梱包の時に気を使うこと|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私は、一歳になる子どもがいるため、子どもの洋服や離乳食関連、その他の子どもに関するものをフリマアプリを使って売っていくようになりました。

子どものものというのは、必要なのが本当に一時期なため、正規の値段で購入するのは大変です。

必要なものの数は多いのに、使うのは数ヵ月だったりするので、フリマアプリでは多くのものが出品されていて、また、それを必要としている人が多いので、値段設定を高くしない限り、大体ものもが売れます。

子どものものは、小さいものが多いので、私の場合はメール便で送れるサイズのものを多く出品しています。

小さいもので、値段設定もフリマアプリでの最低金額で売りに出すと、検索されやすく比較的早くに売れます。

私は、基本的に子どもの洋服を売ることが多いのですが、ミルクの入れ物を売ることがありました。

プラスチック製品だったので、配送中に割れることを防ぐために、緩衝材を入れて梱包しました。

しっかりと梱包でき、厚みを自宅で測ってメール便で行けるように確認をして、コンビニに持ち込みました。

何度か、フリマアプリは利用していたので、いつも通りレジに持っていくと、いつもはそのコンビニではなく、別のコンビニを利用することが多くあったのですが、今回利用したコンビニの店舗では、わたしが持ち込んだ商品を、縦横高さを専用の物差しで測り、不備がないかを確認してくれました。

そのときに、「少し、高さがあるので引っ掛かりますね。
これでは、配送業者が引き取ってくれない可能性があるので、こちらではお預かりはできませんねー。
」といわれてしまいました。

今まで、コンビニに持ち込むときには自宅でも大きさを確認していますし、今回のコンビニでの専用の物差しを使った計測でも、全く通らないわけではなく、高さが少し引っ掛かるというくらいです。

商品の保護のために緩衝材を入れているので、発送する袋が多少ふわふわとしているので、そのためにそれが引っ掛かると見なされたようです。

私としては、それでも大丈夫なはずなのでそのまま引き取ってもらいたかったのですが、そういう雰囲気ではなかったので、自宅に持ち帰ることになりました。

結局は、せっかく梱包をしたのにもう一度袋を開封してできるだけ緩衝材をコンパクトにして梱包しなおしました。

次は、違う店舗で発送の作業をしたのですが、その店舗では大きさや高さを測ることなく引き取りをしてくれました。

最初の店舗では、商品を引き取ってもらえずに少し手間がかかりめんどくさいと思ったのですが、その店舗では以前に、引き取った商品の大きさをめぐって、配送業者とトラブルがあったようで預かる商品の大きさや高さには敏感になっているようでした。

私自身、すぐに引き取ってくれるコンビニの方が楽ではありますが、私が発送する商品は、300円のものが多かったりするので、万が一メール便が使えずに配送料が高くなると、発送した商品よりも配送料の方が高いということにもなりかねません。

この件があってから、私自身も今まで以上に配送の際の梱包には注意を払うようになり、自宅で梱包をするときには、洋服は、圧縮袋に入れてできるだけ平たくコンパクトにするようにしたり、緩衝材でかさが高くならないよう、最低限の緩衝材を入れるようにしたり、梱包後に気になることがでないよう、フリマアプリで商品を売る前に梱包の方法を先に確認して、自分が思っている配送料でできるのかどうかを確認してから、商品を出品し、出品したものをどんな風に送るかもフリマアプリの中で写真で購入希望者に提示ひたりして、梱包に関してトラブルがないように注意を払って、フリマアプリを利用するようにしています。

うっかり梱包に厚みが出てしまった!

いらない不用品の服が出てきてどうしよう?処分をしようか、でも処分はもったいない。

かといってリサイクルショップに持っていっても多分そんなにお金にはならないだろうしおそらく交通費の足しにもならない。

なーんて思っていた時に思い立ったのがフリマアプリです。

梱包の手間はあるものの結構調べてみるといい値段でも売れそうだしいらないものをうまく使ってもらえるなら本望です。

特に子供のものなんてすぐ使えなくなるわりにはあまり着せなかったもの、キレイなものもたくさんあるんですよね。

子供のものは本当によく売れますので結構サイズアウトのものが家にあるよなんて人はフリマアプリを使ってみると意外にお金になるかもしれません。

ただこのフリマアプリ、送料を含めて出品をしないといけないのですがまだ梱包はしていないので梱包後の大きさがわかりません。

そこで私の失敗談です。

出品しようと決めたものの、その時はそんなに厚みは出ないだろうと、厚みがなくて送れるような安めの送料を含めて出品をしました。

というのもだいたい厚みが3センチが分かれ道で3センチを超えてしまうと結構送料が高くなってしまい、逆に3センチ以内なら安く送ることができるのです。

物によってはほとんど送料になってしまうなんてことがあるのでできれば3センチ以内に抑えたい。

結構潰せば小さくなってくれそうだし大丈夫かな?なんて思いながら出品しました。

それから数日。

色々な反応がありつつ、無事に「やったー!売れたじゃん。

嬉しい通知が届き。

早速梱包しようと商品を出してきて丁寧に梱包。

あれ?
待てよ?
思ったより厚みが出てしまったぞ?
もっとぺったんこになる予定のところが結構厚みが出てしまってこれ、3センチ以内で行けるのか?
なんて思いながら、厚みのあるところには重ねないように畳み方をしてみるものの嘘でしょ?結構厚みがある。

厚みだけではなく大きさの指定もあるのでその大きさをオーバーしないようにすると結構厳しいものがある。

がーん。

と思いながら一応郵便局に持参。

3センチの隙間があいているプレートみたいなのに通して通れば合格、というか送れるんですがそのプレートに差し込んでみると
「厳しいですね」
と郵便局の人の一言。

ということでしぶしぶ送り方を変更することに。

送ってみてびっくり!ほとんど赤字じゃん?。

労力もかかって捨てちゃった方が安かったんじゃ?
なんてことがありました。

なので、フリマアプリを使う前に梱包したあとどの程度の大きさになるのか(重さも含め)
そうすると送料はいくらくらいかかあるのか、というのもしっかり把握しておかないといけません。

特に畳み方は本当に大事で、袖やポケットの部分など、布が重なる部分は厚みがとても出やすいのでそこには布が重ならないような畳み方をするのは重要です。

あとは圧縮袋のようなもので空気をしっかり抜いて送ることでダウンのような厚みのあるものも薄くして送ることもできます。

ただ、開けると復活するとは言えども、ペタンコな状況を嫌がる人もいたりしますのでそこは相手に了承を取ってからペタンコにして発送した方がいいかもです。

あと発送方法も色々ありますので大きさや重さによっては最初の検討していた送り方よりも安く送れる場合もあります。

どっちにしても下調べ、というのが当たり前ですが大事になってくるということですね。

私みたいな大雑把な失敗は気をつけてください。

今となってはとても便利なフリマアプリです。

出品も簡単なのでこんな失敗談を参考にしつつ、うまく断捨離ができるとちょっとしたお小遣い稼ぎにもなっていいですね。

不用品を減らしてすっきりとした生活を送りましょう。

慣れない作業にタジタジ

フリマアプリでは元々買う専門で、廃盤になって薬局で手に入らなくなってしまった制汗スプレー、お試しで使ってみたかったカミソリ、カフェインレスのドリップコーヒーなどの細々したものを購入していました。

商品を購入し届いた時に、明らかに匂いが劣化していて使えるレベルではない香水で辟易したこともあります。
(その時は運営サイト側に相談することで無事解決できました)
そのように買い手として細々と使っていましたが、通販で頼んだサプリメントが余ってしまったのを始め、家の中に要らないものが増えてきたため、自分でも出品することに挑戦してみようと思い、始めてみました。

まずその商品の写真を撮影します。
暗すぎたり、見切れていたりすると印象が悪いので、明るい場所で、斜めにならないように気を付けて撮ります。
サプリメントなどは賞味期限や成分、決まり文句が読み取れるようぶれないよう丁寧に撮りました。

次に説明文を考えます。
説明が不十分だと買い手の方に信用して見てもらえないので、公式ページや、同じ商品を出品している方々の宣伝文句を参考に文章を作っていきました。

そして値段設定では、その商品の原価、同じフリマアプリ内でどれくらいの値段で売っているのか、別のフリマアプリでの値段を調べた上で設定していました。

私はフリマアプリで儲けるというよりは、家の在庫を無くしたいという思いで利用し始めたので、最安値ぎりぎりを設定して出来るだけ早く買ってもらえるようにして販売していました。

慣れてくると上記のように作業を行えばいいんだと分かってきましたが、初めての出品では公式ページとアマゾンのレビューを行ったり来たりで、すごくあたふたし、説明文を書く文章が書けない、どうしようなどと悩みながらの作業でした。

時間ばかりが余計にかかって、これがもし売れた所で手間を考えれば損をしているかもなと思いました。

ある時定期購入で買いすぎてしまった「かほりのおめぐ実」という口臭を対策するためのサプリメントを出品したときでした。
最安値を積極的につけていたこともあり、買いたいと言ってくれる方が見つかりました。
家の要らないものが他の人のために役立ち、また少しのお小遣いになることがとても嬉しかったです。

私はフリマアプリ初心者だったので、どのような送り方を選べばいいのか悩んでしまいました。

正直儲けるためではないと言っても、追跡できるような方法で送ると送料がかさみ、そこから手数料も引かれるので、送る手間だけかかって無料奉仕のようになってしまいます。
そのため出来るだけ送料を抑えたい、そのために追跡や補償がついていないけれど、多分紛失することもないだろうし、これでもいいやと思い、普通郵便を選択しました。

せっかく送料を浮かせたのに、梱包やラッピングでお金を使っていては本末転倒です。
そのため家に元々あった茶色の紙袋(100円ショップで何枚かセットで売ってあります)に入れました。

茶色の紙袋に直に宛名を書くと読みづらいため、これも元々100円ショップで手にいれた付箋に宛名を書き、剥がれないようにのりで固定し、しっかり封をセロハンテープで止め送付しました。

送付完了ボタンを押して、さあ後は相手の返信を待つだけだと一安心です。

数日経って相手から到着したことが伝えられ、私への評価が済まされていました。
それを見ると、「出来ればプチプチに包んで送ってほしかった」と書かれており、評価も「普通」にされていました。
(問題さえ起こらなければ、すべての人が「良い」評価にするものだと思っていました)
プチプチに包むほどデリケートな商品ではないと思っていたため、この指摘に少し驚きました。

時間で計算すると儲けにならないほど時間をかけて、出品のページを作り、梱包し、送付したのに、「良い」評価をもらえず少し凹みました。

関連記事

  1. 買ってもらうための苦労|FBA出品・納品代行

  2. ウエディングドレスが売れたけど…|FBA出品・納品代行

  3. フリマアプリは意外と利益が出ない|FBA出品・納品代行

  4. オークションでゲーム機を勢いに任せて叩き売りしてしまった話|FBA出品…

  5. 手間と価値と需要のトライアングル|FBA出品・納品代行

  6. メルカリ出品デビュー!荷物のサイズって難しい|FBA出品・納品代行