注目キーワード

AmazonFBA倉庫へ納品する送料を安く抑える方法

釣り竿などの長尺ものの送料は高い

もう使わなくなった釣り竿を売ろうと思いamazonにての売却を考えました。

amazonではどんな値段になってしまうかわからないし、amazonなら、売れないと判断した時点で少しずつ値下げをすればよいと思いamazonを選択しました。

今まで、amazonもamazonサイトも購入でしか使ったことがなく、出品は初めてでしたが、特に迷ったり困ったりすることはなく、スムーズに出品することができました。

釣り竿は船釣り用のもので、ワンピースロッドで長さが220㎝のものでした。

少し時間がたつと早速コメントが付き、値下げ交渉してくるものでした。

私はどうせ使っていないものだしそんなに無茶苦茶な値下げ交渉でもなかったため、快く値下げをして交渉成立にて、販売しました。

しかし送料は出品者負担にて出品した方が売れやすいとのことだったので、出品者負担にての出品でした。

そして、売れた後にはじめて送料を確認しました。

そこでビックリです。

どこの配送業者も長尺物の配送はとても高額なものでした。

ほとんどが三辺合計160㎝までで、それ以上のものは安くても4000円以上で200㎝を超えるものだと家財扱いになってしまい、6000円以上になってしまいます。

これでは、私の売り上げはなくなってしまい、赤字になってしまいます。

amazonにも手数料で2割もとられているのに赤字ではまだ自分で持っていた方がましです。

これには本当に困りました。
確かに長い物は配達の方も困るでしょう。
軽箱バンに積みこむにも大変だとは思います。

しかし、釣り竿程度の物なら重さなんてしれていますし、他の重い長尺物と一緒にすることはないだろうと不満だらけです。

amazonサイドにも何度も要望をあげていますが、検討させていただきます。

貴重なご意見ありがとうございました。

だけで、一向に改善されません。

配送業者との交渉もあると思いますが、早急に改善してほしいと思っています。

まだまだ、売りたい釣り竿がありますが、これでは売ることができません。

釣り人にはワンピースロッドだからこその楽しみや使い勝手というものがあるのです。

結局私が売った時は購入者と連絡をとりどうするかを話し合い、購入者の知り合いの方が、私の近くに住んでいるということがわかり、また購入者が近い時期にその知り合いのところに遊びに行くとのことだったので、その知り合いに預けることになりました。

結果、送料はかからず知り合い宅までのガソリン代だけで済みましたが、それ以降釣り竿の出品は出来ないでいます。

釣り竿の配送なんて数があるものでなく迷惑だけなのは分かりますがとても困って不満に感じています。

いろいろ調べていく中で、スキー板やスノーボードの板は配送してくれるのがわかりました。

それも、そんなに高くない料金で送れます。

実際に郵便局にて確認しましたが、140cm超というサイズなら200㎝でも250cmでも良いとのことでした。

スキーやスノーボードのほうが重くて配送するのが大変だと思うのですが、この差は何なのだと非常に疑問に思いました。

釣り竿がダメで、スキー板が安く配達してくれる明確な回答はいただけませんでしたが、今後も訴えて行きたいと思っています。

釣り竿の配送がダメなわけではなく高額なだけですが、やっぱり納得のできるものではありませんでした。

何でもかんでも長尺物を安く解禁しろとは思っていませんが、常識的にこれは大丈夫だとか、これはダメだとかの指針ぐらい作れると思うのですがなかなかダメみたいです。

今までの経緯から釣り竿がダメだというのなら明確に理由を示してほしいと思っています。

これからも要望は出し続けていきます。

ベータと呼ばれる映像装置

うちにはデジタル機器が色々とあったりします。

昔から、そうしたものは最新のものをよく買うことが多かったので、そうしたものがたくさんあるのです。

倉庫の中に色々と古いデジタル機器などが大量に置いてあったのですがその中にソニーのベータと呼ばれるビデオ再生機がありました。

VHSと覇権を競ったものでありそれほど売れたという話を聞いたことはないです。

しかし、それがうちにはありました。

それも稼動品になります。

多少古く感じるものではありましたし、汚れもありましたがまだまだ動くということでこれは意外なほど売れるのではないかと思ってamazonに出品。

が、これが意外なほど売れない。

というより意外と出品してる人が多いんですね、このベータというデッキは。

ですがやはり稼働品ということもありますのでそれなりにアクセスしてくれる人も増えて最終的にはしっかりと落札されました。

しかし、これがまぁ、重い。

今の小型のデバイスなどを持っている人達にとってはそれこそ驚くべきほどの重さです。

なんなら腰を痛めるぐらいの重さですので運ぶ時にはとても苦労したことほどです。

一応、ゆうパックなどの重さの上限と言うかランクが変わってしまう、25kgはなかったのでとりあえず普通にゆうパックで送れるということではありますのでその点は助かり

ました。

とりあえず気泡型の緩衝材をぐるぐるに巻きました。

精密機械である上に、とにかく古いものでもありますのでしっかりとは問題なくて配達してもらうことができるようにということできちんと梱包したわけです。

どうせ捨てるつもりのものであったわけですから少しでも売れるというだけでもありがたいことではあったのですが、コンビニまで持って行って配達の処理をしてもらうとい

うことだけでもだいぶ苦労しました。

しかし、売れたのは本当によかったです。

転売に成功した、ということもそうなのですが、そもそも個人としてはもういらないものではありましたし、とにかく邪魔でした。

そして、捨てるのにも費用がかかるようなものでもあるのです。

ですから、捨てるためのコストなどの事実上自分の得したものとして認識することが出来るわけですから、これは実に大きな利点であるといえるでしょう。

そうしたところが、今回の転売では成功したひとつのことであると自分では自覚しているくらいです。

データのビデオテープもあったのでさすがにもう生産されていないでしょうからこちらも一緒に売ってしまおうかと思ったのですが当然、中身が空であるわけではないのでや
めてきました。

こちらは素直に自分で壊して処分。

破壊したのはさすがに映像が残っているということではありましたから、なんとなく個人情報保護の観点からそうしました。

特に面白い映像とか思い出になるような映像というのもなかったですから、そのまま捨てました。

古い映像のキキというのが意外なほど需要があるものなんだなあという感じではありましたが極端に高く売れるほどのレアなものではない、というのは多少残念ではありまし
た。

ですが、とにかく売れたこと自体は助かりましたし、使えるものではありますのでこれからまだ使ってみたいという人の手に届いたということは転売が成功したということと
同じくらい嬉しいことでもありました。

少しでも高く売りたいという感じではありましたが元々いらないものでしたから処分したと考えればこの10倍は成功したと言えることになるでしょう。

しかし、本当に重かったです。

こればっかりは本当に大変なことの一つでもありました。

大きく儲けたということではないですがだいぶ取引としては成功した部類になるのではないでしょうか。

また何か必要のない映像装置などが見つかったら出品しようと考えています。

分厚いニットで売り上げマイナス・・・・・

amazonのamazonにて、着なくなった冬用ニットを販売しました。

新品当時の購入価格は10,000円弱でしたが、首元の伸びや毛玉感などが現れていることもあり、この商品の状態では高値での提示は難しいと思い2,000円で価格設定しました。

出品後、無事購入して頂けたのですが、梱包→発送→受領連絡を貰い取引が終了した後に詳細を確認してみると売上金額はなんと・・・【ゼロ円!】でした。

amazon規定の販売手数料である10%(200円)が差し引かれているのに加え、配送料が1,800円もかかってしまっていたのです。

よくよく考えてみると、出品したのはかなり分厚いニット。

梱包後の大きさはスーパーで売られている米5キロくらいの大きさになっていたかな・・・
これは確かに配送料がかさみそうでした・・・・・
匿名配送だったので正確な配送先は不明ですが、おそらく購入者様は遠方の方だったと思われ、それも大きく影響していたようです。

梱包は、専用ボックスを使わずあらかじめ購入していたジップロックと自宅にあったショッパー(紙袋)を使用したのですが、それが仇となったようで規定サイズにおさまらず、想定外に高額の料金を取られてしまいました。

着なくなった商品ではあったものの、かつてのお気に入りだったことに変わりはなく、それなりの思い入れもあるのでかなりショック・・・・・梱包資材や手間賃を考えるともはやこの取引の売上はマイナスになってしまったではないか・・・・・と落ち込みましたが、しかたないので、今後のための良い勉強機会だったとプラスに考えることでなんとか立ち直りました。
以下、今回の事象をまとめます。

▼今回の私の対応
・価格設定
└2,000円(手数料10%の200円、送料300円程度を想定し1,500円の粗利見込み)
└ここに梱包にかかる費用およそ50円を差し引き実粗利は1,750円程度と予想。

・梱包方法
└事前に100円ショップで購入していた大き目サイズのジップロックに入れ、ショッパー(紙袋)で包装。

└梱包にかかった金額は50円程度。

└梱包後の形は四角ではなく、ニットのふくらみに沿った変形型。

↓↓↓

実際の粗利はゼロ・・・

↓↓↓
▼今回の失敗からの学び
・自分で梱包してかさみそうな商品は、専用ボックスを使用したほうが配送料を抑えられる可能性がある。

・販売価格は、購入者様が遠方の可能性を考慮し設定する。

・分厚い商品を梱包する場合、配送料が高くなる可能性もあるため、それを考慮し価格設定するほうが良い。

フリーマーケットやamazonで出品する際の価格設定は難点になりがちですが、まさにそこの問題で悲しい思いをした経験について書かせて頂きました。

梱包にかかる費用はあらかじめ想定することが可能ですが、配送料が初めから見込めないのは痛いところで、あらゆることを考慮して出品する必要があると身をもって学びました。
以後わたしは、分厚い商品を出品する際には「※配送料がかさむ可能性があるためそれを考慮した価格設定をしています」という表記をつけるようにしています。

このような顔が見えない取引をする上で、コミュニケーションレスによる不愉快なトラブルを防ぐことはもちろん大前提ですが、愛着のある私物たちを気持ちよく手放せるよう、あらゆることにアンテナをはり、自分自身の中で検討努力することも必要だと考えます。

フリーマーケットやamazonで私物を出品するひとの大半は「思い入れのあるものが捨てて燃やされるくらいなら、別の誰かにまた大切にしてほしい!」という願いを込めているのではないかと思います。
そんな方々が悲しい思いをすることがないよう、私の失敗談がどこかのだれかのためになることを祈っています。

出品者によって何故商品の売れ方が違うのか

ある日上司と世間話しをしていた。

何か良いお小遣い稼ぎないですか?っと質問したところ

今某amazonを今行っている。
不要な物を売ったら良い値段で売れるし転売で良いおこづかい稼ぎにもなるからよかったらやってみたら?
と言われamazonの存在を知ってはいたが試したことが無かった、流れとしては商品の写真を撮り商品情報を書き出品するという流れだ。
初めてだった自分は早速ノウハウを教えてもらうことした。

上司の商品売買履歴を見てみると洋服、時計、ブランド物、クリアファイル等、さまざな商品が売れており当初の自分のイメージでは簡単に良い値段で売れるんだ!っという気持ちだ。

上司からノウハウを学んだ自分は会社が終わると早速家に帰り家にある不要な商品を探してみる。

もう着なくなったブランドの洋服が見つかり早速写真を撮ってみる。

流れとしては簡単だがいざ写真を撮ってみると実際見ている現物と写真では何か違う。

何が違うのか…光の当て具合や角度により商品が別のものに見えるのだ。

相手に写真のみで商品の良さを伝えるのはまあ難題である。

床に商品を置いて写真を撮ると電気がうまく当たらず暗く見え自分の家の壁は木目の為、壁にかけても多少暗く見える。
昼間は良いが夜では難しい。

上司に相談したところ、壁が白に近いところだと商品が映える、写真を撮った後、コントラストで画質を調整すると綺麗に見える等、アドバイスをいただく。

アドバイスを元に写真を撮るとだいぶ現物に近づく。

写真を撮るのは面倒だがこのひと手間が購入者に安心を与えると個人的には思う。

写真が上手く撮れた為、あとは本文に商品紹介を記載しいざ出品。

個人的にはこれですぐ売れるに違いないと思っていた。

しかし現実は違った。

3.4日経過するがいいね!も付かず売れる気が全くしない。

上司と自分では果たして何が違うのか?
相談してみることにした。

上司に確認をしてもらうと

写真は正面以外に斜めからも撮った方が良い、商品のタグやロゴ部分も撮り相手に本物と伝えることも大事。

紹介文に関しては商品をわかりやすく伝える為、洋服の寸法、色、生地等、調べれる情報を明確にして記載しなくてはならないとの返答だった。

確かに上司の商品と自分の商品を確認すると上司の商品はわかりやすいが自分の商品はとてもわかりづらい。

相手にどれだけわかりやすくアピールするかがどれほど重要かと思い知らされる。

帰宅後、早速メジャーで洋服の寸法を計り商品情報を記載する。

確かに商品の細かい情報を記載することにより相手からしたらわかりやすい情報になる為、商品価値が上がる気がしてきた。

翌日はじめてのいいね!が着く。

その翌日、初めてコメントが来た。

商品の購入を検討しています。
お値下げは可能でしょうか?

商品情報を記載しわかりやすい情報にしたところ展開が急に変わったのだ。

相手とコメントでやり取りしようやく初出品した商品が売れたのだ。

売れたのは良いがどの様に梱包したら良いかわからない。

調べたところ紙袋でも大丈夫そうだった為、紙袋に入れて準備することにした。

相手に不快な思いをさせないことが大事な為、一度消臭剤を振り、綺麗に畳む。

紙袋をガムテープで貼る際、綺麗に貼らないと相手が貰った時に不快な気持ちになる可能性もある為、必ず綺麗に貼ることが重要だ。

売れた後、購入者は商品を待ちわびているので送付できるタイミング等必ず伝えないと相手とのトラブルになる為、注意をしてほしい。

いざ某amazonを使用してみてとても便利だと実感しているが商品売買にあたり、どれだけ商品を綺麗にわかりやすくアピールするかによって売れ行きが違ってくる。

そこのひと手間を加えるかによって売れ方が変わってくるので今からされる方、している方はひと手間を加えて楽しくamazonを使用してほしいと思う。

[cc id=5726]