注目キーワード

amazonの出荷で苦労した点【出品や納品の体験談】

amazonの出荷で苦労した点

利用ユーザーも多く、大人気のamazon「amazon」の出荷で大変苦労した経験がありますので、その体験談をお伝えします。

私は主にカジュアル服や可愛い系の雑貨、食器などを中心に出品していて、出品数が30品前後、取引もまだ3~4点だった昨年、出荷までにかなりの日数を要したことがありました。

出品中だった厚めのストールが売れたので、予定有りで対応出来ない何日か後に、さっそく仕事終わりの平日夜に自宅に帰って梱包し、ヤマト便というコンビニからの発送が可能な、匿名配送のもので出荷すべく、準備していました。

私は自分で出荷するよりも、どちらかといえば他の出品者様から購入することのほうが多かったので、購入から受取の流れや、コメントのだいたいの流れ・対応に関しては問題なく把握していたので、出荷は久々であまり慣れていませんでしたが、いつもの購入時の感覚を意識してコンビニで送って出荷連絡をしようとしていました。

しかし、いざコンビニについてみると、外国人の担当者でamazon発送になれていない様子で、分かる人もちょうど対応中、時間がかかりました。

やっとのことで説明をうけながらコンビニの専用端末で配送処理の手続きをし、レジに行ったときにも問題がありました。

私の梱包の仕方やもともとの品物が厚手のストールであったためもあってか、既定の大きさ内ではなかったらしく、この配送方法は送れませんと言われてしまいました。

プロフィール欄にも、2~3日後に発送と明記してますし、私の中でもあまり待たせるのも、というのが根本にありましたので、すでに入金され購入となってから3日は経っていたときだったので、とても焦りました。

結局、購入者様に謝罪の連絡と、発送方法を変更する旨、匿名配送ではなく通常の宅配で対応させて頂きたいことを連絡し、了承して頂けたので、また後日に仕事を早く切り上げ、宅配業者の営業所がまだ空いている時間内に出向き、通常配送しました。

予想外の変更でしたが、購入者様は快く住所も連絡して教えて下さり、特にすごく急いでいるわけではないので、というお心遣いのご連絡も頂け、到着後も丁寧で誠実な対応と素早い対応感謝します、とのお礼のお言葉も頂いたので、そこは安心しました。

評価も下がることなく、良いと判断頂けたので、良かったです。

急遽の対応でしたので、設定していたヤマト便という配送方法よりも、通常の宅配配送のほうが送料がだいぶ高くなってしまい、見込んでいた利益が3分の1ほどに下がってしまったのが予想外でした。

私の出品時の判断が誤っていたのが原因なので、相手の方を待たせてご迷惑をかけたり、自分の組んでいた予定や金額見込みがずれてしまったりと、大変苦労して後悔しました。

出品時は、とにかく売りたいものを勢いで写真に撮って出品してしまうことが多いのですが、しっかり梱包した後のサイズ、重さ、大きさなどを理解した上で、正しい発送方法を設定するべきだなと思い、とても勉強になりました。

スムーズな取引、対応をするためには、事前の準備などが必要であると改めて感じたと共に、最終的には金額設定で自分が損をしないためにも、とても重要なことだと感じました。

ただ、この経験を機に、出品時から配送方法を甘く見てむやみに安く設定したり、無理な配送方法にしたり等、細かいですが重要な部分に気づき、それからの出品は気をつけるようになりましたし、失敗もすることなく、その後はスムーズにお取引出来ていると思います。

失敗から学ぶことは多く、今後も長くこのamazonを活用してたくさん良い取引をしていきたいと思っているので、逆に良い経験をしたと思いました。

アイマス系のものを売ることに

アイドルマスターというゲームがあるのですが、昔これにものすごくハマっていたことがありました。

正確に言えば今現在もその続編と言うかパラレル的なものに該当するものにはまっているというのは間違いないのですが昔のアイドルマスターというゲーム自体には、もうすでにあまり興味がなくなってきているということがありました。

キャラものゲームともいえるようなものでもありますから、とにかくグッズが多かったです。

そういうグッズをどうしようかと思っていたのですがそこそこまた人気も出て来たということがありますのでそれなりに売れるのではないかと思っているようにしました。

マウスパッドから大きなフィギュアまで色々とありましたがセットでキャラごとに売るということにしました。

色々なキャラのものを集めていたということもありますがやはりメインとなっていたキャラというのもいたりしてそれが圧倒的に多かったという部分もありました。

ですからキャラごとに分けて出品するというのもあやや面倒ではあったのですがそちらの方が分かりやすく落札してくれるだろうということで、やってみることにしました。

で、実際にいくらで出品しようかということなのですがこれはなかなか値段設定的には珍しいものがありました。

物自体は古いのですがコンテンツ自体はまだまだ頑張っているものであり、人気もありました。

新しいタイプのものが出ているというのは間違いないのですがそれでも初代アイドルマスターのキャラはどれも人気があるのは間違いありませんから、それなりに売れる可能
性も高かったです。

なんならも手に入ることができないものもあったりするわけで、もしかしたらプレミアムがついているかもしれないというようなこともあったわけです。

そうしたことがありましたから、値段設定に関してはかなり良くよく検討しなければならないということではあったのですが、amazon形式ですからそんなことをあんま
り心配する必要性もないかな?と思い直すことにしました。

とりあえず1000円で出品してそれ以上の価値があるとみんなが思ってくれるのであれば入札が続くことであろうと考えて出品。

これが正解やったのはどうかというのはいまいちわからないのですがとにかく結構入札に入札を重ねてくれて値段的には6000円ぐらいにまで跳ね上がることになりました。

細かい状態に関する質問とか色々面倒な対処をしなければならないということがありましたがそれでもとりあえず売れることはできて良かったという感じではありました。

もっとも、売れなかったら売れなかったでということでとりあえずとっておこうと思いましたから極端な話どちらでもよかったという感じではありました。

ですが、最近はアイドルマスターの方ではなく、シンデレラマスターの方に私は興味を抱き始めているので今度はそちら側に興じるお金にすることができるということでそれはそれでとても良いことであるなぁということにはなりました。

つまりは、必要のないグッズを転売するということによって新しいグッズを購入することができる資金にできるということがあるわけで、この転売はそこそこ満足のいく結果となりました。

ちなみになんでもかんでも売ったというわけではなくそのキャラのグッズの中でも気に入ってるものというのはやはりありましたのでそれだけは売らないようにしていました。

もちろん何得るかもしれないということはありますがまだまだ楽しめるグッズもありましたし、ポスターなんかも新しいものではないですが懐かしさも感じることができてまた貼ってみたりするということもやってみましたので、ちょっとした楽しかった思い出を思い出すというようなことができたのも良かったところです。

うまく転売できたというのは間違いないのですが、発送するときにはすこし配慮しました。

紙のものが多かったのでできるだけ濡れないようにという配慮するようにしました。

それと私はあまり気にしないですがアニメ系のものということもあって中身がばれにくいようにというような配慮もやるようにしました。

当然、ダンボールに入れてということにしたわけですが開けたらすぐにわかるようにというようなことはしないってもう1回袋形を開けないと中身が確認出来ないというような二重構造にしておきました。

金貨を出品することにしました

いくらかそれなりに価値がある金貨を持っています。

金でできているわけですからそれなりの価値があるわけで大事に持っていようということがあったのですが、ここ最近金価格の上昇を考えていますと今のうちに売ってしまっておいた方が良いと考えている色々な貴金属店など売ろうかと思ったのですが、amazonなどで売った方が高くなるだろうと考えてそうすることにしました。

それで実際にamazonに出品したことですが、これはそんなに難しいことではありませんでした。

普通に多くamazon出品だされているものではありますがそこまで難しいということではありませんし、安心して売ることができました。

問題は価格なのですが、お店で売るよりははるかに高い金額で落札されたということになりましたので、amazonに出品したということには良かった部分があったというのは間違いないです。

せっかくをamazonで売るわけですから店売りよりは高くなってくれないと困るということがありましたのでその辺りが若干不安ではありました。

ちなみに重要なこととして送料がありました。

それなりの金額のものではありますので普通郵便で送るとは言わずにも行きませんから、キチンと確実に中身の補償までされるような形での配達をして貰うことが出来る様なやり方、というのを選ぶことにしました。

それは別に難しい配達方法というわけではなく普通に郵便を送るだけでも金額次第ではありますが補償されるものではありますので、その点は心配なかったのですが普通にゆうパックで送ることにしました。

結構な金額の金貨ではありますが、それでも十分に問題なく配達ししてもらうことができるようになりますから、それでよかったです。

落札された後は住所の確定とその後支払いの決定がされたらこちらが後は送るだけということです。

送る方法というのも難しいことでもなく、基本的にはコンビニに行ってQRコードを読み込ませて、それをレジスターに通して配達の伝票を発行してもらいそれを荷物に貼るだけ、ということになります。

金貨は非常に高価なものではありますが大きいな物ではないです。

ですから、別に大きな緩衝材とか箱が必要になるということではありませんから、それに関してはそこまで探す苦労などはなかったです。

緩衝材すら特に必要がないといっても過言ではなかったです。

色々と質問があったのですがその一つ一つに答えるということをしていなかったのですがそれでも入札があったのは実にありがたいところでした。

正直なところ例えば傷がどのくらいあるのかとか本物であるのかというような質問に関しては答えていたのですがよくわからない質問もあったりして、それは特に答えることなく、そのまま落札まで待っていました。

それととても重要であると思っていたことが入札制限を付けるということです。

つまりは、誰でもどんな人でも入札できるような状況にはしないということです。

金額が大きいからこそ、意外といたずらで入札してくるという人がいたりするのでそれは避けるようにということで入札することができるという人には制限をつけるようにしました。

これまでそれなりの取引があって少なくともプラス評価である人というような条件でそれほど難しいというわけではないです。

こうすることによっていたずらなので入札されたりするということを避けることができるというのは実に良い部分であると思います。

配送の手続きをして、しばらくしましたらキチンと受取連絡もされることになりましたし、そのまま入金もされましたから、それはまったく問題なくできました。

しっかりと取引を終了することができてよかったです。

古本屋へ持って行った方が良かった?!~漫画販売の苦労~

今、流行りのamazonを利用して、漫画本を15冊セットにして販売した時の話です。

私の販売の目的は、「断捨離」でした。
そのため、あまり利益を重視せずに、できるだけ早く誰かに購入してもらえればOKと考えていました。

しかし、利益を重視しないと言っても、赤字になってしまったら元も子もありません。
自分の言い値が付けられるのが、魅力の一つでもあるamazonですが、この料金設定が、私の最初の難関でした。
私が利用したamazonは基本的に送料は、出品者が負担している方が多かったと思います。
要するに、送料を踏まえた上で、商品価格を提示すると言うことです。
なので、最初に考えることは、この漫画本15冊セットの送料はいくらなのか、を調べることから始まります。
ネットなどの意見を参考にしましたが、送料を1円でも安くするために、色々な方法があるのです。
漫画本では使えませんが、圧縮してみたり、箱を変形させてみたりと本当に沢山の送料を安くする方法がありました。
しかし、送料が安くなるのは良いのですが、「このような方法で送られてきたら、返送する」や「(本の)角はつぶれないの?私だったら、苦情を言います」などのコメントや書き込みも多く見かけました。
amazonを利用する心理として、商品を安く買いたいけど、梱包が綺麗にされているかも重視すると言う人が意外と多くいるのです。
もちろん、私も中古品とは言え、商品がぐちゃぐちゃな状態で送られて来たら嫌です。
なので、梱包資材と段ボールを購入し、大きさを測り、送料を調べました。
送料が分かったら、やっと、商品の値段を付けられます。
すでに出品されている同じ商品を検索し、送料を踏まえて、同じような値段を付けました。

しかし、売れません。
1巻~15巻のセットでしたが、完結巻は30巻と中途半端なセットだったからかと思われます。
人気のある漫画でしたので、他にも出品者さんが多くいたのも原因かもしれません。
商品出品時には、写真も掲載するのですが、売れない原因として、写真が悪いと言われることもあります。
ですので、日にちを変えて構成を変えて、何枚もトップ写真を撮り直しました。
これが、私の次なる難関でした。
SNSなどを利用していない私は、いまいち商品が「映える」撮り方が分かりませんでした。
さらに、商品の傷や汚れを掲載しないと、取引後のトラブルを引き起こす原因となります。
ですが、漫画本15冊分の傷と汚れの検品から、それを写真に撮るまでがとても大変。
しかも、売れないので、トップ画像を撮り直す。
最終的には、もういいやと自分が納得した写真で更新を諦めました。

最後の難関は、買い手が付いてからやってきました。
結局、大幅値下げをしたところ、購入してくれる方がいたのです。
発送のために、梱包に取り掛かりました。
初めの値段設定の時に、梱包資材などは購入していたので後は包むだけでした。
しかし、私が不器用すぎて、15冊がいっきにまとまるはずの資材なのに、まとめられないのです。
完璧に私の不器用さが悪いのですが、梱包資材を追加購入するはめになりました。

そうして、やっとのことで発送。
購入者さんがとても良い方で、スムーズに商品の受け取りはして頂けました。
もちろん、有名な古本買取のお店に売るよりは、少しばかりの利益が出たのかもしれませんが、追加の梱包資材やその他、経費を考えると、利益が出たのかは謎です。
さらに言えば、「断捨離」目的で、お掃除の片手間にサクッと出品なんて出来なかったのは言うまでもありません。
個人同士のやり取りだからこそ、商品だけではなく、梱包などの細部にまで神経を使わなくてはいけないことが、よく分かりました。
ズボラな私は、漫画1冊から始めていたら違ったのかなと思う今日この頃です。

[cc id=5726]