注目キーワード

AmazonFBA納品におけるFC倉庫を固定する方法まとめ

amazon納品先固定方法

準備中

電動アシスト自転車のバッテリーが売れたのはいいけれど・・・

愛用していた電動アシスト自転車が故障して、販売店に持っていきました。

しかし、修理は不可能ということで廃車にして新しい電動自転車を買いました。

パナソニックの、電動アシスト自転車です。

私としては、前の自転車と同じ型が欲しかったのです。

なぜなら、家に2つもあるバッテリーが使えるからです。

でも、店員さんの言うことには、前の自転車はもう販売していない。

型が新しくなって、バッテリーも新しい形になったと。

仕方ないので新しい自転車を買いましたが
困ったのは、家にある2つのバッテリーです。

自転車本体は壊れてしまいましたが、バッテリーには何の問題はありません。

充電器もちゃんとありますし使えます。

どうしようかなぁ・・・と考えましたが
持っていてもしようがないし、かといって捨てるのも勿体ないし
捨てるのにもお金がかかりそうだ。

そこで思いついたのが「そうだ、amazonで売ろう!」
この型の自転車はもう販売はされていませんが
この自転車に乗っている人も多いはず。

そして、バッテリーが先に劣化することもある。

現に私はバッテリーが先にダメになって、新たに買ったから
2つもあるのです。

きっと欲しい人はいるはず、と思い
いくらくらいで売ればいいいかなと
原価とamazonで出ている値段をリサーチし
「これくらいならいいだろう」という値段をつけ出品しました。

幸いにもすぐに売れました。

よしよし、さあ送ろうと思ったのですが
まず、バッテリーの箱がありません。

買ったときに、箱は捨ててしまいました。

バッテリーって、重いんです。

とても重い。

何か適当な箱はないかと家の中を探しましたが
バッテリーの重さに耐えられるような箱はありません。

かといって、紙袋やビニール袋に入れても
すぐに破れてしまいそうです。

買ってくれた方は遠方にお住まいで持って行くというわけにもいきません。

紙に何重にも包んで、家にある箱に入れて・・・・
と、色々梱包してみましたが
どうもうまくいきません。

見た目もぶさいくだし

購入者の方には「発送までしばらくお待ちください。
すみません」と連絡をして
どうしたらいいものかと考えました。

でも、いくら考えてもいい方法が思いつきません。

うーん・・・と数日悩んだあと
「そうだ、ネットで調べたらいいんだ!」
早く思いつけよ!と自分の頭をパンパンと叩きました。

「電動アシスト自転車バッテリー 送り方」で検索をしてみると
困った人は多いようで
「質問箱」のようなところにいくつも質問が乗っています。

読んでいくと、送れる宅配業者さんと取り扱っていない業者さんがあるようで。

出荷伝票にも「リチウムイオンバッテリー」と書かないとダメだとか
色々な情報を得ました。

軽々しく箱に入れて送らなくてよかった、と思いました。

まず、宅配業者に電話して、取り扱ってもらえるかどうか確認します。

やはり、ダメなところと扱っているところがありました。

そして、箱についてはやはり安全なものをということで
別に買うことになりました。

落ちたら発火するタイプもあるようなので
なるべく丈夫な段ボール箱を探しました。

箱の中にすきまには、新聞紙やプチプチをたくさん詰め
いらないタオルなども詰め、隙間のないようにしました。

外側に貼るガムテープも、これでもか!!というくらい貼り付けて
宅配業者に持っていきました。

送料は出品者が払うというパターンで出品したので
送料がいくらかなぁ・・と思ったのですが
やはり高かったです。

買った段ボール代、送料、色々考えたり梱包したりした時間、精神的負担
あれこれと考えたら、出品してよかったのかなぁと
今も疑問が消えません。

それよりも、そんなに早く電動自転車を廃版にするなーと
パナソニック自転車に文句のひとつも言いたくなりました。

いえ、パナソニックには何の責任もないのですが・・・・・

嬉しいお小遣いをもらえた気分

SNSで話題になっていたダイソーの「アクセサリー収納ケース」が欲しくて
何件も探して歩いたことがあります。

人気商品でどのお店も品切れ状態が続いていたのです。

そしてようやく売っているお店を発見しました。

さっそく購入して満足していたところ
私がその商品を見つけられない事を知っている友人が
たまたま買えたからと、私の分を購入してきてくれたのです。

もう買えたとは言いづらく、ありがたく商品代200円を渡して受け取りました。

結果、2個のアクセサリー収納ケースが私の手元にやってきたのです。

そんなに大きなサイズではないのですが、そこまで沢山アクセサリーを持ってはいないので
どう考えてもひとつが無駄になってしまいます。

そこで考えたのがamazonで売る事でした。

前に自分で購入するために登録していたサイトがあったので
まずはいくらくらいで売れるのか調べてみることにしたのです。

どこでも品切れで見つからないという事は聞いていたのですが
想像以上に値段が高く出品されていて驚きました。

安く買った商品をそんなに高く買ってもらっていいのだろうかと
なんだか心苦しい気もしましたが、それでも売れているほどの人気商品でした。

そして、初めての出品なので出品方法をを調べながら
なんとか出品することが出来ました。

きちんとマニュアルがあるのでさほど迷わずに出品出来るものです。

問題の値段設定ですが、これは同じ商品の売れている値段を参考に考えた結果
600円で決定してみました。

まだ開封もしていない新品未開封状態なので少し強気に出てみたつもりですが。

もちろん、同じ商品を出品している人も多くいるので
売れたらラッキーくらいの気持ちでいようと思っていました。

何日かは動きもなく、問い合わせもなにもなかったので
毎日気にして待っていましたが
これは売れないのかと思い始めていた時に、なんと買い手がついたのです。

200円の商品が600円で売れました。

なんだか申し訳ない気がしたのも事実ではあります。

その後は何度か連絡を取りました。

小さなカードにメッセージを付けて送ることにしました。

これは私が以前購入者の立場の時にメッセージカードをもらって
とても気持ちが良かったからです。

何かあってはこまるので、きちんとぷちぷちに包んできちんと梱包し
近くのコンビニから発送しました。

サイズが小さいので発送準備も簡単に済みました。

これで無事商品の転売を終えることが出来たという事です。

取引はとてもスムーズに信用できる人と出来たので良かったと思います。

購入者さんとは20代の女性で、発送して欲しい日にちを指定したいとの事で
何度か少しメッセージのやり取りもしました。

とても丁寧で、このアクセサリーケースが欲しくて探し回っていたとの事でした。

なのでとても喜んでもらったことが嬉しかったです。

自宅にある不用品を売るのは、まだ使えるものを無駄にしないという事で良いと思うのですが
買ったものをそれ以上に高く売る転売は少し抵抗があったのですが
今回、購入者さんに喜んでもらえたので、とても安心しました。

確かに、普通に購入するよりも安く買えるので
私も欲しい商品が高いものの時は、少しでも安く買えるように
amazonで調べてみたりもしています。

需要と供給と言う点では気にしなくて良いのだなと
今回転売してみて感じることが出来ました。

これを仕事としている人もいるわけですから。

色々なことを考えるきっかけになりました。

今回は高く売れたと言っても金額は小さなものでしたが
案外嬉しいお小遣いをもらえた気分です。

家の中に不用品がいっぱいあって気になっていますし
最近の私は断捨離に挑戦しようかと思っているので
その時はまた使い方も簡単なamazonを使ってみようと思います。

ジャンク品と明記したのに

amazonでの初めてのフリーマーケットアプリでの販売でした。
タイトルに、ジャンク品であること、購入されても稼働はしないため、あくまでパーツとしての使用を検討されている方向けに販売していることを明記し、補記にもその旨をきちんと説明した上で、ルンバを出品しました。
ルンバは流通量も多く、また故障した際に公式のルートではない修理場所で修理をされる方も多くいるということを耳にしていたため、きっとジャンク品でも需要があるのだろうと思いフリーマーケットアプリでの出品を決めました。
狙い通り、最初に出品してからすぐにかなりの閲覧数を稼ぐことが出来たので、これは問題なく、またスムーズに、時間をかけずに売ることができると確信しました。
また、その見込み通り、出品から一日も経たずにジャンク品のルンバは購入され、わたしはすぐに発送の手筈をととのえ、丁寧に梱包したうえで配送を行いました。
近くの購入者だったからか、すぐに到着の連絡がありました。
しかし、到着したジャンク品のルンバを見た購入者は、なぜルンバが稼働しないのか、こわれたものを出品してお金を得るということはおかしいのではないか、運営に問い合わせを行い、稼働するルンバを再度送り返すか、それとも返金を行うべきではないかとわたしにメッセージを送ってきました。
わたしは、商品の説明にきちんともれなくジャンク品でジャンク品であること、購入されても稼働はしないため、あくまでパーツとしての使用を検討されている方向けに販売していることを明記したというむねを再度、また再三にわたり購入者に説明をしましたが、受け入れられませんでした。
そればかりか、購入者はじぶんのミスでジャンク品のルンバを購入したのではなく、あくまで騙された結果、このようなことになったのだと主張したのです。
ほとほと困り果て、もうこの購入者にどのような説明をしても無駄であり、ふたりが分かり合えることはおそらくないのであろうと感じたわたしは、過去のやりとりを含め、運営に相談のメッセージを送りました。
すると、運営からの返信は待てど暮らせどこず、一週間を過ぎてこちらが痺れを切らしたところ、ようやく1通のメッセージを送って来たのです。
そのメッセージには、やりとりや経緯、またお互いの主張やメッセージは理解できるが、運営にできることはなく、あくまでも取引の場所を提供しているだけにすぎないことから、トラブルはとうにんたちで処理をして欲しいとのことでした。
わたしは、そのメッセージを読みがくぜんとしました。
運営は、取引のたびに決して安くない手数料をとり、またサポートについても手厚く行うとうたっているにもかかわらず、いざヘルプメッセージを出すと何の対応もできないという返信を平気で行ったことに、悲しくてなにも返信することができませんでした。
しかしながら、これは相手方のこともあり、そのままにしておくことはできないと思ったため、もう一度、一度した主張を繰り返してみることにしました。
すると、相手方も運営のメッセージを確認しており、これ以上ふたりで議論しても仕方ないと思ったのか、今回の取引についてなにか今後行うことはせず、代金も支払うことを認めてくれました。
この時感じたことは、取引において、自分が思っている以上に慎重に行う必要があるということでした。
幸いにも、相手方が折れてくれたことにより、わたしが一方的に損をすることはなかったものの、相手方に不快な思いをさせてしまったため、今後は二度とこのようなことがないように、一層気をつけて取引を行おうと思いました。
ネットが広く普及し、簡単に取引ができますが、こういうこともあるので、注意していただければと思います。

エレキギター、アコースティックギターの発送

amazonでギターを打ったことがあります。

いつはフェンダーのエレキギター、もう一つはベビーテイラーのアコースティックギターです。

とりあえず家にあるものを処分したくていろいろなものを出品していたのですが、大きなものの発送方法のことは全く考えずサイトに載せていました。

まず、写真を撮るのに苦労しました。

現在は商品写真が10枚載せられますが、当時は4枚しか載せられませんでしたのでどこを撮ればいいのか他にギターを出品している人のを見よう見まねで取りました。

ギターは正面だけではなく、ネック、弦高、ペグやボディの裏側以外にも「〇〇の写真を載せてほしい」とコメントが来たりするのでその都度ギターを出して、光の当たるところにセッティングして注文された箇所の写真を何枚も撮り厳選してアップします。

特に私の家は狭いため、普通にギターを出しただけでは散らかった部屋が写真のバックに映ってしまうので、写真を撮る場所を確保するのに周りのものをざっと片づけて場所を作る必要がありました。

しかも、楽器好きな人は専門用語で質問されるので、ただ趣味で始めた私みたいな人間には質問の意味が分からず、毎回グーグルで検索してコメントに返事していました。

楽器は決して安い買い物ではなく、しかもそれが手に取って見れないとなると購入者は商品の細部まで知りたいんだと気づきました。
当たり前ですが。

楽器はどんどんお気に入りに入れてくれる人が多く割とすぐに売れました。

ようやく売却され、そのあと発送するのですが、配送方法を宅配会社に問い合わせ、楽器だというと普通の宅配では発送できないので専門の部署に連絡してくださいと言われました。

それと、ギターのような楽器は必ずハードケースに入れるようにともいわれました。
幸い売却されたギターはハードケースがついておりその点はクリア。

こちらの宅配会社では大型の荷物はまず、縦・横・高さの合計が200㎝以内、重さは30㎏。

売却したエレキギターはハードケースに入れて段ボールを長方形に切って張り合わせたものに入れました。
ギターを段ボールにそのまま入れても傷がつくか心配だったのでギターと段ボールの間に隙間なく入れました。

重さは30㎏は超えないとわかるので、ようやく梱包されたものの長さを測ると楽に200㎝を超えています。

せっかく時間をかけて箱を作ったのに泣く泣く解体してしばらくどうしようか考えていたら、空港でスーツケースをラップのようなものでぐるぐる巻きにして運んでいる人達を思い出しました。

さすがにギターケースの上から直接ラップを張るのは怖いので梱包用のプチプチをギターにぐるぐる巻きつけガムテープで固定し完全にズレないようにしました。
そのあと、安いラップを買ってきてギターの上からぐるぐるラップで巻きました。

高く売ったギターが届くまでに傷ついて返品、ってことになってはたまらないのでエアクッション、ラップともにぐるぐるぐるぐる、かなり巻いたと思います。

ラップで巻いた後はさらにギターが入るくらいの多きなビニール袋に入れさらにガムテープでしっかり閉めてやっと完成しました。

もう一つのアコースティックギターは残念なことにセミハードケースでした。
このギターはもともとネックの付け根部分が一度破損したことがあるギターだったので悩みましがが、エレキギターと同じ要領でエアクッションをギターが見えなくなるくらい巻いて、その上からラップで巻き、大きなビニール袋に入れて発送しました。

到着して購入者に確認してもらうまではすごく心配しましたがこの梱包で無事到着しました。

初めての楽器の送料で梱包以外に送料に関しても無知でしたが、今回はとりあえず発送でき、無事に購入者の手元に届いたので安心しました。

この2件のギターを出品して、梱包方法、それに伴た送料、この部分はあまり何も考えないで出品してしまったのでそれ以降の楽器類の販売するにあたってとても勉強になりました。

[cc id=5726]