れる事が出来ました。

段ボールを職場から持ち帰ると同時に、箱のお菓子を買って食べて、そのお菓子の箱を置いておくと言う事も続けていました。

お菓子を選ぶ時にもこれはラスクの蓋に出来るかどうかを考えて買うほどでした。

販売していたラスクは期間限定のお菓子だったので、そのシーズンになるまではコツコツをお菓子の空き箱を貯めていました。

最早、家の中にお菓子の空き箱ばかりになり、主人にはゴミなのか?捨てないのか?と何度も言われました。

春頃になるとそのラスクの販売は無くなります。

同時にお菓子の空き箱も無くなっていくのです。

始めは10枚程度のラスクの価格で出品していましたが、最終的には20枚のラスクを入れても蓋をして発送する事が出来ました。

なによりも到着した相手から、一枚も割れていなかったという報告を聞き安心しました。

仕事の度に段ボールを貰って帰り、販売した物が売れたらデパートに出掛けてラスクを購入し、梱包して発送していました。

段ボールで箱を作り、ラッピングはそこの店のショップ袋を活用して行いました。

段ボールのゴミが多少なりとも出るし、テープ等も結構使いましたが、作業自体は結構楽しいなと思って繰り返し行っていました。

自分の利益も取っていたので、毎年冬の間だけでも1万円程は稼ぎました。

そのお金でクリスマスケーキとバレンタインのチョコを購入していました。

デパートに頻回に行くのも楽しみの一つでした。

仕事を辞めて、段ボールを手に入れる事が出来なくなったので、手間の割に稼ぎが少なかったので、現在は行っていません。

色々、自分なりに考えて梱包していたなと思っています。

箱なし賞品の発送に苦労しました

子供が大きくなり、不要になったストッケのトリップトラップというイス専用の補助いす的な役割をする「ストッケ トリップトラップ ベビーセット」を出品したときのことです。
もともと、お下がりでむき出しの状態でもらったものだったので、購入時の箱などはない状態でした。
メルカリで販売したのですが、人気のベビーチェアの専用品ということもあり、格安で購入したい人は多かったようで出品から2時間足らずで、購入意思の連絡が来ました。
そこで、いざ出品しようとすると、椅子に取り付ける専用品のため、とてもいびつな形をしており、さらに2点を組み合わせてつかうものだったため、突然困ってしまいました。
セットした状態で入る箱で、緩衝材を入れて発送をすればいいのでしょうが、私はメルカリ出品時には送料込みの金額で設定していたため、配送費はできるだけ抑えていきたいというのが本音でした。

メルカリの出品サイズと金額をにらめっこしながら、この金額の配送費なら仕方ないというサイズで、ぎりぎり何とか折り合いをつけることができました。
ただ、Amazonで来ていた箱ではサイズが合わず、また、プラスチックでできたものだったので、袋での配送は少々不安でした。
ストッケ トリップトラップ ベビーセットは、ベビー用品ですし、しっかりとした状態で届けたい、という同じ子供を持つ親としての気持ちもありました。

そこで、まずべたべたがくっつきにくい養生テープを使用して、2種類のいびつな形をした、専用キットを一つにまとめました。
その際も外からの圧力で割れてしまわないかなどとても考えながら養生テープで止めました。
また、規定の箱では送料が上がってしまうため、自宅にあった大きめの段ボールをジャストサイズで、緩衝材が入るサイズにカットしていきます。
子どもが横でまとわりついてくる中での作業だったため、サイズを気にしつつ、カッターを気にしつつ、送料を気にしつつ作業を進めました。
それにしてもストッケ トリップトラップ ベビーセットは梱包がしにくく四苦八苦しました。
なんとかダンボールのカットはできたのですが、それを組み合わせてその中にストッケ トリップトラップ ベビーセットを入れて、緩衝材をはさみながら、ガムテープでとめる作業は1人ではとてもできず断念しました。

取引の相手の方には事情をお話しし、出張で1週間後に帰ってきた主人の助けを借りて梱包しました。
それでもなかなか、いびつな形の梱包になっていましたが、無事に緩衝材をしっかりと全方向にいれて安全な状態を保ちつつ、私も売値に含ませる送料の金額に納得ができる状態で発送することができました。
購入者の方にも、事前に規定の箱がなかったので、少し見た目にびっくりされるかもしれないと伝えました。
その後、購入者の方から、中身も無事に使えました、とご連絡いただき高評価をいただきほっとしました。

その後もメルカリなどフリマアプリで様々なものを出品していますが、衣料を中心に出品、または、購入時の箱があるものの出品としています。
ストッケ トリップトラップ ベビーセットの発送が本当に大変だったので、これは使わなくなったらメルカリの可能性があると思うものは空き箱を保管しています。
梱包であんなに苦労することがるとは思わず、もう使わないし、と気軽に出品して、過去の実績の値段だけで安易に決めるべきでないなと強く反省しました。
なので、ストッケ トリップトラップ ベビーセットで懲りた後は、出品する前に配送費の確認を事前にして、金額設定をするなど、少し慎重に出品するようになりました。
なので、その後は特に苦労せず取引をすることができています。

関連記事

  1. 何度も梱包し直してやっと発送できた|FBA出品・納品代行

  2. 断捨離の喜びの先には梱包と発送作業が待っている|FBA出品・納品代行

  3. フリマサイトで学んだこと|FBA出品・納品代行

  4. 意外と大変だった電子ピアノの配送|FBA出品・納品代行

  5. 必要がないタブレットが出てきたので|FBA出品・納品代行

  6. 私だけ?想像以上に気を遣う赤ちゃん商品|FBA出品・納品代行