耕運機の梱包作業に大苦戦|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

以前、オークションでエンジン不動の耕運機を格安で落札しては、それを修理し高値で再出品ということを行っていました。

耕運機は家庭菜園などで以外に需要が多く、年式が古くてもきちんと修理して問題なく動くように直してやれば、1台から2~3万円の利益が出ていました。

当時はひと月に10台直していましたので、3日に1台のペースで発送を行っていました。

その際に必要となるのが、梱包の際の大きめの段ボールだったのです。

耕運機に合うサイズの段ボールを新品で購入すれば済む話なのですが、できるだけ経費を抑えるために段ボールはただで入手するようにしていました。

私が耕運機を落札した時点で、梱包の状態がよく、段ボールもそのまま使いまわせる場合もありはしましたが、その数はごくわずか。

なので、自宅の周辺のスーパーをあちこち駆けまわり「ご自由にお持ち帰りください」の段ボールをかき集めていました。

土を耕す部分の歯車がすっぽり入る大きさの段ボールがあれば、梱包の時間は大幅に短縮できるのですが、無い場合が大仕事になります。

2つの段ボールをガムテープでつなぎ合わせて、歯車の部分をカバーしなければなりません。

また、ある程度高さのある段ボールであれば、ちょうど2箱で本体部分までカバーできますが、こちらも高さがなければガムテープでつなぎ合わせることになります。

大きな段ボールを手に入れられなければ、カッターやガムテープを駆使して切った貼ったの作業で、かなり時間が掛かっていました。

大きな段ボールであろうと小さな段ボールであろうと、結果的にハンドルの部分だけは取り外して本体に抱合せて、約90cm x 3辺の梱包に収めて発送していました。

重量は60kg近くになり、自宅の前までクルマを横付けできない私の家は、数百段の階段を下らなければならず、相当重かったことを覚えています。

そんな作業を数か月間続けていましたが、最初の頃はそこまで厳しくなかったのですが、油脂類に関して次第に厳しくなっていきました。

まず燃料のガソリンは当然抜いておくこととなり、最後の頃は潤滑するためのオイルまで指摘されるようになりました。

これらの処置は航空機で発送するための対策だったらしく、燃料のガソリンだけならまだしも、オイルまで抜かされるのはとても面倒でした。

とりあえずここまで梱包作業を行い、運送会社に直接持ち込みます。
毎回同じように梱包をして持ち込むのですが、毎回重量や寸法が違っていました。

おそらく、計量や採寸に個人差が少々出ていたのだと思います。

3日に一度、必ず持ち込まれる耕運機。
運送会社の方は多分私のことを「業者」の人だと勘違いしていたことでしょう。

それに3日に一度発送を行うということは、それなりの頻度で自宅に耕運機が宅配されてくることになります。

私の場合、梱包した耕運機を数百段の階段を下る側ですが、耕運機を宅配する側は数百段の階段を上る側、とても重たい荷物に苦労されたと思います。

運送会社の中には何度も我が家に耕運機を運んでくれた方もいて、「業者さんですか」と何度か聞かれたこともありました。

この「壊れた耕運機を直して売る」という作業は、完全に趣味の範囲を超えていて、それである程度稼げるようにまでなっていました。

しかし、この先ずっと順調に稼いでいける保証はなかったし、私自身が耕運機の修理に飽きてしまったので終わりを迎えることとなりました。

現在は就職をして、普通に会社勤めをしております。

ですが、時々田舎の方をドライブしていて、耕運機が置いてあるのを見かけると「また動かない耕運機を落札しようかな」などと、ふと思ったりもします。

そうなれば、また大きな段ボール探しに奔走しなければならなくなりますが。

想定外に高い送料で利益なし

フリマサイトを利用して、初めて商品が売れたものがハンドクリームでした。

この程度の大きさと重さであれば普通郵便でいけると思って、郵便局で確認せずに自分で重さをはかり、ネットで調べた金額の切手を貼って、購入者様へ発送しましたが、
わずか20円足りなかったようで、その20円分はどうすんだ!?みたいな話になり、購入者の希望通り20円分の切手を送りました。

切手だけを送付したものの配送料とあわせると利益はほぼなくなってしまったことが、一番の失敗でした。

しかも、そのハンドクリームはいくつか出品しており、当然のことながら購入された分だけ同じ問い合わせがきました。

その対応をするのも労力ですし、そもそも切手を送付するということ自体ナンセンスという購入者もいて本当に大変でした。

フリマサイトはいろんな人が利用しているので、その対応も千差万別にしないといけないのか、とこんなに面倒くさいんだと感じました。

書籍が売れた時の送付方法を普通郵便にしてしまい、送料がとても高くついたことも失敗でした。

ネコポスで入るサイズだったので190円で済んだものが普通郵便で390円。

メルカリ便でも380円なので本当に無駄な出費だったと思います。

あとは洋服が売れた際に、返品こそなかったものの細かい毛羽立ちがあるなどの指摘をされて「悪い」の評価を受けたことがあります。

こちらとしては、事前にチェックし、きれいな状態を保っていたつもりだったのでそのような指摘をされ、「悪い」評価を付けられたことが残念でなりません。

だから洋服などはあまり売れていないのでしょうか。

実際今もフリマサイトをいくつか利用していますが、洋服を出品する際にはいつも以上に気を使います。

きれいな状態であるかを再チェックし、ビニールシートにきれいに折りたたんでしまい、メルカリ便で送ることが多いのですが、
その費用対効果を考えたらもう少し建設的なことをしたいくらいです。

それでもやり続けてしまうのは、捨てるなら売った方がいいという心理が大きいのだと思います。

QRコードのクーポン等を送る際には、送料をかけたくないので、QRコードを文字列に変換してメール等で送付することもあります。

送る手間と送料を考えたらいいアイディアだと思っていたのですが、最初はとても大変でした。

何も知らなかったところから調べて、実際にアクションし、問題なく購入者が利用できたと報告を受けるまではやはり不安でした。

実際に利用できたと連絡がきたときはとても達成感があり、またひとつ賢くなったような感情があったのを覚えています。

今までかなりの数を出品し、梱包出荷をしてきましたが、全体的に新品未使用のものでもかなり安くしないと売れなかったりと
価格設定がとても難しいと感じました。

例えば、ルイヴィトンのバッグなど定価で10万円以上するものが、少し汚れがあるだけで3万円まで下げないと売れませんでした。

しかもそういったデメリットのある商品を見つけて、かなり安く見積もった価格交渉をしてくる非常識な人も何人かいました。

いつもそれを見込んで少し高めの価格設定から出品するのですが、そんなことはお見通しとばかりにとんでもない価格を提示して交渉してくる人とか
本当にどういうつもりなのか聞きたいくらいです。

それをぐっとこらえて、ビジネスライクな対応をしているこっちがストレスたまるというのもおかしな話です。

もちろんちゃんとした常識的な方も多いのですが、そういった一部の非常識な人と関わるのが一番苦労する点ではないでしょうか。

一般社会でも、顔が見えないネットビジネスでもやはり根底は人間関係が全てです。

私は、これからもできるだけ丁寧に気持ちよく取引をしたいと思っています。

フリマでただいま断捨離中です!

3年前、息子がメルカリでエレキギターを売っている場面に遭遇し、以来自分自身もメルカリ歴3年となってしまいました。
息子はギターを苦労して梱包し、サイズを測り、それから梱包サイズが大き過ぎるからと一生懸命段ボールを成形しながら、近くのコンビニに荷物を抱えて走っていきました。
ここでメルカリでは物が本当に売れるらしい、サイズが大き過ぎると送料が掛かりすぎるから大変ということを学びました。
初めての出品は、ブランドの財布で言い値で売れました。
このビギナーズラックが今の私を形成したと言えます。
メルカリ歴3年、評価500以上、儲けた金額20万以上、これが私の今の記録です。
しかしその道のりは、はっきり言って山あり谷ありで大変でした。
コロナウイルスに脅える現在は、メルカリは売れ時です。
交通費を掛けずに、送料込みで、どこのネットショップよりお安く商品が手に入るからです。
私は当初要らないものを手当たり次第に売っていましたが、だんだんと時が経つうちに、また、いろいろなことを学びました。
それは、通常のお店と同じで、商品は出品するタイミングがあるということです。
今は、初夏や夏を見据えた品、半そでシャツや袖なしのワンピース等を主に出品しています。
季節を先取りして品物を並べることが大事なのです。
並べ方、つまり出品する際の写真も大切です。
照明や品物を置く背景、アングル等、まるで手に取って吟味できるような感じになるように心掛けています。
説明文も簡潔に的確に、そして魅力的に書き込みます。
品物の状態も正確に記す必要があります。
1回だけ「普通」という評価をいただきましたが、サイズ表示はSサイズでしたが、あきらかに大きくて普段M~Lサイズを着る私にちょうどよかったから、フリーサイズと書いて出品したら、「Sサイズってラベルに書いてあるではないか、小さ過ぎる」というお叱りをいただきました。
コメントも結構大変です。
せっかく自分の出品した品物に興味を持ってくださった方と直接交渉するよい機会だからこそ、とても気を使います。
たいていは品物について質問し、その後値段交渉するという流れになります。
でもときどき、即決するからと半額以下の価格を要求されることがあります。
せっかく考えて付け値段なのですが、まるでお構いなしです。
上手に対処することが肝要です。
たまに頭にきて品物を即刻削除するという暴挙に出ることもありますが、「お客様は神様です」の言葉どおりにいきたいなと思います。
いざ品物が売れても、梱包に手間取ることもあります。
もともと梱包しにくいものもあるし、壊れ物だからと包み過ぎて送料が跳ね上がり、10%の手数料と送料で利益が全く出ないこともありました。
発送にも気を遣います。
同じような品物が複数売れ、その時はたまたま近くの郵便局で発送しました。
発送した後に宛先の間違いに気づき、地域の大きな郵便局で集配された小包の中から捜していただき、事なきを得たことが一度だけありました。
また、雑誌でサイズはOKでも重さで引っ掛かり、発送手続きを終えた後だったので、匿名発送が使えなくなり、泣く泣くキャンセルしたこともありました。
売れたからと油断してはいけません。
発送後には買い手からの評価があります。
先に書いたように、私は自らの痛恨のミスで「普通」の評価を1ついただきましたが、後は全部「良い」ばかりです。
細心の注意を払っているためかと思われます。
メルカリは、お金のやり取りが伴うので商売のようなものです。
初めは断捨離だけのつもりが、薄利ながらもお金をいただくことに慣れてくると、今度は私自身が新たに品物を購入するときに、不要になったときにメルカリでより高く売れる商品を選び、購入するようになりました。
それでもメルカリはあまりに薄利なので、不要な品物は購入しないというようになりました。
賢い消費者になりつつあるということでしょうか。
メルカリのお陰で、改めて社会の仕組みがわかり、賢い消費者になることができたなら、こんなに嬉しいことはありません。
たぶんこれからもメルカリを細く長く続けて、1000個の商品を売り切ることが次の目標かもしれません。
苦労も伴いますが、とりあえず頑張ります!

関連記事

  1. サイズオーバーを回避するのに一苦労!|FBA出品・納品代行

  2. ネットオークションでの修理品の販売について|FBA出品・納品代行

  3. メルカリについての感想|FBA出品・納品代行

  4. ゲームソフト@PlayStation出品時の苦労話|FBA出品・納品代…

  5. 思った以上に発送作業に手間取りました|FBA出品・納品代行

  6. 【悲報】出品物の大きさと価値は、決して比例しない|FBA出品・納品代行…