注目キーワード

売れたは良いのですが発送準備が大変でした【出品や納品の体験談】

売れたは良いのですが発送準備が大変でした

人気サイトamazonにアニメグッズを出品しました。

人気作品のグッズということもあり、
価格設定もお手頃価格に設定し早々に売り切ることができました。

しかしこの手のサイトで購入経験のある方、
さらにアニメグッズを取り引きされたことがある方は分かると思うのですが、
出品者の方々が物凄く丁寧に梱包をし、
発送してくれるのです。

壊れやすいアクリル製のキーホルダーやスタンドはもちろん、
本やCDもプチプチの緩衝材にくるんでOPP袋(透明のビニール)に入れて発送されます。

更にブロマイドやカード・コースターなどの紙類も
OPP袋に入れたのち厚紙で補強されて届きます。

極め付けには外袋に水濡れ・折り曲げ厳禁の文言を見やすい位置に目立つ色で記入してくださる方もいらっしゃいます。

もちろん中には物凄く簡易的な梱包の方もいるのですが、
大体の方は上記のことを徹底されているように感じます。

私も例に習い売れた品物を発送するべく梱包用の材料を揃えることにしました。

まず近所の百円ショップに向かいプチプチの緩衝材と封筒、
それから発送用の封筒と厚紙・クリアファイル・メッセージカードを購入しました。

今は封筒の内側部分にあらかじめ緩衝材がくっついている商品も売られていますが、
これは見た目より物が入らないのと入れ口が狭く使いにくい為オススメしません。

そして入っている枚数がとても少ないです。

しかし発送する商品が小さい場合は簡易包装をした後に使用するのも可能かもしれません。

私は一応見栄えや購入者の方の目線になった時、
丁寧な梱包をするに越したことはないかなと思い、
緩衝材でくるんで封筒に入れる形を取りました。

ちなみにポストカードも別で発送したのですが
クリアファイルを適当な大きさに切って商品を挟んだのち、
OPP袋に封入して厚紙で挟み緩衝材でくるむという方法で発送しました。

更に取引ありがとうございましたの文言を書いたメッセージカードも封入するようにしています。

この気遣いは私が実際に取り引きでしていただいて嬉しかったことを真似しています。

ポストカードに関しては多少過剰な梱包をしているかもしれませんが、
クレームになるよりは良いかなという考えで作業しています。

しかし発送業務について過剰な梱包をすると重さや厚みで送料が高くついてしまいます。

なのでなるべくテープなどを巻いて厚みを減らしたり、
厚紙を使用する場合は硬くて薄いものなど梱包材料の見直しなども必要な場合もありました。

私は梱包作業や発送作業が面倒に感じてしまい、
以来amazonなどでの出品はあまりしなくなってしまいました。

出品の際の写真撮影やページ作成、
更に前述の通り梱包作業や発送作業の手間など結構かかります。

私の場合は慎重になりすぎたせいか梱包材料を集めるところが1番大変でした。

百円ショップで全て揃うものの、
そこそこの値段はかかったように感じます。

しかし継続して出品される方や売りたいものがたくさんある方は
一度材料を買ってしまえば何度かは使えるので梱包作業さえ苦にならない方ならばとても良いのではないかと思います。

さらに役に立ちそうな情報で言うと、
梱包材料は届けばすぐに捨てられてしまうものなので、
なるべく簡素なものがオススメです。

百円ショップに売っているような枚数がたくさん入っていて材質は適度に薄いものなどを選ぶと良いです。

ちなみに梱包について常識ではあるのですが
内梱包以外にマスキングテープは使わないという暗黙の了解も存在します。

長くなりましたがとにかくamazonなどでの出品はとにかく梱包が大変!です。

そして最後に出品のコツは一度買う側で利用してみて
嬉しかったことや嫌だったことを自身が出品、
梱包する際に生かしてみることだと思います。

ストライクウィッチーズのグッズを転売

ストライクウィッチーズというアニメに一時期嵌っていたことがありました。

今現在も色々と続編が出てきたりしているので知っている人も多いかもしれませんがグッズも沢山出てきて私も色々と集めていたという時期があったわけです。

そのグッズですが、さすがにも処分することも考え始めてきたので少しでもお金に戻すことができればということでネットamazonに出品しました。

本当にたくさんグッズがあって例えばクリアファイルなどもありますし、フィギュアなどもたくさんありますし、あまり売れる気はしませんがスロット台なんかも持ってます。

とりあえずスロット台は得るのが難しいですしそもそも私が今現在も時々家スロで楽しんでいるということもありますのでこれは売らないようにということで別に取っておくことにしました。

さて、どうやって出品して売ろうかということなのですが一つ一つまずは写真をとるという必要性が出てきました。

小さなものであろうともやはりどんな状態のものであるのかということをしっかりと相手は見たいでしょうから、それに対してしっかりと配慮して、ということになりました。

ですがさすがに量が多いので写真を何枚も一つ一つ個別にということにするのは実際問題として難しいということになりましたので小さいものは複数並べてということにしま
した。

少しでも手間を抑えようと考えたわけです。

それなりに価値がありそうなものであれば一つで一枚の写真ということにしましたが、その辺りの分類をどうやってやろうかということを考えるのがなかなか大変ではありましたから楽しいところでもありました。

物が大きいということもあったりするのでフィギュアなんかは独立して個別に出品するという形にしてみました。

ただし元の金額が高いフィギュアとそれこそゲームセンターで手に入ることができるようなものというものもありましたから、これに関してはしっかりとわけてということもしましたが、ゲームセンタープライズ商品に関しては複数まとめて一つという形で出品することにしました。

結構シリーズ性のあるものになりますので複数にした方が良いだろうという判断をしたわけです。

送る手間とかも少なくできるということも利点として考えたわけです。

出品すること自体も大変ではありましたがそれなりの値段で落札されるということもたくさんあってうまく転売できたのではないかなと自分では思っています。

それはよいことではありますが、問題はどのようなものに入れて発送するかということでありダンボールをそれなりの方を用意しなければならないということがなかなか大変なことではありました。

ですが、とりあえずスーパーなどに行ってご自由にお取りくださいと書かれているダンボールを捨ててあるところにいっていくつか小さいものから大きいものまでゲットしてきてそれを使うということにしました。

小さいものは本当に手のひらサイズで終わってしまうような大きさなのでそれに合わせたものというのは別に封筒などでもよかったのです。

しかし、フィギュアなどは箱に入っているものではありますがそのまま送るというわけにもいきませんので同じくらいの大きさのダンボールに包むという形にしました。

これで安心して送れます。

とりあえず売れなかったということはありませんでしたから、言い方は悪いですが処分することができました。

もちろん、お金になるということもよい点ではありましたし、そのお金でまた新しいものを手に入れることができるということになりますから、とても成功した転売となった、とはいえることでしょう。

また売れるものがあれば処分もかねて実行したいところです。

amazonでいつも大変だと思うこと

私は普段amazonを利用しているのですが、出荷は必ず「ゆうぱっく便」を選択しています。
理由は、購入した方がコンビニ受け取りができるからで、コンビニ受け取りができるほうが便利かな?と勝手に思っているからです。
私が出品するものは小物から大物から様々で、今までにブレスレット、時計、ポーチ、ハンドブレンダー、ロボット掃除機、ニンテンドースイッチなど様々なものを出品したことがあります。
その度に毎回苦労するのが、ちょうどいい大きさのダンボール箱を探すことです。
小さいものや厚さの薄いものは封筒に入れて発送すれば問題ないのですが、大きなものや厚みのあるものは、どうしてもダンボール箱などのしっかりとした箱に入れざるを得ません。
せっかく生活の足しにするために様々なものを出品しているのに、段ボールなどの包装にお金をかけることはすごくもったいないと思ってしまうので、私の場合は何とかして自宅にあるダンボール箱を使って費用を浮かせています。
だいたいは、自分が今までに購入した商品が入っていた箱などを再利用しています。
もちろん、傷がついていたりへこんでいたりしている箱は、商品を受け取る方に申し訳ないのでできるだけ避けます。
届いた商品が入っていた箱が再利用できそうだと思ったら、ガムテープのはがし方にも細心の注意を払って開封し、保管しておきます。
ただ、私の場合は段ボール箱の保管場所がクローゼットの中なのですが、いくつか保管するとかさばってしまい、クローゼット内がすぐごちゃごちゃになってしまいます。
また、ちょうどいい大きさの段ボール箱が必ず手に入るとは限らないので、少し大きすぎる箱に商品を入れなければならない場面にもよく遭遇します。
その場合は商品とダンボール箱の間に隙間ができてしまうので、あいてしまった隙間のところにあらかじめ捨てないでとっておいた緩衝材を入れたり、商品とダンボール箱とをガムテープで止めたりして、配送中に商品が動いて傷ついてしまわないように工夫をしています。
あとは、商品が傷つかないようにプチプチで包むのですが、こちらもできるだけお金がかからないように、今まで購入した商品が包まれていたプチプチを再利用しています。
商品に巻き付けるときは隙間ができないように全体的に包まれるようにしています。
そこまでできればあとはふたをして発送するだけなのですが、そこでまた苦労するのが発送方法と料金です。
普段ゆうゆうパックを利用している私は、商品を発送するときローソンか郵便局のいずれかになります。
私は平日仕事をしており郵便局に行くことができないので、今までローソンしか利用したことがありませんが、車を持っていないので重たい荷物を持ってローソンまで歩いていくということはあまりしたくありません。
さらに、住んでいるのが北海道なので、大きい荷物を送るときの料金がだいたい700円~1000円とかなり高くついてしまいます。
これだと、せっかく商品が売れても手元に入るお金があまり残らないということも多く、正直「稼げた!うれしい!」とはなかなかなりにくいです。
もちろんこれは、もう一つの発送方法である「ヤマト便」を利用しても同じくらいの料金がかかってしまうので、安いほうを選択するということもできません。
だからと言って、商品の出品の際に着払いを選択すると商品が売れにくくなってしまいますし、商品を出品している人は送料込みで出品している方も多いので、もしかすると着払いと気づかずに購入してしまう方がいたりしてトラブルになるかもしれないと想像すると、今のまま我慢するしかないのかなと思ってしまいます。
amazonはかなり便利ですので、その点が改善されればもっと積極的に利用できると思います。

丁寧な梱包で評価アップ?!私が梱包にこだわる理由

amazonを始めて、かれこれ4年。

断捨離がきっかけで、家の中にある捨てようと思っていたガラクタが、まさか!という金額で売れて以来、すっかりamazonの虜となってしまいました。

家の中もスッキリと片付くし、売れた分だけお小遣いも手に入るので良いことづくめ。

今では何か売れるものが無いか、家中を探し回っている毎日です。

そんな私ですが、気が付けば取引総数も千件を超え、たくさんの経験の中で大事なことがわかりました。

ご存知の通り、amazonは顔もわからない者同士がやり取りをするため、その人となりを判断するのに一番役立つのが『評価』になります。

悪い評価(内容にもよりますが)が多い人は、取引き中に何かトラブルに発展するかもしれない、と避けられる傾向にあります。

また、良い評価が多い人は、同じものを同じ金額で出品していたとしても購入される確率がグンと上がります。

amazonは評価によって売り上げが全く異なってしまうので、私自身も良い評価をして頂けるように、誠意を持って取引きに向き合うように心がけています。

この評価に大きく影響を与えるものの一つに、品物の梱包があります。

amazonは大半が個人同士の取引きになるので、基本お店のような梱包資材はありません。

大体が梱包資材を再利用したり、いらない段ボールや紙袋などを使って梱包することと思います。

ですが、受け取る方も人間なんです。

届いた荷物の第一印象って、実はものすごく大事で。

例えば食品で汚れた段ボールで洋服を送られたらどうでしょうか?中身が汚れていなかったとしても、受け取る印象はあまり良くないですよね。

また壊れやすいものを、緩衝材も入れずに封筒にそのまま入れて送られたら…せっかく欲しいと思って購入したものにケチを付けられているような、とてもガッカリした気分になってしまいます。

ボロボロのスーパーのレジ袋で届いたらどうでしょうか?思わず返品したくなってしまいますね。

参考までに他の人の悪い評価を見てみると、やはり「雨で中身の本が濡れてしまっていた」や、「スーパーの袋に直に服が入れられて届いた」などの梱包に対する不満が多く見られました。

なので個人間の取引きとはいえ、受け取る側の気持ちも考えて丁寧に梱包することを、私は何よりも大切にしています。

・普段からキレイな段ボールや紙袋、緩衝材などの資材となるものを取っておく
・品物を直に入れる袋は新品のキレイなものを用意する
・かわいいマスキングテープやカラーガムテープを使う
・サンキューカード(「購入ありがとう」という事が書いてあるミニカードを自作)を荷物と一緒に入れる
・壊れ物などはしっかり守れるように、包み方などを勉強する
などなど…
受け取った方が嬉しくなるような、まるでプレゼントを受け取ったような、そんな気持ちになってくれたら良いなと思いながらお包みしています。

そこまでする?と思われるかもしれませんが、「今では不用品だけれども、昔は愛着があったもの。
だから捨てるのは少し心が痛い…」という私の罪悪感を、購入者さんが払拭してくれているので、本当にありがたい気持ちでいっぱいなのです。

また、その品物に対しても「今までありがとう」と感謝し、新たな持ち主さんへ送り出す儀式として、その気持ちを何とか表現できないかと梱包に思いを込めることにしたのでした。

おかげで購入者さんからは良い評価をたくさん頂けており、それを見た他の購入者さんからは「この人から買ったら安心だな」という信用を手に入れることができています。

人一倍梱包に気を使い、資材を揃える手間やコストもかかりますが、それ以上に新たなご縁で購入に繋がってくれています。

[cc id=5726]