注目キーワード

【2022年最新】AmazonFBA出品の手数料や送料などが簡単に分かるシュミレーターをご紹介

FBA料金シュミレーターはAmazonが提供をしているサービスで、複雑な手数料を瞬時に計算できるのとても便利です。

手数料がまだ頭に入っていない人は、FBA料金シミュレーターで計算しながら仕入れする事をおすすめします。

ではさっそく使い方を説明します。

FBA料金シミュレーター

FBA料金シュミレーターの使い方を徹底解説

商品を検索

FBA料金シミュレーターを開いて、検索窓にJANや商品名などを入力します。

2016-06-04 2-43-52

対象の商品を選択

2016-06-04 2-44-29

販売する金額を入力

販売する金額をFBAならFBAへ自社発送なら自社発送の項目に入力します。

2016-06-04 2-45-14
FBAの場合は赤枠部分に金額を入力

「計算」ボタンをクリック

入力後、計算をクリックします。

2016-06-04 2-46-08

手数料の詳細が表示される

2016-06-04 2-47-29

画像の「計上額」の部分が、

入力した販売価格(売りたい価格)で売れた時にかかる各種手数料を引いた入金金額です。

この商品を5,000円で商品を販売したとき、手数料合計が896円かかるので差し引き4,104円入金されるいう意味です。

※補足※

料金シミュレーターで計算できる手数料の他に、フルフィルメントセンターまでの送料やFBA在庫保管手数料がかかるので、実際にはシミュレーターの利益から少し割り引かれた金額が入金されます。また、販売手数料の消費税分もシミュレーターには反映されません。

これらを厳密に計算することは困難なので、シミュレーターの計算結果を目安にしましょう。

※補足:FBA料金シミュレーターで反映されない手数料※

  • フルフィルメントセンターまでの送料…商品の大きさや一箱に何個入れて送ったかによる
  • FBA在庫保管手数料…商品の体積と、売れるまでの日数による
  • 販売手数料の消費税分
  • FBA納品固定手数料…納品先FCを固定した場合かかる。商品の大きさによる

応用方法 利益額を瞬時に表示

では実際に応用方法として利益額を瞬時に表示する方法を解説します。

2016-06-04 3-11-15

出荷作業費用の項目に仕入れ金額を入力するだけです。

そして、計上額に利益額が表示されます。

計算式では、販売価格ー手数料ー仕入れ金額となります。

最後に

FBA料金シュミレーターはスマホからでも使えます。ぜひ店頭でも活用してください。

Amazonで梱包に失敗した話

“私がAmazonを使い始めた頃の失敗です。

引越しのために身の回りのものをアプリに出品して片付けていこうと思いさっそく登録してみたはいいものの、手数料と送料についてあまりピンとこないまま始めてしまいました。

あくまでも片付けがメインなので別に儲けるためではなかったというのも金額のことをぼやっとしたままにした原因でした。

アクセサリーや洋服、本などは梱包も簡単ですし最初のほうはサクサク売れたのが嬉しくてありがとうございましたとメッセージカードも付けて送っていました。

その次はかさばる日傘、パンプスやシューズ、ハット類を出品し始めたのですがここが難関でした。

まず基本全部安い値段で出品していたのですが洋服などぺっちゃんこになるものとハットや帽子の型崩れさせたくない、かさがあるものでは手間も梱包材料も違ってきますしとても面倒でした。

しかも帽子類で初めて売ったのは麦わら帽子でしたが、早く他の帽子も片付けたかったが為に購入者の方がイイネボタンを押していた他の帽子もサービスでお付けしましょうか?なんて出血大サービスをしてしまったんです。

とても喜んで頂けたのも嬉しかったですし、どんどん物が無くなっていくのが快感だったんでしょうね(笑)
すると当たり前ですが帽子二つ分になるとそれなりの大きさになってしまい…送料込みの値段を付けていたのですが、結果マイナスの赤字になってしまいました。

儲ける気はないとはいえマイナスは少し落ち込みましたね…お金と手間をかけて見ず知らずの人様にプレゼントしたようなものなので。

ですがこれは勉強代だったなと気持ちを切り替えて、そこから次は日傘に取り掛かりました。

こちらもブランド品のものを何本か出していたのですぐに売れたのですが、そんなやわなものではないしと思いプチプチでくるくると巻いてテープで固定し、外れないようにして発送したのです。

すると購入者様からメッセージが届き、物はいいけど梱包が雑でしたと言われてしまいました…。

正直手間暇かけて考えてただ同然で差し上げているようなものなのにケチをつけられたようで残念な気持ちになり、もうAmazonをやめようかなとも思いました。

ですがその失敗も次に活かそうと2本目の日傘はきちんと厳重に梱包したところとても喜んでいただけました。

送料は高くなったんですがね…。

こんなことを繰り返しているうちにだんだんと手慣れてきて、あらかた要らないものが片付いた後も他に売れる物はないかしらと探しているくらいAmazonにハマっていました。

梱包のことで少し失敗はしてしまいましたが、上手に使えれば捨てるかもしれなかったものが誰かに喜んで使ってもらえるということは嬉しかったです。

今では大体このサイズならいくら、と把握できるほどになりました。

その後は自分でも他の方の出品物を購入してみたりして気付いたのですが、やはり綺麗な状態で届くとそれだけで大事にしようと思えるということでした。

中にはA4サイズの紙封筒にそのままワンピースがぐちゃっとなったまま入っていたことがあり、開けた時点ですぐに嫌になったこともありました。

なんとなくですが、梱包が雑な出品者の物というのはそもそも丁寧に扱われてないものが多いんじゃないかなと思います。

洋服とかでしたらほつれてる、毛玉がついてる、クリーニング済みですと言いながら髪の毛が付着している。

などなどです。

なかには新品ですとタグがついているのに明らかに使用感のあるものもありました…。

そういった微妙な商品は梱包が雑だったように思えます。

中古品と分かってて購入しているので私はとやかくは言いませんが、やはり気持ちよく品物をやりとり出来るのは大事だなと思いました。

DVDセットは梱包が大変

“長くAmazonサイトを利用し、整理のために売ったり、コレクションのために購入したりを繰り返してきました。

そんななか、しばらく10年近くも見ていなかったDVDの、5巻セットを見つけ、売却することを決断しました。

5巻セットといっても、1巻につき、DVDが3枚も入った、豪華なものです。

Amazonサイトの履歴をみると、過去の出品はそこまで多くなく、かつ、金額も予想より安めのものでした。

人気のテレビシリーズのものだったのですが、最近はそんなものなのだろうと、安めに出品をすると、意外にも多くの入札があり、無事に落札されました。

質問も多く届き、状態はいいのか、汚れはないのか、綺麗に配送してくれるのか、などなど、思っていた以上にコレクターアイテムなのだということがわかりました。

と。

そこで気づいたのが、どう梱包すべきか、ということでした。

分厚いハードカバーサイズのDVDが5巻。

見渡せばダンボールはないし、適当な梱包ではクレームが入ってしまうことが予想できました。

とにかく配送時にへこみなどがつかないようにしなければ、そんなことが急にナーバスになっていくのがわかりました。

一度、台所用のサランラップをぐるぐるに巻き、古新聞を緩衝材にして、もこもこの状態に固めることができたのですが、どうにも「綺麗」とは見えない。

これではたとえそのままの状態で届いたとしても、クレームが入ってしまうのではないか、そんなことを考えました。

それは、やはり、Amazon時の質問の数と、その内容の細かさ、コレクターらしい雰囲気を、思い出したからでした。

いやいや、せっかくそこそこの高額で落札してみらったのに、これでは悪い気がおさまらない。

一度梱包した、もこもこの荷物をほどき、近所のホームセンターのダンボール売り場へ出かけました。

ちょうそよさそうなサイズを見つけ、購入。

早速に自宅に戻り、DVDを入れ直しました。

だが、今度は、荷物の規定サイズを超えてしまっていることに気づきました。

たしかにDVD5巻分より一回り大きく、そこは緩衝材で埋めてはいたのですが、料金が倍になってしまう。

せっかく高額の落札にもかかわらず、これでは少しもったいない気持ちになってしまいました。

今思えば、それで追加料金をはらい、済ませてしまえばよかったのかもしれませんが。

ダンボールを規定サイズに、ハサミをいれて改良しました。

あまり工作が得意でないぶん、決して「綺麗」ではないけれど、以前ものよりは幾分にもましになりました。

さあ、これで郵送しようと思っていたところ、その落札者から、別の商品の落札したことのメールが届きました。

もちろん、DVD5巻との同梱を希望してきました。

ハサミをいれさえしなければ、そのまま同梱できるくらいの、追加の落札でした。

涙目になりながら、再度ホームセンターへ出かけ、同じダンボールを購入してきました。

無事に同梱も済ませ、配送。

ここまでまる1日がかかってしまいました。

追加の配送料は落札者に負担してもらうことができました。

普段は本1冊、CD1枚程度の出品、落札ばかりだったので、大荷物の出品がここまで大変だったことがわかりませんでした。

綺麗に梱包できる人は本当にすごく偉いです。

たまに自分が落札をしたものが届き、その荷物の梱包が綺麗だったり、丁寧だったりすると、とてもありがたく思えるようになりましたし、その人の性格をうらやましく思うようにもなりました。

受け取りの連絡、返事もこころなしか丁寧になったような。

ネットのAmazonは取引相手の顔が見えないものですが、確かに相手はこの荷物の先にいる、そんなことを強く実感する機会になりました。

ギターを出品する際は要注意!

自宅の大掃除を機に幾つかのamazonで不要なものを出品することにしました。

そのうちの一つが昔からあったクラシックギターで、昔は学校の授業などで使っていてよく弾いていたのですが、新しいものを購入したこともあり最近は全く弾かなくなっていたのでこれを機にamazonで出品することにしました。

ちょうど送料無料キャンペーン中だったので、大きいものや送料がかかりそうなもの、かなり安めに出品するものはそのamazonで出品することにしました。

たくさんのいいねがすぐについて買い手もついたのですが、梱包のことを考えていなかったのでいざ発送となり困ってしまいました。

やはりギター等は壊れ物で、特に柄の部分が折れてしまったり曲がってしまうと一気にジャンク品になってしまいクレームや返品のものになると記載されていました。

元からギターについてそんなに詳しくなかったのでそういったことをよく考えずに出品してしまい、少し反省しました。

でも、もう買い手もついてしまっており、すぐ発送する必要があったのでネットで発送について検索したところ、ハードケースが必ず必要だという人もいれば、ソフトケースでは配達業者が受け入れてくれなかったという意見もありました。

最悪でもソフトケースは必要だという意見が多く見られました。

ケースは手元になかったのでやはりソフトもしくはハードのケースが必要だろうと思い、どこかで購入して包装しようと思いましたが、実際同じようなamazonやリサイクルストアでもハードケースはめちゃくちゃ高いし、ソフトケースでさえも発送のためだけに購入するのはためらわれる値段でした。

エレキギターならもう少し小ぶりでケースもお手軽な値段でありましたが。

それで、また検索し直したところ段ボールでギターにあった箱を自分で作る方法を載せているサイトを見つけました。

スーパー等で大きくて頑丈な(ポテチやお菓子など軽いものが入っていたものではなく、水やジュース等少し重めのものが入っていたもの)段ボールをもらってきて、それでギターのケースを作ってしまおうと思いました。

サイトを見る限りでは簡単そうだったのですが、いざ作ってみると思った以上にダンボールがいることや補強すればするほど折れたり曲がったりしないか心配になってきました。

プチプチや新聞紙で柄の部分を丁寧にグルグルに巻いたり、枕を作ってそのギター専用のぴったりハマって動かないケースを作りました。

まず、弦を緩め全体をプチプチで覆い、段ボールに固定してから隙間にプチプチやエアーの入った袋を詰めました。

そして最悪水に濡れても大丈夫なようにビニールで覆い、段ボールの蓋を閉じ、また布テープで段ボールを補強しました。

購入したプチプチや布テープもかなりの量で、とにかくギターが傷つかないように、無事購入者様の手元に着くようにということを考えてしっかり補強しました。

コンビニに持っていって中身の説明をして上下のシールを貼ってもらい無事発送することができました。

結局手間の割には儲けがすごく出るわけでもなく、発送料だけでなく梱包料や梱包方法等も出品の前に考えておくべきだなと反省しました。

特に忙しくしている時に、思わぬタイミングで売れてしまうと焦ってしまうことがあります。

それでも、数日後購入者様から無事受け取りましたとの連絡がありホッとしました。

愛着のあるギターだったので捨てるのは忍びなく、ただおいておいても誰も使わないのでそれももったいないしというギターをまた新しい人に使ってもらえるというのはたいへんうれしいことでした。

相手の方もちゃんとまた手入れや調整をして長く使いたいと言ってくださったので、安心して手放すことができました。

結局大変だったとはいえ、また新たな持ち主に出会えたことは良かったなと思っています。

プロレスのポスターとかもいい感じに売れます

もともと格闘技が好きな身であるため、ストックしていた会場限定で販売されるポスターとかプロレス観戦の際に購買コーナーで買ってきたものが多数保有してるため、不要になったものとかはamazonを使って出品をしておりますが、状態が良いものが多数あるため、マニアとかコレクターの方が購入をしてくれることもあり、単品出品の場合だと一つあたり1000円以上で売れたりすることがあります。
ポスターであるため、送料がそれなりにかかってしまうことがあるため、価格を少し上げないといけませんが、リーズナブルな価格で買えるようにはしております。

セット販売とかだと5個セットで2000円から2500円ぐらいで売れるので、こういったところでそれなりの利益を獲得していたりします。
何十年もプロレス観戦にいっていたため、少しずつですが不要になったポスターとかは出品をしている形となっています。
ストックがかなり多くあるため、仕入れにいかなくてもいいのですが、少なくなってからは仕入れのことも考えて動こうかなと思っています。

amazonでも格闘技好きとかプロレス好きな方とかが多く利用しているため、こういったポスターとかも売れることが多かったりします。
マニアとかコレクターの方もいたりするので、リピートしてくれる方もいたりします。
amazonとかせどり出品できるところとかで高値で販売されたり落札されているプロレスのポスターとかもありますが、私のところではリーズナブルな価格帯で提供しています。

あくまで中古品としての出品であるため、安く買ってもうように配慮はしております。
とはいっても不要になったポスターを中心に出品をしているため、状態とかは良いものもあれば微妙な感じのものとかもありますが、8割ぐらいは保存状態は良いものとなっているので安心できる部分はありますが、神経質な方の購入はできるだけ控えてもらうようにしています。
商品説明欄の部分にもきちんと説明文を添えていたりします。

一番驚いたのが熱狂的なプロレスファンとかの方とかはこの価格で買うのは申し訳ないのでもう少し高くしてもらっても大丈夫ですと言ってくれる方もいるけど、熱狂的なファンの方はやっぱ勢いがあるなと感じています。
自分もプロレスは好きな人であるため、熱狂的なファンの方の気持ちもわかるけど、あくまで中古品としての出品をしているので急に価格を上げて売るのは申し訳ない気持ちがあったりします。

手放すのはやめようと思っているポスターとかは当時のレスラーたちの直筆サインが入ったものとか、プレミアな価格がついているものとかになっていたりします。
直筆サインが入ったものとかはほんとに高価なものとなっているため、手放すのはやめています。
一緒に写真を撮ってくれたレスラーたちがポスターに写真を貼り付けてサインをくれたものとかもあるため、こういったのは貴重なものです。

格闘技関係のグッズとかポスターとかもamazonでは多く出品されているため、ファン同士の間で購入が行われたりしているので、勢いがすごいなと感じています。
あくまでポスターとかグッズ関係を出品しているのでまだ良いのですが、グレーな転売とかは気をつけたほうが良いのであります。
自分もそれには気を使い出品していたりします。

これからamazonとかを始めようかなと考えている方もいるかと思いますが、出品したいものとかを決めて計画的に動いていくのが一番おすすめとなっております。
自分の興味や趣味とかの範囲で出品をしていくのが一番安全となっています。
覚えておいて欲しいのはamazonサービスを使った出品となるため、取引は出品者と購入者の間で行われます。

[cc id=5726]