注目キーワード

ハンドメイドアプリでの苦労【出品や納品の体験談】

ハンドメイドアプリでの苦労

わたしは、ハンドメイドが好きで某ハンドメイドアプリで商品を紹介し、気に入った人に買ってもらうということをしています。

その中でわたしが苦労した話を書きたいとおもいます。

わたしがつくっているハンドメイドの中でよく売れている商品が、アロマワックスバー(ろうそくで作られた芳香剤のようなもの)です。

あるお客様から、その商品へのお気に入り登録から購入のリクエストが届きました。

わたしは、お客様とのメッセージで会話をし、後日、アロマワックスバーをつくりはじめました。

(注文を受けてから毎回、ひとつずつ作ります。
)
やっとつくり終わり配送、という流れをとったのですが、郵便局から配送したにもかかわらず、お客様から連絡で1週間たっても2週間たっても商品が届かないというのです。

そのお客様は、運悪くその商品を知り合いの誕生日プレゼントとしてあげようと思っていたらしく、期限通りに届かなかったことに対しての長文のクレームをいただきたした。

また、住所の書き間違えではないか、とメッセージで言われ、変わった住所だったため、しっかり確認していたので、そんなはずはないはずだけどと思いながら、しぶしぶ、再度つくりなおし、2つ目のアロマワックスバーをおくりました。

2つ目を送る間にも、メッセージでいろいろやりとりしていました。

相手側が本当におくったのか疑っていたのか、郵便局へ連絡して聞いていたり、返金は嫌だが再度つくりなおしてほしいなど。

正直、その商品は、趣味として販売していることところもあって、わたしに実質的な売り上げはほぼないので、2つ目をつくって送るとなると、売れた側のわたしがお金を出して商品を相手に届けるという形になりました。

販売額300円で私負担の送料170円プラス材料費なので、2つ作って送るとなると時間もお金もとられます。

やっと2つ目をおくり、お客様に届いたときには、お客様から嬉しそうなメッセージがとどきましたが、わたしは、この一件でこりてしまい、ハンドメイドの出品を1年間おやすみしていました。

もともと出品していた金額が、一般的なアロマワックスバーのものと比べると、大変安く設定していたこともあり、行き違いがあったときには、こちらが苦労するのだと感じた一件でした。

個人と個人の取り引きをして商品を購入する場合は、買う側がしっかり送ってくれるのか、心配になる気持ちはわかります。

しかし、メッセージでのやりとりがせっかくあるので、商品の到着は、いつごろまでがいいのか、どういう意図で買ったので必ずこの日にちまでにはおくって欲しいなどの情報をある程度、売り手につたえる義務もあるとおもうのです。

また、売る側がかんがえるべきだとおもったのは、郵便物に追跡番号などをつけるかどうかです。

追跡できるように商品を発送すると、そうでない場合と比べて、送料がふえます。

送料を増やしてまでも、もしものときのために、追跡できるようにするか、そうでないかもしっかりかんがえるべきだとおもいます。

例えば、5000円の商品を送るときと300円の商品を送るときでは、5000円の商品をおくるときは、しっかりした配送方法を選ぶことが多いとおもいます。

追跡番号をつけるなどの対策です。

しかし、300円の商品を送り主負担で送るとき、できるだけ安く、送料を抑えておくりたいとおもうひとが多いと思うので、追跡番号をつけないことがほとんどだとおもいます。

そういったときに、商品の行方がわからないといわれてしまうと、送った方としては、本当に届いていないのか、本当は届いているが嘘をついているのかがわからないことが問題だとおもうのです。

追跡番号のある配送方法で送ることを前提に、低価格の商品を送料を買い手負担にしてうるか、もともとの価格設定をあげて売るのか、どちらかの選択肢をとることで安全に安心した取り引きができるとおもいます。

メッセージでの取り引きができるいまの社会は、犯罪がおこりやすいともいわれていますが、逆にメッセージでの取り引きができることで買った人がなぜ買ったのか、いつまでには必ず届けて欲しいのか、具体的なことを売った側と共有できることに魅力があるとおもいます。

そういった質問をすることで顔の見えない相手から物を買った際にもメッセージのなかで信頼がすこしでも芽生え、トラブルがへるのではないかとおもいます。

なので、amazon、amazonなどの個人対個人の取り引きの際には、値段設定をよくかんがえること、配送方法をかんがえること、メッセージで信頼関係をすこしでもきづくことが、トラブルの少ない取り引きにつながるとおもいます。

お世話になったベビーカー

amazonは初体験でした。

ママ友が、「また売れてる!!」「早く配送の手配しなくっちゃ!」と意気揚々と話している様子をみて、私は、「何が売れたの?」と聞きました。

聞けば、育児の合間にamazonで小遣い稼ぎをしているとのことでした。

「これが結構売れるのよ。

」とママ友がいうので、興味はありましたが手間がかかって面倒だなと正直思っていたので、他人事のように聞いていました。

ママ友の売れた商品を聞くと、使用済の海外ブランドの化粧品や有名ホテルのアメニティグッズ、子供のサイズアウトした洋服などが比較的売りやすいとのことでした。

私にも家の中を探せば、使わなくなったベビー用品やベビー服の数々など、探せば山のように出てきました。

私の周りでもamazon派と買い取り業者派に分かれました。

子供の成長とともに、必要なくなったベビーカーやクーハン。

子供のおもちゃなど。

子供が生まれてしばらくは、とても重宝していたものなのに、時が経てば必要なくなりやがては置き場に困り、家の片隅に置かれている大型のベビー用品たち。

私の娘は眠り姫(よく眠る赤ちゃん)でした。

ベビーカーはこだわりをもっていたので、海外の高級ベビーカーバガブーを購入しました。

サンシェードはベビーピンクでお洒落で可愛いベビーカーでした。

赤ちゃん時代から3歳くらいにかけて、ベビーカーに大変お世話になりました。

どこに行くにも、お気に入りのベビーカーに乗って出かけました。

ママ友とお出かけする際も、必ずベビーカーに乗って出かけていたので、ベビーカーなしの生活は考えられませんでした。

そんな娘も成長し、やがて必要なくなったベビーカーを手放そうと決心したとき、amazonの存在を思い出しました。

ママ友いわく、「よく売れる商品があるのよ」「みんなの文章を参考に、値付けや文面を考えるといいよ」とアドバイスをもらったので、早速、同じブランドベビーカーを出品している人たちを参考にしました。

まずは、ベビーカーを綺麗に掃除し、写真を何枚か撮りました。

傷や年式は隠さずそのまま正直にお伝えするのが、信頼につながると聞いていたので、デメリットになる情報もお伝えしました。

写真と文面を考えて、早速投稿し、すぐに反応がありました。

バガブーのビーというベビーカーを探しているとのこと。

正規の値段が10万円近くするもので、数年しか使わないベビーカーにそこまで予算をかけられないので、中古でお値打ちに探してみえる方でした。

私の希望金額は、年式や使用頻度、経年変化も含め送料込みで3万円でした。

ほかの出品しているほかの方々を見ると、ピンキリで正直新品で買うのとあまり変わらない値段設定の方もいらっしゃいました。

そんなに高くて買う人がいるのかな?とその方の売れ行きを追っていたところ、あっさりと売れていたので正直、びっくりしました。

私も、強気の値段設定で攻めようか迷いましたが、良心が痛み希望価格の3万円で出品しました。

買い取り業者さまでしたら、1万円くらいの値付けでしたので、愛着のある物でしたし、大切に使っていたので状態も比較的綺麗でしたので、その値段設定にしました。

興味を持ってくれた方は、同じ県内に住んでいる方でした。

もう5,000円くらい安ければ買いたいとのことでしたので、配送料分をお値引きさせていただきました。

そしてご縁があり、購入いただけました。

今回は、買い取り業者とamazonの出店で悩みましたが、先ほども記述したように、ベビーカーにこだわりを持って選んで思い入れのあるものでしたので、大切に使っていただける方にお譲りしたいなと考えておりましたので、自分の納得できる値段設定ができるのは素晴らしと思いました。

また機会がありましたら、利用したいです。

私のamazon奮闘記

私はガラケー時代からモバオクというサイトを使い、ネットで使わなくなった衣類を販売していました。

基本的に好きな人は好きなブランドなので、出せば必ず売れるものでした。

私はこだわる方なので写真を前、後、ネーム、あとは特徴的なデザインや柄部分等、細かく撮影し、シルエットや置き方、更にはライティングにも何故か当時は夢中でした。

そんな撮影が終了すると、基本金額を決めて出品、という流れなのですが、ここで厄介なのが送料の所でした。

そもそも、複数出品しているので、同梱可としており、他の出品者も勿論、同梱可の方を多く見ました。
とりあえず真似ました。
そう、私は見て覚えるタイプの人間です。
そして
落札者によっては、やはり実際に同梱となることもありました。

なので、あらかじめ1着ずつ梱包しておく、という作業は後回しで良かったのですが…

この出品後の流れというのが、なかなかくせ者で
落札の後、落札者は私があらかじめ登録していた数種類の発送方法を選びます。

ただし、事前に登録していた送料と実際の送料が異なる事がありました。
なぜか。

特に、同梱となる際は送料が確実に異なります。
実際の送料を調べるために、モバオクの場合は落札確認後に落札金額と送料の通知があり、そこで金額が決定となります。
この金額通知前の段階で金額の修正ができるようになっているので、落札品を梱包し、縦横奥行きと重さを計りに直接郵便局等へ行って調べます。

いくらかかるのか訪ねて調べた後、送料は何円なので合計何円です、と相手に金額確定を通知するか、修正通知をし、そこでやっと落札者が落札品と送料の入金手続きを行います。

この通知のやり取りは間にモバオクの規定画面でできるので、各手続き操作事態はそこまで苦ではなかったです。

直接のメッセージというやり取りはコミュニケーションスキルの向上にも繋がりました。

が、やはり面倒でした。

送料を調べる余裕がないときは、郵便局で最終的に封をして、差額の貰いすぎていた金額は落札品と一緒に入れて送ることもしばしばありました。

今思えば、何にそんなに急いでいたのか…思い出せない程、生き急いでいたようです。

本来は郵送でお金の同封は推奨されていないのですが、そんなことはいってられません。
動かないように紙にセロハンテープで貼り付けです。

手紙を書く余裕もないと、後から落札者に差額は一緒に入れてます、なんていうメッセージを送った事もありました。

発送方法ごとに送料が異なる、というのが後払いができるような専門業者ではない個人というので面倒だと感じる要因だったのかと思います。
きっと。

当時はそれ(送料)が当たり前だと思っていたので、そういうものだから、とできた芸当だったのかと過去を振り返って思います。

今利用している、amazonの送料一律金額、そして個人情報を通知しない匿名で送れる機能に出会ったら、もうこの簡単さからは抜け出せそうにありません。

そもそも、モバオクは毎月携帯代金と一緒に月額利用料金を払う必要があるので、使わない月もずっと無意識に払い続けていました。
使っている時は意識をしていましたが、用がないとすっかり忘れてしまっているもので、使わなかった時期が長くあり、結果的にマイナスだったのではないかと後悔しています。

この記事を書きながら思い出して、更に沈んできました。

あとは、細かくいうと
梱包時のテープ関係の貼り方は昔も今も、指紋がべっとりはりつかないように慎重になったり、ゴミやホコリがついてないかとか…とにかく自身の対応がダイレクトに評価に戻ってくるので神経質になりがちです。

このときだけ、どうやったら指から指紋消せるかな、とか考えてました。

めちゃめちゃ早くテープに触れて、めちゃめちゃテープが出てきて大惨事でした…

梱包用に使う紙袋も、普段の買い物でついてきたものを使うのですが、お店で貼られるシールをキレイに剥がして紙袋は保存しておく、という癖がいつの間にかつきました。
いつか使うだろう、と、とりあえず袋系、梱包材系は備蓄する習性スキルの獲得です。

おかげで収納スペースが減り、入る隙間にねじ込み、使うその日まで封印するという繰り返しになり、私の整理整頓スキルは失われました。

amazonに学び、成長し、苦しめられつつも、私はきっとこれからも続けて行きます。

過去があるから今がある!
今より大変な事はないと思うから!
なんちゃって。

amazonにて自作のデスクトップパソコンを販売しているけど、価格設定などに悩む日々です

amazonで自作したデスクトップパソコンを出品し販売しているけど、パソコン関係に趣味や興味があり自作とかも昔からやってきているので、苦ではないけど、パソコンパーツとかケース、電源などの仕入れに一苦労することがあり、手に入れたいものが品切れになっていたり、中古品に手を出さないといけないことが多いので、できるだけ新品に近い形のものを手に入れるようにしておりますが、まれに不良品があったりするので、こういった部分でも、損をすることがあったりします。

自作したデスクトップパソコンのスペックは高パワーというわけではありませんが、中間ぐらいのパワーと処理力及びグラフィック能力などをもつものが中心となっているため、価格設定とかも考えながらやっていたりします。
基本的にOSとかは更に費用がかかってしまうので、OSのインストールはなしにしておりますが、たまにコメントとかでOSもインストールして欲しいと要望がきますが、断るようにしております。

ほんとはOSもインストールした状態で販売をしたいのですが、そこまでやっていたりすると、時間がかかってしまい、複数のものとかを出品するタイミングがずれたりするので、基本的にOSはインストールしない状態にて販売をしています。
できる限りリーズナブルな価格で買えるように努力はしておりますが、仕入れしたものとかを含めるかなりの額になるので、販売額を多少上げていて、そうしないと利益がとれないので、ここは理解をして欲しいところであります。

たまにだけど、値引き交渉をしてくる利用者の方もいますが、こちらの提示額とコメントをくれた方の値下げ額のなかでやり取りをしていき、話に折り合いがつく方のみ対応はしていたりします。
値引き交渉をせずとも買ってくれる方もいたりするのでここは助かっていて、ありがとうございますと言いたいです。
まれに冷やかしとかいい加減な値引き交渉をしてくる人がいるけどあれはなんとかして欲しいものであります。

ああいった人がいるとイラッとしてくるし、酷いのは購入はしたけど、振り込みがなく、わざと商品を取り置きして、他の方が買えないように嫌がらせをしてくるユーザーがいるのですぐに運営に連絡を入れるようにしております。
amazonとかは不特定多数の方が利用していて、まともな方は多いけど少なからずですが、いたずら目的とか嫌がらせ目的でやっている人もいるので運営には徹底的な排除運動をして欲しいものであります。

梱包とかに関してはサイズが大きくなりますが、振動とか衝撃対策のものを入れて対応したりしております。
そして送料はこちらが負担するようにしていて、ラクラクamazon便の宅急便扱いにて送るようにしているけど、たまに発送方法を変えて欲しいとか、コンビニとかに届くようにして欲しいなど要望を出す方がいますが、基本的には変える気はありませんので理解をして欲しいところです。

送料もかなりかかるのでこちらはできる限り利用者のことを考えて対応をしているため、こちらの苦労も考えて欲しいし販売額もほんとはもっと高くしないと黒字にもっていけないものを出しているのでこういった部分も把握をして欲しいです。
自作のデスクトップパソコンを出しているため、仕入れにかなりの額を投資しているのは確かだし、次のものを作るための費用にまわさないといけないので、わかってほしいです。
たまにだけど赤字になってしまった場合は自分の財布から補填としてお金を出すようにしていたりすることもあります。

高額で売りたいけど、そうすると買ってくれない方もいるのでギリギリまで下げて対応しているため、軌道にのるまでは大変であります。

[cc id=5726]