注目キーワード

AmazonFBA納品に使えるおすすめの緩衝材をご紹介

【Amazonせどり】FBA納品に使える緩衝材は?おすすめ

準備中

amazonで赤字になった…

私は日ごろからamazonを利用して自宅で使わなくなった不用品を出品しています。

小さい子供もいてなかなか働きに出れない私の少しばかりのお小遣い稼ぎです。

普段はCDや本、子供服などの出品なので、
A4の封筒に綺麗に入れて梱包して、発送。

発送方法も慣れてきて手間も負担もかからず難なくこなしていました。

そこで少し余裕のでてきた私はほかのものに目をつけてしまいました。

ちょっとなれてきたこ頃に他の方の出品をみて、ブランドのショップ袋も売れる事を知りました。

私は昔から貧乏性なのか、ものもちがいいからか、ショップ袋は綺麗に取っておいていたため、家の中にはたくさんのショップ袋が。

これはもう使わないだろうと、いい機会だし出品してみました。

値段は600円と、自分なりにも満足のいく値段でうれたのですが、問題はここから。

まず…ショップ袋ってどうやって発送するのか問題。

折りたたんでしまったら、しわがついてしまって、せっかくきれいに保管していたのが台無し。

かといって大き目のショップ袋を袋に入れても、発送中に折り曲がってしまうのではないかという不安。

折り曲がらないように、送料がそこまでかからないように…考えたり、インターネットでしらべたりしていると、段ボールでサンドして挟んで送るという方法を見つけました。

そうか!そうすれば折り曲がらない!と安心して作業開始です。

そこでまたもやトラブル発生。

今度はその大きさにあうまっすぐな段ボールがないということ。

大きいのがあれば折り目がついてしまっている。

折り目がついていないものであれば、段ボールの大きさが足りない。

さあどうしよう。

そこでまたインターネットさんに聞いてみると、つなぎ合わせる方法を発見しました。

それを採用して早速作成です。

丁寧にまっすぐに希望通りの大きさの段ボールを作ること…30分。

思っていたよりも時間がかかってしまいました。

まっすぐ貼り合わせるって意外に難しかったです。

ここまでで一通りの梱包は完了したかなと思ったら、今度は段ボールが丸見え!
いつまでも問題が出てきます。

この時点でショップ袋なんで出品しなければ良かったと後悔が後をたちません。

今度はこれを梱包材の調達です。

大きい袋…大きい袋…
と探しているけどなかなかないものです。

ごみ袋?と思ったり。

さすがにいくら新品でもごみ袋はダメですよね。

でもそれほどその時は困っていました。

綺麗な紙のショップ袋はたくさんとっておいたのですが、ビニールタイプの袋はとっておいてなかったのです。

家の中を探すに探しました。

ようやく見つけたのがまたもや貼り合わせ作戦です。

最近に購入していた小さ目の袋を4枚取り出して今度をセロハンテープで貼り合わせます。

セロハンテープだと強度がとても心配だったので、2,3重に重ねて貼りました。

見た目こそうつくしくないのですが、中身の商品は守れた!
ということでここで完成。

ここまでの作業時間を考えたら本当に大変です。

きっとまた同じことをしろと言われてもNOと言ってしまいます。

梱包が苦労に苦労を重ねて、さあ発送です。

大きさもあるし、私のなかでは定形外郵便の一択でした。

暑さもない、商品も軽い。

送料は400円位かな~と考えて思っていました。

ですが、それが甘かったです。

いざ郵便局にもっていくと値段は800円超え!
え??
なんて??
思わず郵便局員さんに、本当ですか?
と聞き直してしまったはど。

さらには、もう少し安く送れる方法はないですかと聞いてしまいました。

きっと郵便局員さんはこまっていたでしょう。

レターパックやゆうぱっく、いろいろ調べてもらいましたがありません。

なんといっても袋なんて規格外すぎる形なんです。

重さもショップ袋だけならまだしも、段ボール二枚も使用しました。

段ボールをつなぐためにガムテープも、袋をつなぐためにセロハンテープも使用しました。

それは重くなりますよね。

セロハンテープなんて頑丈にするために何重にもしてしまったし。

もう少し効率よく貼ればよかったとここでとても後悔しました。

でもこの郵便局で梱包しなおすわけにもいきません。

それにもう梱包作業とはおさらばしたいです。

他に方法はないとのことで落胆しながら、帰宅。

そこでようやく今までの作業が全部無駄だったことを思い知ります。

送料のほうが高い…。

amazon側にも手数料を取られ、苦労して梱包して、赤字。

最悪です。

本当に出品しなければよかったととても後悔しました。

そのあとは、ほかにも出品していたショップ袋はすべて公開停止にしました。

いつもの子供服。
CD、本だけにとどめておけばよかったです。

これからも梱包、送料をきちんと考えたうえで商品を出品しないといけないと、身をもって学びました。

今回のことは授業料として飲み込むしかないです。

ちょっと袋の梱包の見た目が悪かったので、これで評価が悪く着いたら最悪ですが、購入してくれた方の評価もよくそこは一安心です。

ゴミの山が宝の山でした!!

引っ越しを機に断捨離をはじめました。

なんとなく捨てられないものが多かったのですが、引っ越し先の収納事情やミニマリストに憧れがあったので心を鬼にし最低限の必要なものをピックアップしました。

すると、残ったのは大量のいらないモノ・モノ・モノ!!
中には今後絶対に使わないけれど、思い出深い品も多数あったので気持ちを落ち着けるためにせめても・・・という気持ちで写真を撮ってゴミ袋に詰めていきました。

片付け終わった夜にぼんやりとカメラロールを眺めていてふと、「もしかしたら、売れるのではないかな?」と思い、ポイント目当てで登録だけしてほったらかしていたamazonのアプリを再インストールし、写真に残した中でも綺麗に取れていてシーズン的にもニーズがありそうな春服を3点出品してみました。

PLST(プラステ)というブランドの原価が10,000円前後のさほど高価ではない前シーズン発売のワンピースが2点とセットアップが1点。

わたしの中では捨てるゴミでしたので、ヤマト運輸のヤマト便の送料込み3,000円即決で出品してみたところ、驚くことに翌朝には2点売れていました。

売れていないワンピースにも質問がついており、見てくれている人も多い!
ちょうど燃えるゴミの日の朝だったのですが、山積みになったゴミ袋を前に、これは捨ててはいけないぞ!と思いました。

服・雑貨・コスメ・いただきもののサンプル品などなど・・・
ブランド等はこだわらず、とりあえず売れるかわからないけれど、状態の良いものはすべて出品してみることにしました。

次々と、出品すればするだけおもしろいように売れるので、だんだん楽しくなってきました。

最初は時間のかかった出品作業も慣れてくれば写真撮影~出品完了まで5分程。

出品したり質問への解答や売れた商品の梱包や発送のためにコンビニへ持っていく時間も含めて、引っ越しまでの2か月間は1日3時間はamazonに費やしていました。

(今思い返せばよく荷物の持ち込みをしていた当時の最寄りのコンビニで変なあだ名をつけられていないか心配ですね)
結局、引っ越しまでの2か月間の売り上げは手数料・送料や梱包にかかった諸経費差し引いて20万円と少々・・・取引数は120件程になりました。

意外と売れたのは、ショッパーです。

CHANELやDior・Louis Vuittonなど、名の知れたハイブランドのものしか売れないだろうと思っていたのですが、coenやikkaやグローバルワークス・チャオパニックなどのカジュアルブランドのショッパーもテイストの近いショップのものをまとめて売れば20枚1,000円で売れました。

少額ですが売れてとにかく驚いたのは、コスメの空箱です。

ハイブランドのコスメの箱は綺麗でなんとなく捨てることができず溜まりに溜まっていたのですが、他に送料別100円で出品されているのを見て、定形外郵便送料無料で200円で20点程出品してみたら2日程で次々と売れていきました。

まとめ買いをしたいという購入者の方に興味本位で何に使うのか聞いてみたのですが、撮影用だそうで・・・思ってもみないニーズがあるんだなぁと感心しました。

もちろん、落札後に条件変更を提案してきたり独自ルール強めのややこしい購入者の方もいましたが、運の良いことにトラブルには今も巻き込まれていません。

ゴミの山が20万円・・・そう考えるとゴミの山でなく宝の山だったんだなぁと思っています。

いらないものは買わないを徹底できたらいいのですが、どうしてもでてしまう不用品。

わたしにとってのゴミは誰かにとっての商品になることを知ったので、これからも不用品はこまめにamazonに出品するように心がけます。

送料にクレームをつける人

サンリオで働いていた時、一時期キティちゃんにはまってぬいぐるみからキッチン用品まですべてキティちゃんでそろえた時期があるのですが、
さすがにいい年でそれもないなとキティちゃんの商品をYahoo!amazonで出品し処分する事にしました。

今のように郵便局やヤマトとの提携が無い時代だったのでゆうパックおてがる版もヤフネコ!宅急便もなく安く発送するのであれば定形外郵便と言うのが主流でした。

(ワレモノなどはゆうパックなどの着払いで発送、それでも「定形外で発送して下さい」と言う人がいましたが。

ただ、自分の家にある量りはデジタルではなく、針で重さを量るはかりで、自宅で量るのと郵便局に行って量ってもらうのでは若干誤差が生じるため
自宅で量った重さの料金を提示し、商品説明に必ず「自宅の量りで量るため誤差が出る事はありますが重くても追加料金は頂きませんし、
軽くても返金いたしません。
理解の上ご入札下さい」と明記して出品していました。
(送料も込みでこの商品価格と納得してもらうためです。

郵便局で量ってもらってから送料をお知らせするのでは時間がかかってしまう為あらかじめ商品説明に明記しお取引をスムーズにしたかったというのもあります。

あまり誤差が出る事はなかったのですがある時、ぬいぐるみを出品する時に100gの料金になるか150gの料金になるか微妙な重さの時があって、
(確か商品自体は98g位で梱包したらグラム数がかわるかな~と言う感じでした。
)商品説明に「送料200円(当時の150gの料金)で発送致します」と記して出品しました。

商品が落札され、商品発送する時いつもならトラブルを避けるたあらかじめ切手を用意し(この場合は200円分の切手を貼って)郵便局で量って少ない場合は差額を払い、
多い場合はそのまま出していたのですが、たまたま自宅に切手が無く郵便局で量ってもらった所140円(当時の100gの料金)になり
140円と印字された紙を貼って発送してもらう事になりました。

後日落札した人から「送料を多く取られた」と評価に書かれ「商品説明に送料の誤差については説明してありましたので落札時に納得されての入札では?」と
説明しましたが納得して頂けず残念な取引になってしまいました。

ですのでそれからは郵便局で量ってもらう時、量ってみて提示料金に達していない時は「送料として200円をもらっているので」と局員さんにお願いし
商品の他にボールペン1本を量りにのせてもらって200円の印字の紙を出してもらい商品に貼り200円支払って発送することにしました。

現在はほとんどYahoo!が提携している安い配送方法で発送しています。

定形外郵便での発送は補償や追跡などがなく(追跡のサービスもありますが安く済ませるためほとんどに方は追跡サービスは使いませんので。

発送する方にしてみれば商品が届かないとか壊れたなどのリスクがあるため落札者に理解してもらわなければならないため出来れば補償のある発送方法にしたいのですが
落札される方は「送料」も重視されるようでワレモノ以外はゆうパックなどの送料設定は避けられてしまいます。

得にわたしの住んでいる地域が北海道というのもあり、道内以外の方に発送するとなると送料はネックになってしまいます。

送料込みで商品設定してもやはり送料の事を考えたら商品価値を下げる設定になってしまうので、同じような商品がamazonに出品されている時は、
その商品や同じような商品をなるべくたくさんリサーチして出来るだけ他の商品より安く設定し、見てもらえるように出品しています。

商品が落札者の手に届くまで何も問題なければと日々思いながらamazonを続けております。

amazonでファッション用のキャップを売ってるけど、人気メーカーのものが良く売れるけど、ライバルが多いので苦労する

amazonサービスを提供しているamazonにてファッション用のキャップを出品しつつ販売をしておりますが、できるだけ状態の良いものとかを出品しているようにしているため、それなりの額で売れることが多いけど、買ってくれる年齢層が限られていてライバルもいたりするので価格設定とかも悩みながらしていて、購入者の立場になって買いやすいようにしているのだけど、売れない時は売れませんし、売れる時は出品しているものが複数売れることがあるため、ファッション用のキャップは出品のライバルが多いということが良くわかります。

一応ですが、メンズやレディース問わずファッションに合わせられるキャップを販売しているため、買ってくれる方は若者とかが多いですが30代とか40代ぐらいまでの人もたまに買ってくれることがあるため、助かっていて、ただ、値引きとかの交渉が多くなる傾向であるため、ふざけ半分とか冷やかしまがいの値引き以外はできる限り応えておりますが、大幅な値引きをしてくる人もいるので困ったものであります。
こちらとしても仕入れ以上の額を稼がかないといけないので、一つの利益を多めにしないといけないので、価格も少しだけ高めにしている形となっています。

人気メーカーのキャップであるので需要も多くあり、ライバルたちよりも少しだけ安くして販売をしておりますが、人気出品者の方に流れてしまう場合が多いので、思い切って1000円以上安く売ったりすることもあるけど後で後悔することがあったりします。
仕入れとかについても以前はリユースショップとかリサイクルショップとかに足を運び状態の良いものを見つけてそれをまとめて買ったり、古着屋とかに足を運びそこで買ったりなどしているため、足を運ぶ場所は多くありましたが今のご時世なので最近では通販を使って買っていたりします。

ファッション用のキャップであるので、くいつきのよいものとかをチョイスして仕入れをしているため、閲覧の方がこれは良いとかこれ買おうと思うものを自分的にチョイスをしているため、センスが出ているか出ていないかはわかりませんができる限り、ファッションに合わせやすいものを買って出品をしていたりします。
ファッション用のキャップってサイズとかもあるため、そこもしっかりと考えて買わないといけなく、商品説明の部分とかにもサイズとかを素人目線でありますが計測した結果を載せていたりしますが、それが正しいかどうかは自信がないです。

過去に販売していたキャップでもサイズが合わなくて不快な思いをさせてしまい、返品対応をしたケースもあったりするため、キャップを買う時はサイズもしっかりと考えて購入するように心がけている形となっています。
また、梱包とかについてはジップロックのような袋に入れて真空状態にさせたものを封筒に入れて、ヤマト便のネコポス扱いにて送るようにしていて、購入者の要請によっては宅急便コンパクトのレターパックとか角型BOXとかに入れて送るようにしていますが、要請がない限りはネコポスにて送るようにしていて、購入者の要請もない状態でものが届いた後にあーだこーだ文句を言われてもこちらが困りストレスが溜まったりします。

商品説明にも詳しい内容を買いているのにも関わらず文句をいってくるとか何様のつもりだと心の中では思っていますが、丁寧な対応をしつつ、謝るようにはしております。
梱包とかは素人であるため、できるだけキャップに傷や汚れがつかないようにしていて、折り曲げとかつばの部分が変形しないように丁寧に入れておりますが、配送の都合でたまにちょっとだけ変形してしまう場合がありますが、こちらのでせいではないのに、評価を下げられ文句を言われ、暴言はかれることもまれにあったりします。

[cc id=5726]