注目キーワード

【2022年最新】FBAに納品できない商品の見分け方

FBAに納品できない商品の見分け方

出品はできても、FBAでは販売できない商品も多数存在します。

FBA禁止商品│Amazonヘルプ

危険物の確認方法│Amazonヘルプ

ゲーム関係で該当するものはほとんどありませんが、他ジャンルの商品をを扱うと気にする必要があるので一度は確認しておきましょう。

確認にはAmazonセラーアプリを利用します。

Amazonセラーアプリ

Amazonが提供している無料アプリです。

スマホならではの便利機能とアプリならではの動作の軽さが特徴です。
・Amazonセラーアプリでできること

  • 売上確認
  • 新規商品登録
  • 在庫数変更
  • 価格変更
  • 商品情報参照
  • 価格見直し推奨商品情報確認
  • 在庫補充推奨商品確認
  • 出品推奨商品確認
  • 注文情報確認
  • 出荷通知の送信
  • 商品コード、キーワード、ASIN スキャンによる商品検索
  • 各手数料確認、出品
  • お気に入りおよび検索履歴保持
  • FBA 納品状況確認
  • お客様からの未読メッセージ確認、返信
  • Amazon Seller 機能のヘルプ確認 以下の事項に関する Amazon への問い合わせ機能(アカウントの設定、在庫 と商品情報、注文、支払、配送、FBA、Amazon 出品モバイルアプリケーショ ン)

・Amazonセラーアプリのダウンロード
iPhone版のダウンロード

Andoroid版のダウンロード

上記リンクからダウンロードしてください。もちろん無料です。

Amazonセラーアプリの使い方

・アプリを起動
スマホのホーム画面からアプリのアイコンをクリックして起動します。

2016-06-04 4-41-20
・ログイン
日本のマーケットプレイスを選び、サインイン画面で出品者用アカウントにログインします。

サインインに使うメールアドレスとパスワードはPCと同じです。

2016-06-04 4-47-08
・スキャンから商品検索、出品
2016-06-04 4-47-45

まずはバーコードをスマホのカメラで読み取って、商品の情報を確認から出品までの流れを見てみましょう。

画面左上の「三」アイコンをクリックし、メニューを開きます。

メニュー内の「商品検索」をクリック。

もしくはこの画面の右上のバーコードマークをクリックしてもスキャン画面に飛びます。

2016-06-04 4-49-42

商品検索画面が開きます。

上のボックスに直接JANコードやキーワードを入力して検索することができます。今回は下の「スキャン・販売」ボタンを押してJANコードをスキャンしてみます。

画面枠内でバーコードをスキャンします。

今回は手元にあった カセットガス をスキャンしてみました。

0311

商品情報の確認、正確な手数料計算ができます。

手数料の右「>」をクリックで、さらに手数料の内訳を参照できます。

この画面で注目すべきは商品写真右側、画像に赤丸をつけたマークです。

このマークがある商品は、FBA出品できない商品です。

このマークをクリックすると次の画面で理由が確認できます。

禁止マークをクリックすると以下のように理由が表示されます。

0311-1

この商品の場合は「商品は危険物です」との表記があります。

このアプリで確認することによって「FBAに納品できない商品を仕入れてしまう」ミスを防げます。
・メッセージ管理
メッセージ管理画面からは、お客様からのメッセージを確認し、返信することができます。

過去30日間の未回答のメッセージのみが表示されるようになっています。

Amazon経由のメッセージは、返答が遅れるとアカウント状態が悪化するので、なるべく早く回答するほうが好ましいです。

そこでこのアプリの出番です。

メッセージが来るとアプリの通知が来るので、見落としが少なくなりますし、外出先でも迅速な対応が可能となります。※スマホ本体でアプリごとのプッシュ通知設定が必要です。

2016-06-04 4-55-31
・プッシュ通知設定
メニューを表示した後、右上側に表示される 2016-06-04 4-58-53のマークをクリックすると表示されます。 使いやすいように設定変更が可能です。

2016-06-04 4-59-22

バーコードが無い商品や商品の名称がわからない場合の検索方法

unnamed (1)

バーコードが無い商品や商品の名称がわからない場合、Amazonが提供しているAmazonセラーアプリのカメラ機能を使うと、商品のパッケージを認識して商品を探してくれます。

アプリこちらからダウンロードできます。

Amazonアプリをダウンロード

本来はAmazonで買い物するためのアプリですが、このカメラ機能は優秀です。
・1.アプリを開いて赤枠カメラボタンをタップする。
2016-05-18 23.37.05
・2.画像を読み込む
2016-05-18 19.44.15

正常に読み込むコツは画像のようになるべく全体が映るようにかざすことです。

正常に読み込めない場合は、カメラをかざしながら位置を変える事で読み込めるようになったりします。。

※商品によってもともと読み込みが出来ない事もあります。
・3.商品と商品ページがあっているか確認する。
2016-05-18 19.44.31

この商品の場合は商品ページは1つしか表示されませんでしたが、候補として複数商品ページが表示されることがあります。その場合は、出品したい商品がどれなのかよく確認しましょう。

もちろん玩具以外にゲームソフトなども読み込めます。

※パッケージと商品カタログの画像が一致するものでないと読み込みできません。

商品内容の表記ミスや確認

基本的にamazonはamazonとamazonを使い分けて使用しています。

手数料が安いamazonで販売したいところですが、落札率はやはり登録者数の多いamazonの方が良いです。

なので、必要のないと見限ったアイテムやなるべく急ぎめで売りたいものはamazonで出品しています。

今回、私が少し苦労した内容はamazonでK10ピアスを販売した時の話です。

今回の件で初めてamazonに問い合わせをしました。

とは言え、お相手の方が気難しい方ではなかったのが本当に救いで感謝しています。

たとえスムーズに購入者様とやり取りをできても、中には不快な発言や要求をしてくる方もいるので本当にセーフでした。

定価1万円くらいのエテというジュエリーブランドのピアスを出品し、すぐにコメントがきました。

さすがamazonです。

見ている方が多く、スピードが早いです。

内容はお値下げ可能かというコメントです。

私は基本的に早く売りたいせっかちなタイプなのでもちろん承諾をしました。

そこで、amazon公認ではないはずのシステムかと思いますが、お値下げをしたあと、その方しか購入できませんよという専用ぺージというものを作成しました。

この時に商品名を削除して専用ページとの記載にタイトルを変えたことが私の過ちでした。

この時にK10ピアスという商品名を消してしまっていたのです。

それからすぐに購入していただき、とてもスムーズなメッセージのやり取りを行えました。

私もその日中に梱包をし、コンビニで発送手続きをし順調だったのですがここからです。

二日後に購入者様からメッセージが届きました。

普通であれば、商品を受け取ったらメッセージではなくて購入者様が私を評価したものがamazonから連絡がくるのでおかしいと感じていました。

内容を見ると、このピアスの素材はK18で間違いないでしょうかというものでした。

いいえ、このピアスはK10です。

その内容と、K18をご希望でしたか、何かきになる点ありましたかと質問しました。

するとK18だと思って買いました、タイトルにもそう買いてあったかと思うのですがとお返事が来ました。

商品ページを確認したところ、私が専用ページに変えてしまっていたため、はじめに出品した際にどんな表記をしていたかわからなくなってしまいました。

もしかしたら私の入力ミスかもしれないし、お相手の方の勘違いかもしれないという、どっちのミスかわからないという微妙な流れになってしまい、お相手の方に大変ご迷惑といらないお気遣いをさせてしまいました。

アクセサリーを買う時、女性は特に金属アレルギーの方もいるのと、持ちの良さ、お手入れなども変わってくるので、素材は大切なポイントです。

なので気に入っていただけないまま使っても申し訳ないのでもちろん返品を受け付けました。

その際に、お支払いが住んでいるため、amazonにご連絡をし、返事がくるたび購入者様とやり取りを重ねました。

すごく良い方で、返品時は元払いで送って下さろうとしていました。

着払いで送ってくださいとお伝えし、あとは、amazonから購入者様へ返品完了の連絡がいったようです。

どんなにお相手が気持ちの良い方であってもトラブルは神経使います。

スムーズに返品できるのか、購入者様にこれ以上のご迷惑はかからないのかなど気になって仕方ありませんでした。

結果的に往復分の送料が私にかかっているので売り上げはマイナスです。

約1300円くらいのマイナスでした。

今後は専用ページに変える際、このようなことのないようタイトルや、商品説明は変えずにしていきます。

amazonは何年か利用していて、販売することに完全に慣れてしまっていたので少し雑になってしまっていましたが初心忘れてはいけません。

その後、返品で戻って来たピアスはまた出品し、すぐに売れました。

さすが、売れるスピードが早い、amazonです。

こんなこともあるあるamazon体験談

昨今、スマートフォンの普及に伴ってamazon等のamazonやamazon!等のamazonサイトが活発化しています。

SNSでも、出品の勧め方が盛んに投稿されているため以前よりこのようなamazonサイトを身近に感じている方が増えてきているのではないでしょうか。

かく言う私もその大多数の中の一人であり、試しに出品をはじめてみたところ、思いのほか簡単に取引をすることが出来たため、今では家族にやり方を伝授するほどになりました。

少しのお小遣い稼ぎと断捨離を兼ねることが出来るため、このようなサイト活用は私にとっては一石二鳥です。

今回は、私の実体験を交えてamazonで失敗した点についてお話ししたいと思います。

◆梱包問題からの送料問題◆

ある時、私は長年好きだった劇団の舞台公演で限定発売された大判のパンフレットを出品することにしました。

数多くのSNS上で、「出品する際の送料は自分持ちで出品したほうが売れやすい」と言う情報を得ていたため、それは、まぁその通りだろうなと、特に何も疑問に思わずに、掲載したパンフレットは送料込みの価格での出品でした。

とても大切にしていたため保管状態も良く、人気のある俳優さんが出演されていた作品であったため、そのパンフレットはすぐに購入したいと落札連絡を受けました。

SNSの教えの甲斐もあり、迅速な対応を心掛けていたため、私はすぐに梱包作業に移りましたが、ここでまずひとつ問題が。

なんと用意していた市販の封筒では幅が足らず、パンフレットが入らないという事態に。

通常の定形外封筒では、大判のパンフレットの厚みと縦幅が収まりきらなかったのです。

そのため、ホームセンターで用意していたものよりもひとつ大きな封筒を改めて探すことになりました。

ここで大幅なタイムロスを強いられることとなり、一気に意気消沈。

ようやくパンフレットを入れられる封筒を見つけ、防水のためビニールでパンフレットを包んだうえで封筒を閉め、いざ出荷!と言う段階でまた次の問題が起こりました。

配送のため郵便局に持ち込んだところ、なんとなんと私の想像以上に送料が高かったのです。
(絶望)

今回、私は購入価格の半値でパンフレットを出品していたのですが、落札価格よりも配送料の方が高いという事態に陥る結果に・・・。

つまり、儲けなし。

これだけ苦労したのに・・・と自分の浅はかさに絶望しました。

この経験を反省し、その後の出品については送料をしっかりと鑑みたうえで価格を設定するようになりました。

少し大きなものに関しては送料を相手負担にしていただいたりと、少なくとも自分が得たい収益分は確保出来るような価格にしています。

意外と、紙類というものは重量があるものなので、今後出品される方はどうぞお気を付けください。

◆専用の段ボール箱が組み立てられない問題◆

amazon等のアプリでは専用の梱包材付き封筒や段ボール箱が用意されており、いまやコンビニ各所で簡単に購入することが出来ます。

これは私の不器用さが露呈するだけの話ではあるのですが、ある音楽DVDを出品し無事に落札された時のことです。

そのDVDは複数枚がセットになっているものであったため、これまた厚みがあり、よく100円ショップで販売されている封筒の内側に梱包材がすでに内蔵されているような封筒では厚みの関係で配送出来ない商品でした。

そこで、コンビニで販売されていた専用の段ボール箱を利用して配送することにしました。

コンビニのレジで段ボール箱を購入したい旨と、同時に配送も行いたい旨を伝え、店員さんに箱を用意していただき、いざ箱の組み立て作業です。

専用の段ボール箱は組み立て方が箱本体に順番付きで記載されているため、まったくその通りに組み立てを行えば良いものですが、何を思ったか、私は箱を開封する際に破る部分をその場で破ってしまったのでした。

目の前に佇む店員さんの無言の「なにをやってるんだこの人」の視線がとても居たたまれませんでした。

その後、新しく箱を買いなおし無事に配送を行うことは出来ましたが、恥ずかしくてしばらくそのコンビニには近寄ることが出来ませんでした。

焦ってしまうといつも簡単に出来るようなことも、思わぬ失敗をしてしまうことがあるため、どうぞお気を付けください。

(こんなミスをしたのは私だけのような気もしますが・・・)

ラスクが割れない状態で沢山送るには

行列のできるラスクの販売をamazonで行っていました。

その当時は一時間以上並ばないと購入する事が出来ない人気の商品でした。

私も大好きで時折、購入し食べていました。

私は地元のデパートで購入する事が出来るのですが、遠い人はどうしているんだろうかと思っていました。

ネットで検索すると楽天市場やヤフーショップでの取り扱いもありましたが、結構高い値段で販売されていました。

そのラスクの会社のオンラインショップを見てみると、商品は正規の値段で買えるのですが送料が600円もするのです。

送料600円と言うのは結構な金額です。

もう少し払えばラスク10枚購入する事ができます。

こんなにも綺麗な箱に入っていなくてもいいのにと思いながら、見ていました。

ふと、他の人も同じ様に考えている人がいるのではないかと思いました。

そこで、amazonで販売する事にしたのです。

価格を一枚から取引可能にし、欲しい分だけ販売し、送料を出来るだけ節約する事で双方にメリットを得る事が出来る様にしたのです。

出来るだけたくさん入り、送料が安いのはクリックポストだと辿りつきました。

そこで、私は自宅用、個人用の方に向けて出品し、クリックポストで発送していました。

クリックポストの場合には厚さは3cmに留めないといけません。

出来るだけ、一回で沢山を発送したいのですが、割れるのも嫌なのでどうしたらいいのかと色々考えました。

他の人等はプチプチに巻いて発送されていましたが、私はそのプチプチ代も節約する為に、厚紙で梱包する事にしました。

ただ、私の身近にある厚紙は段ボールしかありませんでした。

仕事場には箱ではない段ボールがありました。

これで補強する事は出来ないかと考えていると、半面だけ切り込みを入れる事で立体を作る事を同僚に聞きました。

そこで早速クリックポストギリギリのサイズの箱を作ってみました。

そこにラスクを並べました。

蓋も段ボールにすると強くなるのですが、厚さが増してしまい、沢山入れる事はできません。

そこで、お菓子の箱等を活用して蓋にする事にしました。

段ボールよりは厚さがないのでラスクを沢山入れる事が出来ました。

段ボールを職場から持ち帰ると同時に、箱のお菓子を買って食べて、そのお菓子の箱を置いておくと言う事も続けていました。

お菓子を選ぶ時にもこれはラスクの蓋に出来るかどうかを考えて買うほどでした。

販売していたラスクは期間限定のお菓子だったので、そのシーズンになるまではコツコツをお菓子の空き箱を貯めていました。

最早、家の中にお菓子の空き箱ばかりになり、主人にはゴミなのか?捨てないのか?と何度も言われました。

春頃になるとそのラスクの販売は無くなります。

同時にお菓子の空き箱も無くなっていくのです。

始めは10枚程度のラスクの価格で出品していましたが、最終的には20枚のラスクを入れても蓋をして発送する事が出来ました。

なによりも到着した相手から、一枚も割れていなかったという報告を聞き安心しました。

仕事の度に段ボールを貰って帰り、販売した物が売れたらデパートに出掛けてラスクを購入し、梱包して発送していました。

段ボールで箱を作り、ラッピングはそこの店のショップ袋を活用して行いました。

段ボールのゴミが多少なりとも出るし、テープ等も結構使いましたが、作業自体は結構楽しいなと思って繰り返し行っていました。

自分の利益も取っていたので、毎年冬の間だけでも1万円程は稼ぎました。

そのお金でクリスマスケーキとバレンタインのチョコを購入していました。

デパートに頻回に行くのも楽しみの一つでした。

仕事を辞めて、段ボールを手に入れる事が出来なくなったので、手間の割に稼ぎが少なかったので、現在は行っていません。

色々、自分なりに考えて梱包していたなと思っています。

そろばんを売ることにしました

昔のそろばんというのがたくさんありました。

そろばんにも色々と種類があるのですが今主流となっている四つ玉のものではなく五つの玉であったりとか或は一段目が二つの玉の構成でできているとか今見るとなかなかよくわからない形をしているものなのですが、とにかく古いものであることは確かでしょう。

所謂、古民具のようなものとしてこれは売れるのではないかということでインターネットamazonなどに出すということにしてみたのですが、結構他の人も出品しているものでそれほどリアリティが高いようなものというわけではないということがわかってしまいました。

しかしながらそれでも結構売れてたりするので家に持っていても仕方がないというものでもありましたからamazonに出品して処分しようと考えたわけです。

とりあえず写真を撮らないといけないわけですが、とにかく汚かったです。

昔のそろばんである以上仕方がないところはあるのですがとにかく汚れているということがありましたので綺麗にすることが必須でした。

木材でできているわけですからどうしても水に濡らすというのはあまりよろしくない部分があるであろうと考えて、乾拭きに近いような形でゴシゴシとやっていきました。

これで少しでも綺麗にして、ということで売れやすくなったらいいなぁ、ということで頑張ってみたのですがあまり変わることはありませんでした。

しかし、そんなに無駄になったことでもないだろう、ということでそれで写真を撮る事にしました。

写真を撮る時にはスマートフォンを使っていますのでそれほど大変ということではないのですが、なかなかよいアングルで撮影するというのは難しいものがあって、そこで少し苦労しました。

ピントが合わなかったりとかサイズがちょっと微妙であったりとかそういうことがありましたので多少なりともお手間がかかったといえる部分ではあります。

しかし、とにかく写真を撮れましたし、出品の手続きなども軽く行ってあとは入札されるのを待つということになりました。

意外と入札されるまでに時間がかかってしまったというのが少し嫌なところではありました。

しかし、徐々にウオッチリストに入るということも増えてきて入札が入ったのが結局2週間後ぐらいでしょうか、そのくらいはかかってしまったのです。

これがなかなか辛いことであります時間がかかってしまうなぁと感じることではあったのですが男といらないものを処分しようという感じでもありましたので、我慢しました。

最終的にはいくつかの質問が入り、それによって入札もされたので安心して得ることができました。

一番困った質問としてそろばん玉の動きは滑らかにできますかと言われたのですが元々どのくらいが普通に滑らかといえるものであるのかというのがよくわからないということもありましたので、非常に困った、ということがありました。

では、どうしたのか、ということですが動画を撮りました。

どのくらい動くのかということをしっかりと撮影してアップロードしてそれを見てもらうということにしました。

相手もこれで納得してくれたのか、それで入札が入ることになったのです。

そして、売るときには当然、緩衝材などに包むということになりました。

そろばんの箱自体が残っていましたから、とりあえずそれに入れればよい、ということでもありましたが、それだけではちょっと衝撃に対して悪いかなぁ、という感じでもありましたから、しっかりとプチプチの緩衝材などを巻くようにしました。

これでしっかりと壊れる心配がなく、送ることができるようになりました。

古いものでもありますから、破損はやはり怖かったのですが、特に問題は出てきませんでした。

[cc id=5726]